ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

セックス・スキャンダルに揺れる英国カトリックの大司教が辞任。法王選挙にも参加できず

 

 英国カトリック教会のトップであるオブライエン枢機卿が2月25日、スコットランド・エジンバラ大司教を辞職した。オブライエン枢機卿は、1980年代から神学生に対する性的虐待を繰り返していたとして告発されている。本人は行為を否定しているが、混乱の責任を取って辞任する。3月に開催される予定のローマ法王の選出会議(コンクラーベ)には出席しない。

 オブライエン枢機卿は歯に衣を着せぬもの言いで有名で、妊娠中絶、安楽死、同性愛などに関する保守的な立場を主張してきた。
 一方で聖職者の婚姻を認めるべきという、現実主義的な面も持ち合わせている。

 ローマ・カトリック教会は、聖職者による性的虐待スキャンダルとマネーロンダリング疑惑に揺れている。2月11日に存命中の退位を突如表明したベネディクト16世は、本当の退位の理由を明かしていないものの、これらの一連のスキャンダルが背景にあることはほぼ間違いないといわれている(本誌記事「存命中の退位は700年ぶり。ローマ法王ベネディクト16世、突如退位の謎」参照)。

 オブライエン枢機卿は、当初辞任するつもりはなく、コンクラーベにも出席する意向であったといわれる。だが急遽、辞任表明に至った背景には、バチカンからの圧力があったというのがもっぱらの見方だ。
 バチカン内部では、スキャンダルの膿を出し、現実的な路線に転換しようという改革派と旧守派の間で熾烈な権力闘争になっているといわれている(本誌記事「ローマ法王の選出会議(コンクラーベ)開催が早まる。イタリア大衆紙では陰謀論が沸騰」参照)。セックス・スキャンダルがマスコミに大々的に取り上げられたオブライエン枢機卿は真っ先にターゲットになった格好だ。

 バチカンに対する各種批判が世界中で増大していることには、実は「経済や社会のグローバル化が大きく関係している」(イアン・ブルマ米バード大学教授)という。グローバル化の進展で各国の生活様式や価値観の違いが少なくなり、それまで地域で許容されたきた特権的な立場が肯定されなくなってきている。カトリック教会もその影響を受けているとうわけである。

 次のコンクラーベで誰がローマ法王に選出され、どのような方向性を示すのかは、今後のグローバル経済の行方を占うひとつの指標になるのかもしれない。

 - 社会

  関連記事

gun
米国で思いのほか銃規制が進まないのは、実は米国が安全な国になっているから

 米国コネティカット州で起きた銃乱射事件に関してオバマ米大統領は16日、再発防止 …

takusin
ミャンマーでタイのタクシン元首相の暗殺計画が浮上。タイと日本の共通点を考える

 ミャンマーへ訪問する予定だった亡命中のタイのタクシン元首相は6日、ミャンマーで …

kourousho
社会福祉法人改革をきっかけに、公益的事業全般に関する議論の強化を

 厚生労働大臣の諮問機関である社会保障審議会において、介護や保育の事業を行ってい …

no image
日本人がノーベル医学生理学賞を受賞。日本の研究開発予算が貧弱という話は本当か?

 山中伸弥・京都大教授(50)がノーベル医学生理学賞を受賞した。人工多能性幹細胞 …

merisa
米Yahooが社員に在宅勤務禁止を通達。自由といわれる米IT企業の本当の姿とは?

 米Yahooのマリッサ・メイヤーCEOが、社員に在宅勤務を禁止する通達を送った …

drugstoa
規制緩和の象徴が今度は規制強化の立場に。市販薬ネット販売規制に見る栄枯盛衰

 市販薬の新しいネット販売ルールを議論する厚生労働省の検討会議は9月20日、市販 …

gpif201306
年金運用改革の最終報告書まとまる。国内の景気対策に年金が利用される危険性も

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は11月20日、国債を中心とした従 …

toki
飼育中のトキが偏食で卒倒。これで2回目。もういい加減にしたらどうだろうか?

 新潟県の佐渡トキ保護センターで飼育中のトキ1羽が、偏食によるビタミン不足で倒れ …

shouwa
「最近・・・が増えている」「最近の若者は・・・」という話題にはご用心

 世の中では、しばしば「近年、・・・が増加している」あるいは「最近の若者は・・・ …

bunkaku
中国で腐敗撲滅隊なる政治ショーが流行。だが「文革」を連想させる光景に不安の声も

 権力者の腐敗が社会問題化している中国で、腐敗撲滅隊と呼ばれる政治ショーがインタ …