ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

台湾の国民党名誉首席が習近平総書記と会談。台湾をトラブルメーカーと自称

 

 台湾の与党国民党の名誉主席で元副総統の連戦氏は25日、中国・北京を訪れ、人民大会堂で共産党の習近平総書記と会談した。今後も台湾と中国大陸の関係を建設的に発展させていくことで一致した。習近平氏が総書記に就任してから台湾の要人と会うのは初めて。連戦氏は北京から個人的に招待を受けており、台湾総統府はこれに関与はしていないという。

  台湾はその歴史的経緯から中国政府と対立してきたが、最近は両者が急接近してきている。そのきっかけをつくったのが、2005年に当時の胡錦濤総書記と会談し、歴史的な「国共和解」を演出した連戦氏である。

 当時の台湾は台湾独立を目指す民進党が政権を握り、国民党は野党に転落していた。中国は台湾を懐柔するチャンスと捉え、連戦氏を北京に迎え、国民党との対話をスタートさせた。その後国民党が政権を握ってからは、一気に中国との距離が縮まることになった。
 中国は政治面だけでなく経済面でも台湾に対する工作を強め、台湾の財界人を優遇し、中国大陸への進出を促している。シャープへの出資やアップル製品の製造受託で有名な鴻海精密工業は、中国政府から支援を受け、大陸でも大成功した台湾企業の代表格である。

 連戦氏は、胡錦濤前総書記とも会談し、胡前総書記に対して「国民党がもっとも苦しかった時に手を差し伸べてくれたことに感謝している」と最大限の賛辞を送った。また連戦氏は、「台湾はかつてトラブルメーカーであったがそのレッテルはいつもで下す用意がある」とも発言している。トラブルメーカーとは、台湾が米国からの支援を受け、中国と軍事的な緊張を高めてきたことを指していると思われる。個人的な訪中とはいえ、かつて台湾海峡をめぐって一触即発の状態であった中台関係からは想像もできない親中ぶりである。

 台湾では、独立を目指す勢力がこのままでは中国に取り込まれてしまうと危機感を強めている。また国民党の馬英九総統もこうした世論を背景に、中台の政治対話には慎重な姿勢を崩していない。だが、大きな流れは中台の和解に向けて動いており、台湾の香港化が進む可能性はさらに高まってきたといえるだろう。

 - 政治

  関連記事

ippankyosho
オバマ政権の関心は経済しかない。一般教書演説から占う米中関係と日米関係

 米国のオバマ大統領は2014年1月28日、米議会において一般教書演説を行った。 …

monju
もんじゅの検証が行われないまま、新しい高速炉の開発計画が着々と進行中

 政府は廃炉が予定されている高速増殖炉「もんじゅ」に代わる新しい高速炉を開発する …

japandisplay
「国営企業」ジャパンディスプレイの公募価格割れから考える、過剰な政府介入のリスク

 オールジャパンを掲げ、鳴り物入りでIPO(新規株式公開)したジャパンディスプレ …

nougyouyushutu
国内版ワーホリに批判殺到。地方の労働市場はもはや市場メカニズムを放棄?

 総務省が、都市部の学生や若手社員が長期休暇を利用して地方で働く「ふるさとワーキ …

hyuga02
進水した最新鋭の護衛艦「いずも」が空母に似た形状になっている理由

 海上自衛隊では過去最大となる最新鋭の護衛艦「いずも」(基準排水量1万9500ト …

whitecolorexe
残業代ゼロ政策の導入が現実味。職種限定だが、年収制限はなくなる可能性も

 労働時間に関わらず賃金を一定にする、いわゆる残業代ゼロ政策の導入が現実味を帯び …

kakugi02
古い自民党に先祖返り。2013年度税制改正大綱に見るアベノミクスの真実

 政府は1月29日、2013年度税制改正大綱を閣議決定した。税制改正大綱は、国会 …

nakamurashuji
中村修二氏のノーベル賞受賞であらためて問われる「発明の対価」

 今年のノーベル物理学賞は青色発光ダイオード(LED)を発明した名城大学の赤崎勇 …

capitolhill
TPAがようやく可決。米議会はなぜ外国との通商権限を持っているのか?

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の交渉に重要な役割を果たす、米国の大統領 …

abeaso
見かけ上?好調なGDPの数値から、安倍政権内部で消費増税先送り論が台頭。

 2013年1~3月期の国内総生産(GDP)の数値が好調だったことから、参院選を …