ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ヘーゲル国防長官がようやく就任。新しい米国の世界戦略で在日米軍がいなくなる?

 

 米上院は26日の本会議で、ヘーゲル元上院議員の国防長官への就任をようやく承認した。賛成58、反対41であった。ヘーゲル氏は宣誓を経て27日に正式に就任する。

 ヘーゲル国防長官は共和党ながらオバマ大統領に近いといわれる人物で、ネブラスカ州選出の上院議員を2期12年務めた経験がある。軍人出身だが、イラク戦争の実施やイラン制裁に反対したり、イスラエルに対して批判的な発言を行うなど、安全保障面で独自の見解を持っており、共和党では異端児扱いされてきた。

 オバマ大統領は、国内経済最優先の立場から、軍事費の大幅削減とアフガニスタンからの完全撤退を進めている。また中東に偏った米国の安全保障政策を中国重視へと根本的に変革する野心を持っているともいわれる。
 ヘーゲル国務長官は、先に就任した親中派のケリー国務長官と並んで、オバマ戦略の中心人物になると考えられており、共和党はヘーゲル氏の就任に強く反発していた(本誌記事「親中国派のケリー国務長官が正式に就任」参照)。共和党は、国防長官の人事承認手続きでは史上初となる議事妨害まで実施して審議を遅らせていたが、ようやく採決に同意した。

 ヘーゲル国防長官とケリー国務長官が進める米国の安全保障政策の方向転換が実現すると、在日米軍の位置付けが根本的に変わる可能性がある。すでに米国は戦力の対中国シフトを開始しており、沖縄からの海兵隊の撤退もその延長線上にある。また横須賀基地に配備されている原子力空母ジョージワシントンについても、大規模修理のタイミングで横須賀配備をストップする案も検討されている。
 場合によっては、在日米軍が日本からほとんどいなくなってしまうという事態にもなりかねないのだ(本誌記事「オバマ次期政権で米国はまったく新しいリベラル国家に。日米安保は終わりの始まりか?」参照)。

 中国の内政問題など不確定要素は多いが、戦後70年続いてきた日米安保体制は、オバマ政権二期目がスタートすることで、重大な局面を迎えつつある。

 - 政治

  関連記事

saieibun201601
台湾総統選挙で民進党が圧勝。議会も過半数となるのは分離以後初めて

 台湾で2016年1月16日、総統(大統領)選挙が行われ、野党・民進党の蔡英文主 …

abesingapore
安倍首相が記者出身のスピーチライターを登用する本当の理由

 安倍政権は対外的な情報発信能力の強化を目指しており、首相は海外でのスピーチを重 …

kimujonun04
北朝鮮が核実験を強行した本当の理由とは?水面下で米朝交渉が進展?

 北朝鮮が3回目の核実験に踏み切ったことで、周辺諸国や国連は北朝鮮に対する制裁に …

orando04
中国叩きの一方で大統領自ら投資を呼び込み。フランスのちぐはぐな対応はまるで日本?

 フランスのオランド大統領は中国の実業家グループをエリゼ宮(大統領府)に招き、大 …

jutaku
米国の家計バランスシートが急激に改善。日本も株高で改善するのか?

 株式市場の上昇と不動産価格の底入れによって、米国における家計のバランスシートが …

yudachi02
中国軍幹部がレーダー照射を認める。軟化のサインか心理戦か?

 中国海軍の艦船が海上自衛隊の護衛艦にレーダーを照射した問題で、中国軍の高級幹部 …

airport
先進国と新興国の人材移動が活発に。グローバル時代の厳しい現実

 経済危機の長期化とグローバル経済の進展によって、先進国と新興国の間における人の …

nsa
米国が友好国も盗聴していたという事実に欧州各国が反発。だがこれは諸刃の剣でもある

 米国家安全保障局(NSA)による監視問題で、英ガーディアン紙は6月30日、元C …

shukinpei06
中国で習近平国家主席への権力集中が進む。安定化なのか政情不安なのか?

 中国共産党指導部で、習近平国家主席への権力集中が進んでいる。習政権の権力基盤は …

businessman02
非正規社員の数が過去最多。このほかにも実質賃下げを示唆する出来事が増加中

 総務省は8月13日、4~6月期の労働力調査の結果を発表した。それによると、非正 …