ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国失業率が4年ぶりの低水準。米国経済の復活で世界のお金の流れが大逆転?

 

 米労働省は3月8日、2月の雇用統計を発表した。これによると、非農業部門雇用者数は前月比で23万6000人の増加となり、市場予想の16万人増を大幅に上回った。また失業率は7.7%で、先月から0.2ポイント低下し2008年12月以来の低水準となった。これを受けてダウ平均株価は4日連続で市場最高値を更新し、ドル円は96円台まで上昇した。

 米国経済はリーマンショック後、堅調な個人消費を背景に緩やかな回復を続けてきた。だが住宅価格の下落と10%近くまで上昇した失業率が当面の懸念材料となっていた。
 だが住宅価格は昨年末から急激に上昇を開始し、自信を深めた米連邦準備理事会(FRB)は失業率の上昇が見られるまで緩和政策を続けるという、いわば失業率ターゲットともいうべき政策を開始した。これが功を奏し、株価は上昇、ダウ平均株価は史上最高値を更新した。
 最後の懸念材料であった失業率の低下が確認されたことで、米国経済の先行きはかなり明るいものとなった。

 FRBは、当面緩和策を継続する意向を示してるが、水面下では緩和策を縮小し平常モードに戻るための、いわゆる「出口戦略」を準備し始めている。2月20日に公開された公開市場委員会(FOMC)の議事録では、これまでの緩和策を継続する内容だったものの、FOMCメンバー間で緩和策の継続に関する意見の相違が見られるようになってきた。 さらに一部メンバーは緩和策の早期解除を視野に入れるべきとの発言を積極的に行っている。

 FRBが出口戦略を開始すると、米ドルが買われ円安がさらに進行する可能性がある。また米国景気が回復することは、日本の輸出企業にとって強力な追い風となる。
 日本ではなぜか米国の景気を批判的に見る人が多いが、日本の輸出産業が利益を上げることができるのは、米国市場が存在しているからにほかならない(中国は最終消費地としてはまだ不十分)。アベノミクスによる日本復活がうまくいくのかどうかは、最終的には米国経済の動向にかかっているのだ。

 失業率という最大のアキレス腱が解消されつつある米国市場は、長期間にわたる景気上昇の可能性が見え始めている。これまで新興国に集中していたマネーの動きも、米国を中心とする先進国に逆流する可能性が見え始めている。

 - 経済

  関連記事

sharpqalcomm
これではタダの受託開発!クアルコムとシャープが交わした驚愕の契約内容

 経営再建中のシャープは4日、米クアルコムとの提携を正式に発表した。市場ではシャ …

tissue
円安で値上げが続々。だが実際にはデフレ下でも値上げは進んでいた

 急激に進んだ円安を背景に、製品やサービスの値上げが相次いでいる。製紙大手各社が …

caterpilar
世界経済の映し鏡である米キャタピラーの決算。中国景気失速の影響で売上は大幅減

 米建設機械大手のキャタピラーは10月23日、7~9月期の決算を発表した。キャタ …

birukensetsu
テナントがいない?のに都市部で次々と新築ビルが建設されるのはナゼ?

 東京都心など、利便性の高い地域を中心に不動産の建設ラッシュが続いている。一部で …

shutoko02
首都高改修の空中権活用。良案だが日本のインフラ問題を根本解決できるわけではない

 政府の経済財政諮問会議において、老朽化した首都高速道路の改修に民間資金を活用す …

linederima
LINEが料理の出前サービスに参入。これからは家で食べるのが主流に?

 LINEが飲食店のデリバリーサービスに参入した。外資系のウーバーイーツや楽天が …

no image
「シャープが賞与カットを検討」との報道に、市場では驚愕の声

  シャープがリストラ策の一環として、社員の賞与カットの検討に入ってるとの毎日新 …

kosokudoro02
財政投融資のあり方に関する議論が財務省でスタート。焦点は官製ファンドなど産業投資

 財務省は従来の財政投融資のあり方を検証し、今後の方向性を見極める作業に着手した …

g20german
G20の声明文から反保護主義の文言が消滅。今後は露骨なパワーゲームの時代へ

 ドイツのバーデンバーデンで開催されていたG20(主要20カ国の財務相・中央銀行 …

indosina
タイの鉄道建設プロジェクトを巡る日中の地政学的争い。今のところ中国有利?

 日本が支援する予定のタイの鉄道建設プロジェクトが騒がしくなっている。タイ軍事政 …