ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国失業率が4年ぶりの低水準。米国経済の復活で世界のお金の流れが大逆転?

 

 米労働省は3月8日、2月の雇用統計を発表した。これによると、非農業部門雇用者数は前月比で23万6000人の増加となり、市場予想の16万人増を大幅に上回った。また失業率は7.7%で、先月から0.2ポイント低下し2008年12月以来の低水準となった。これを受けてダウ平均株価は4日連続で市場最高値を更新し、ドル円は96円台まで上昇した。

 米国経済はリーマンショック後、堅調な個人消費を背景に緩やかな回復を続けてきた。だが住宅価格の下落と10%近くまで上昇した失業率が当面の懸念材料となっていた。
 だが住宅価格は昨年末から急激に上昇を開始し、自信を深めた米連邦準備理事会(FRB)は失業率の上昇が見られるまで緩和政策を続けるという、いわば失業率ターゲットともいうべき政策を開始した。これが功を奏し、株価は上昇、ダウ平均株価は史上最高値を更新した。
 最後の懸念材料であった失業率の低下が確認されたことで、米国経済の先行きはかなり明るいものとなった。

 FRBは、当面緩和策を継続する意向を示してるが、水面下では緩和策を縮小し平常モードに戻るための、いわゆる「出口戦略」を準備し始めている。2月20日に公開された公開市場委員会(FOMC)の議事録では、これまでの緩和策を継続する内容だったものの、FOMCメンバー間で緩和策の継続に関する意見の相違が見られるようになってきた。 さらに一部メンバーは緩和策の早期解除を視野に入れるべきとの発言を積極的に行っている。

 FRBが出口戦略を開始すると、米ドルが買われ円安がさらに進行する可能性がある。また米国景気が回復することは、日本の輸出企業にとって強力な追い風となる。
 日本ではなぜか米国の景気を批判的に見る人が多いが、日本の輸出産業が利益を上げることができるのは、米国市場が存在しているからにほかならない(中国は最終消費地としてはまだ不十分)。アベノミクスによる日本復活がうまくいくのかどうかは、最終的には米国経済の動向にかかっているのだ。

 失業率という最大のアキレス腱が解消されつつある米国市場は、長期間にわたる景気上昇の可能性が見え始めている。これまで新興国に集中していたマネーの動きも、米国を中心とする先進国に逆流する可能性が見え始めている。

 - 経済

  関連記事

samittoabe
週内にも消費税再延期を表明。日本の財政はまさに「異次元」のフェーズに突入

 安倍首相は、来年4月に予定していた消費税10%への引き上げを再延期する方向で調 …

kosokudoro02
高速道路無料化は永久に無理?高速3社が老朽化対策に10兆円必要との試算

 高速道路3社(東日本、中日本、西日本)は4月25日、高速道路の老朽化対策に関す …

abe20150630
財政再建は経済成長頼みで結論先送り。肝心の成長戦略は弾切れ状態

 政府は2015年6月30日、経済財政運営の基本方針「骨太の方針」と新しい成長戦 …

airasiajapan
エアアジアが今度は楽天と組んで日本に再参入。だがガラパゴスの打破は難しそう

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアが再び日本市場に参入する。全 …

toyosuiten
豊洲市場のトータルコストが初めて明らかに。維持管理費は築地の約5倍になる見込み

 東京都は2017年1月25日、移転問題が議論されている豊洲市場に関する収支予想 …

bbcclass
英国で新しい「階級」区分が話題に。だがその内容は少々脱力系

 現代でも階級制度が色濃く残る英国において、新しい「階級」区分がちょっとした話題 …

opec02
OPECが原油価格暴落にもかかわらず、減産を見送った背景

 OPEC(世界石油輸出国機構)は2014年11月27日、オーストリア・ウィーン …

tosho
国債を売って株式へ。日本に対する国際的なマネーの動きに変化が

 日本に対する国際的なお金の流れが変化し始めている。国債を売却して資金を海外に引 …

nichigin
日銀が3月の短観を発表。アベノミクスも結局は米国頼みであることが間接的に明らかに

 日銀は4月1日、企業短期経済観測調査(短観)を発表した。大企業は製造業、非製造 …

hosino
星野リゾートなど新規REITが続々登場。日本経済の救世主となるか?

 全国にリゾートホテルや旅館を手掛ける星野リゾートが、不動産投資信託(REIT) …