ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

セックス・スキャンダルに揺れる英国カトリックの大司教が辞任。法王選挙にも参加できず

 

 英国カトリック教会のトップであるオブライエン枢機卿が2月25日、スコットランド・エジンバラ大司教を辞職した。オブライエン枢機卿は、1980年代から神学生に対する性的虐待を繰り返していたとして告発されている。本人は行為を否定しているが、混乱の責任を取って辞任する。3月に開催される予定のローマ法王の選出会議(コンクラーベ)には出席しない。

 オブライエン枢機卿は歯に衣を着せぬもの言いで有名で、妊娠中絶、安楽死、同性愛などに関する保守的な立場を主張してきた。
 一方で聖職者の婚姻を認めるべきという、現実主義的な面も持ち合わせている。

 ローマ・カトリック教会は、聖職者による性的虐待スキャンダルとマネーロンダリング疑惑に揺れている。2月11日に存命中の退位を突如表明したベネディクト16世は、本当の退位の理由を明かしていないものの、これらの一連のスキャンダルが背景にあることはほぼ間違いないといわれている(本誌記事「存命中の退位は700年ぶり。ローマ法王ベネディクト16世、突如退位の謎」参照)。

 オブライエン枢機卿は、当初辞任するつもりはなく、コンクラーベにも出席する意向であったといわれる。だが急遽、辞任表明に至った背景には、バチカンからの圧力があったというのがもっぱらの見方だ。
 バチカン内部では、スキャンダルの膿を出し、現実的な路線に転換しようという改革派と旧守派の間で熾烈な権力闘争になっているといわれている(本誌記事「ローマ法王の選出会議(コンクラーベ)開催が早まる。イタリア大衆紙では陰謀論が沸騰」参照)。セックス・スキャンダルがマスコミに大々的に取り上げられたオブライエン枢機卿は真っ先にターゲットになった格好だ。

 バチカンに対する各種批判が世界中で増大していることには、実は「経済や社会のグローバル化が大きく関係している」(イアン・ブルマ米バード大学教授)という。グローバル化の進展で各国の生活様式や価値観の違いが少なくなり、それまで地域で許容されたきた特権的な立場が肯定されなくなってきている。カトリック教会もその影響を受けているとうわけである。

 次のコンクラーベで誰がローマ法王に選出され、どのような方向性を示すのかは、今後のグローバル経済の行方を占うひとつの指標になるのかもしれない。

 - 社会

  関連記事

shukatsu
就活は4年生からと政府が要請。だが建前を並べたところで、現実問題は解決しない

 政府は、大学生の就職活動の解禁時期を現在の3年生の12月から、4年生の4月に変 …

kaisaibankan
スカート盗撮裁判官の弾劾裁判が始まる。本人は事実関係を認める

 電車内で女性の下着を盗撮したとして罰金刑を受けた大阪地裁の華井俊樹判事補の弾劾 …

hellowork
日本もこうなる?英国の失業者が受講する心理テスト。内容は自己啓発セミナー真っ青

 生活保護や失業保険の削減など、一連の社会保障制度改革を行っている英国で、失業者 …

fukusima03
事故後2年半で、すでにチェルノブイリ以上の発ガン率という調査結果をどう見るべきか?

 福島県は2013年11月12日、「県民健康管理調査」検討委員会において、福島原 …

Conde Nast Building
ニューヨークの景観論争で浮き彫りになった?日本の規制の実態

 ニューヨークの超高層ビルの看板をめぐってちょっとした論争が起こっている。場所は …

roujin02
日本は立派な?年金制度があるのに高齢者貧困率が高いのはなぜか?

 国際連合は10月1日、高齢者の生活水準に関する国際比較調査の結果を発表した。日 …

mandela
南アフリカ、反アパルトヘイト運動の英雄マンデラ元大統領の光と影

 南アフリカ政府は6月23日、入院中のネルソン・マンデラ元大統領(94)の容体が …

iaea
国際原子力機関(IAEA)が福島の廃炉作業を視察。政府とIAEA側の狙いとは?

 国際原子力機関(IAEA)の調査団は4月22日、約1週間にわたる東京電力福島第 …

hoeness
税金を支払いさえすればOKという、脱税に対するドイツの考え方は正しいか?

 脱税には比較的寛容といわれてきたドイツで、脱税者の処罰をめぐって激論が戦わされ …

gakkou
学校における「いじめ」の各国比較研究。教育プログラムの多様化はひとつの解決策

 全国都道府県教育長協議会は2015年1月、諸外国におけるいじめ問題の比較研究の …