ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

台湾の国民党名誉首席が習近平総書記と会談。台湾をトラブルメーカーと自称

 

 台湾の与党国民党の名誉主席で元副総統の連戦氏は25日、中国・北京を訪れ、人民大会堂で共産党の習近平総書記と会談した。今後も台湾と中国大陸の関係を建設的に発展させていくことで一致した。習近平氏が総書記に就任してから台湾の要人と会うのは初めて。連戦氏は北京から個人的に招待を受けており、台湾総統府はこれに関与はしていないという。

  台湾はその歴史的経緯から中国政府と対立してきたが、最近は両者が急接近してきている。そのきっかけをつくったのが、2005年に当時の胡錦濤総書記と会談し、歴史的な「国共和解」を演出した連戦氏である。

 当時の台湾は台湾独立を目指す民進党が政権を握り、国民党は野党に転落していた。中国は台湾を懐柔するチャンスと捉え、連戦氏を北京に迎え、国民党との対話をスタートさせた。その後国民党が政権を握ってからは、一気に中国との距離が縮まることになった。
 中国は政治面だけでなく経済面でも台湾に対する工作を強め、台湾の財界人を優遇し、中国大陸への進出を促している。シャープへの出資やアップル製品の製造受託で有名な鴻海精密工業は、中国政府から支援を受け、大陸でも大成功した台湾企業の代表格である。

 連戦氏は、胡錦濤前総書記とも会談し、胡前総書記に対して「国民党がもっとも苦しかった時に手を差し伸べてくれたことに感謝している」と最大限の賛辞を送った。また連戦氏は、「台湾はかつてトラブルメーカーであったがそのレッテルはいつもで下す用意がある」とも発言している。トラブルメーカーとは、台湾が米国からの支援を受け、中国と軍事的な緊張を高めてきたことを指していると思われる。個人的な訪中とはいえ、かつて台湾海峡をめぐって一触即発の状態であった中台関係からは想像もできない親中ぶりである。

 台湾では、独立を目指す勢力がこのままでは中国に取り込まれてしまうと危機感を強めている。また国民党の馬英九総統もこうした世論を背景に、中台の政治対話には慎重な姿勢を崩していない。だが、大きな流れは中台の和解に向けて動いており、台湾の香港化が進む可能性はさらに高まってきたといえるだろう。

 - 政治

  関連記事

iryouhi
自業自得患者の自己負担を上げれば医療財政が改善できるというのはまったくの幻想

 テレビ局の元アナウンサーがブログで「自業自得の人工透析患者なんて全員実費負担に …

merukerurainiti
ドイツの対日感情が悪化する中、メルケル首相が来日。関係再構築は可能か?

 ドイツのメルケル首相が2015年3月9日午前、羽田空港に到着した。メルケル氏の …

hagel
ヘーゲル国防長官がようやく就任。新しい米国の世界戦略で在日米軍がいなくなる?

 米上院は26日の本会議で、ヘーゲル元上院議員の国防長官への就任をようやく承認し …

bata
農林水産省がバターの追加輸入を決定。バターは国家独占貿易だった

 農林水産省は2015年5月27日、バターの品薄に対処するため、1万トンの追加輸 …

keijiban
中国共産党が国民からの不満や要望を受け付けるサイトを構築。明るい文化大革命?

 中国共産党は、国民の党や政府に対する不満の高まりを背景に、国民からの声を集める …

mujinki
米司法省の極秘メモが流出。無人機の暗殺対象に米国人も含まれる?

 無人機によるテロリスト殺害の対象者に米国市民も含めることを可能とする米司法省の …

takeshima
朴槿恵氏の大統領就任で韓国経済や日韓関係はどうなるか?

 与党セヌリ党の朴槿恵(パク・クネ)候補が大統領に選出されたことで、韓国はどのよ …

hakukirai02
薄熙来被告の初公判が始まる。公判では検察と全面対決の様相だが・・・・

 中国共産党の最高指導部入りが確実視されながら権力闘争で失脚し、収賄や横領の罪に …

tenanmon
中国のPMIが低下するも、当局はハードランディング覚悟で対策は取らず

 中国国家統計局は7月1日、6月の製造業購買担当者景気指数(PMI)を発表した。 …

kakugi02
緊急経済対策が正式に閣議決定。内容は経済産業省の意向を強烈に反映している

 政府は11日午前の閣議において緊急経済対策を正式決定した。地方自治体や民間企業 …