ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ヘーゲル国防長官がようやく就任。新しい米国の世界戦略で在日米軍がいなくなる?

 

 米上院は26日の本会議で、ヘーゲル元上院議員の国防長官への就任をようやく承認した。賛成58、反対41であった。ヘーゲル氏は宣誓を経て27日に正式に就任する。

 ヘーゲル国防長官は共和党ながらオバマ大統領に近いといわれる人物で、ネブラスカ州選出の上院議員を2期12年務めた経験がある。軍人出身だが、イラク戦争の実施やイラン制裁に反対したり、イスラエルに対して批判的な発言を行うなど、安全保障面で独自の見解を持っており、共和党では異端児扱いされてきた。

 オバマ大統領は、国内経済最優先の立場から、軍事費の大幅削減とアフガニスタンからの完全撤退を進めている。また中東に偏った米国の安全保障政策を中国重視へと根本的に変革する野心を持っているともいわれる。
 ヘーゲル国務長官は、先に就任した親中派のケリー国務長官と並んで、オバマ戦略の中心人物になると考えられており、共和党はヘーゲル氏の就任に強く反発していた(本誌記事「親中国派のケリー国務長官が正式に就任」参照)。共和党は、国防長官の人事承認手続きでは史上初となる議事妨害まで実施して審議を遅らせていたが、ようやく採決に同意した。

 ヘーゲル国防長官とケリー国務長官が進める米国の安全保障政策の方向転換が実現すると、在日米軍の位置付けが根本的に変わる可能性がある。すでに米国は戦力の対中国シフトを開始しており、沖縄からの海兵隊の撤退もその延長線上にある。また横須賀基地に配備されている原子力空母ジョージワシントンについても、大規模修理のタイミングで横須賀配備をストップする案も検討されている。
 場合によっては、在日米軍が日本からほとんどいなくなってしまうという事態にもなりかねないのだ(本誌記事「オバマ次期政権で米国はまったく新しいリベラル国家に。日米安保は終わりの始まりか?」参照)。

 中国の内政問題など不確定要素は多いが、戦後70年続いてきた日米安保体制は、オバマ政権二期目がスタートすることで、重大な局面を迎えつつある。

 - 政治

  関連記事

putin201603
ロシアが北方領土で韓国企業と共同事業。ロシア側に領土問題解決の意思はあるのか?

 北方領土の色丹島で、ロシア企業が外国企業と共同で建設事業をスタートさせたことが …

sukottorando
偉大な第一歩?それとも危険な火遊び?スコットランド独立を問う住民投票まであと2日。

 英国北部スコットランドの独立の賛否を問う18日の住民投票まであと2日となってい …

higasi
東国原氏が下半身記事で週刊文春を提訴。今更名誉毀損でもないでしょ!

 東国原英夫・前宮崎県知事が、週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の …

obamaabepaku
安倍首相が韓国語で挨拶。日韓首脳会談はとりあえず終始友好ムードで終了

 安倍首相は2014年3月26日、オランダ・ハーグにおいて、オバマ米大統領、朴槿 …

George Washington02
米経済誌が在日米軍の段階的撤退論を掲載。内容は冷静で、かなり客観的

 米経済誌ウォール・ストリート・ジャーナルは5月10日、「米軍は日本からの撤退を …

suti02
民主活動家から権力者に。とうとう大統領への野心を表明したアウン・サン・スー・チー氏

 来日中のミャンマーの民主活動家アウン・サン・スー・チー氏は「政党の党首で国のト …

shirakawae
前原大臣が白川総裁とガチンコ対決。日銀はいつまで粘れるか?

 本日(5日)開催されている日銀の金融政策決定会合に、前原誠司経済財政相が出席し …

obama201301
安倍首相の早期訪米を米側が拒否。この流れは今に始まったことではない

 早期の訪米で日米安保体制の強化を図り、中国に対する牽制球にするという安倍首相の …

BBC
公務員根性丸出し!不祥事で引責辞任の英国営放送トップが退職金に異様な執着

 英国の国営放送であるBBCは10日、未成年者に対する性的暴行疑惑をめぐる誤報の …

babysitta
ベビーシッターの届け出制を厚労省が検討開始。果たして根本的な解決になるのか?

 厚生労働省は2014年8月4日、ベビーシッターのあり方に関する有識者委員会の初 …