ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

台湾の国民党名誉首席が習近平総書記と会談。台湾をトラブルメーカーと自称

 

 台湾の与党国民党の名誉主席で元副総統の連戦氏は25日、中国・北京を訪れ、人民大会堂で共産党の習近平総書記と会談した。今後も台湾と中国大陸の関係を建設的に発展させていくことで一致した。習近平氏が総書記に就任してから台湾の要人と会うのは初めて。連戦氏は北京から個人的に招待を受けており、台湾総統府はこれに関与はしていないという。

  台湾はその歴史的経緯から中国政府と対立してきたが、最近は両者が急接近してきている。そのきっかけをつくったのが、2005年に当時の胡錦濤総書記と会談し、歴史的な「国共和解」を演出した連戦氏である。

 当時の台湾は台湾独立を目指す民進党が政権を握り、国民党は野党に転落していた。中国は台湾を懐柔するチャンスと捉え、連戦氏を北京に迎え、国民党との対話をスタートさせた。その後国民党が政権を握ってからは、一気に中国との距離が縮まることになった。
 中国は政治面だけでなく経済面でも台湾に対する工作を強め、台湾の財界人を優遇し、中国大陸への進出を促している。シャープへの出資やアップル製品の製造受託で有名な鴻海精密工業は、中国政府から支援を受け、大陸でも大成功した台湾企業の代表格である。

 連戦氏は、胡錦濤前総書記とも会談し、胡前総書記に対して「国民党がもっとも苦しかった時に手を差し伸べてくれたことに感謝している」と最大限の賛辞を送った。また連戦氏は、「台湾はかつてトラブルメーカーであったがそのレッテルはいつもで下す用意がある」とも発言している。トラブルメーカーとは、台湾が米国からの支援を受け、中国と軍事的な緊張を高めてきたことを指していると思われる。個人的な訪中とはいえ、かつて台湾海峡をめぐって一触即発の状態であった中台関係からは想像もできない親中ぶりである。

 台湾では、独立を目指す勢力がこのままでは中国に取り込まれてしまうと危機感を強めている。また国民党の馬英九総統もこうした世論を背景に、中台の政治対話には慎重な姿勢を崩していない。だが、大きな流れは中台の和解に向けて動いており、台湾の香港化が進む可能性はさらに高まってきたといえるだろう。

 - 政治

  関連記事

kusuri02
混合診療拡大へ。金持ち優遇かどうかという単純論争は本質を見誤らせる可能性あり

 政府は規制改革の一貫として混合診療の拡大に乗り出す。現在、日本では公的保険を適 …

shukinpeibaeikyu
中台首脳が66年ぶりの歴史的会談へ。だが台湾総統選挙には逆効果?

 中国の習近平国家主席と台湾の馬英九総統が2015年11月7日、シンガポールで会 …

nsa
米上院がNSAの情報活動を大幅に制限する米国自由法を可決

 米上院は2015年6月2日、NSA(国家安全保障局)による個人情報の収集を認め …

iiss01戚建国
中国が米中首脳会談を控え、領有権問題に対する態度を軟化?

 英国際戦略研究所(IISS)は5月31日から3日間の日程で、アジア安全保障会議 …

orandotero
パリ同時テロ容疑者、5000発の銃弾を撃ち込んで急襲も、主犯格は拘束できず

 フランスの検察当局は2015年11月18日、同時テロ事件に関与したとみられる武 …

f35c
武器輸出三原則の緩和に踏み切らせた、日米防衛産業の苦しい経営事情

 政府は航空自衛隊の次期主力戦闘機F35について、武器輸出三原則の例外扱いとし、 …

toudoshasuiheki
福島原発の汚染水対策に国が470億円を投入。だが抜本的な解決とはほど遠い状況

 安倍首相をトップとする政府の原子力災害対策本部は9月3日、東京電力福島第1原発 …

airport
先進国と新興国の人材移動が活発に。グローバル時代の厳しい現実

 経済危機の長期化とグローバル経済の進展によって、先進国と新興国の間における人の …

ishiba
安倍首相は政権運営に自信満々?ガス抜きとしての党内人事や内閣改造も不必要

 自民党は9月17日、役員会を開催し、今月末に任期が切れる石破幹事長ら党三役を続 …

mujinki
米司法省の極秘メモが流出。無人機の暗殺対象に米国人も含まれる?

 無人機によるテロリスト殺害の対象者に米国市民も含めることを可能とする米司法省の …