ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国失業率が4年ぶりの低水準。米国経済の復活で世界のお金の流れが大逆転?

 

 米労働省は3月8日、2月の雇用統計を発表した。これによると、非農業部門雇用者数は前月比で23万6000人の増加となり、市場予想の16万人増を大幅に上回った。また失業率は7.7%で、先月から0.2ポイント低下し2008年12月以来の低水準となった。これを受けてダウ平均株価は4日連続で市場最高値を更新し、ドル円は96円台まで上昇した。

 米国経済はリーマンショック後、堅調な個人消費を背景に緩やかな回復を続けてきた。だが住宅価格の下落と10%近くまで上昇した失業率が当面の懸念材料となっていた。
 だが住宅価格は昨年末から急激に上昇を開始し、自信を深めた米連邦準備理事会(FRB)は失業率の上昇が見られるまで緩和政策を続けるという、いわば失業率ターゲットともいうべき政策を開始した。これが功を奏し、株価は上昇、ダウ平均株価は史上最高値を更新した。
 最後の懸念材料であった失業率の低下が確認されたことで、米国経済の先行きはかなり明るいものとなった。

 FRBは、当面緩和策を継続する意向を示してるが、水面下では緩和策を縮小し平常モードに戻るための、いわゆる「出口戦略」を準備し始めている。2月20日に公開された公開市場委員会(FOMC)の議事録では、これまでの緩和策を継続する内容だったものの、FOMCメンバー間で緩和策の継続に関する意見の相違が見られるようになってきた。 さらに一部メンバーは緩和策の早期解除を視野に入れるべきとの発言を積極的に行っている。

 FRBが出口戦略を開始すると、米ドルが買われ円安がさらに進行する可能性がある。また米国景気が回復することは、日本の輸出企業にとって強力な追い風となる。
 日本ではなぜか米国の景気を批判的に見る人が多いが、日本の輸出産業が利益を上げることができるのは、米国市場が存在しているからにほかならない(中国は最終消費地としてはまだ不十分)。アベノミクスによる日本復活がうまくいくのかどうかは、最終的には米国経済の動向にかかっているのだ。

 失業率という最大のアキレス腱が解消されつつある米国市場は、長期間にわたる景気上昇の可能性が見え始めている。これまで新興国に集中していたマネーの動きも、米国を中心とする先進国に逆流する可能性が見え始めている。

 - 経済

  関連記事

kousai20130513
日米で金利が急上昇。米国は景気拡大を反映しているが、日本はどう解釈すべきか?

 日米で長期金利が上昇傾向を見せ始めている。米国の金利上昇についは、市場関係者の …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

airasiasuchi
今話題のLCC(格安航空会社)に思った程安くないとの声が。その理由とは?

 全日空系のLCC(格安航空会社)であるエアアジアジャパンは、10日、LCCとし …

bankmuscut
世界中のATMから46億円を不正に引き出す事件が発生。プリペイド・デビットという盲点

 国際的なサイバー犯罪組織が27カ国のATMから約46億円を不正に引き出すという …

nichigin04
審議委員候補は積極緩和派で黒田総裁はマンションを購入。まだまだ量的緩和は続く?

 マイナス金利政策の継続をめぐって日銀の周辺が騒がしい。日銀の審議委員人事では、 …

ohkizan
米中間の貿易交渉に垣間見る、中国が抱える意外な弱点とは?

 米国ワシントンで開催されていた第23回米中合同商業貿易委員会 (JCCT)が1 …

abe20141021b
消費低迷で高まる増税先送り論。だが現実には決断は困難?

 消費の低迷が顕著になってきたことから、消費税の10%増税に反対する声が高まって …

kousakukiki
設備投資は製造業主導で大幅な伸び。期末要因なのか設備投資復活なのか?

 内閣府は2014年5月19日、3月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

toshibaenki
東芝が決算発表を再延期。原子力子会社非連結化を打ち出すもスキームは不明

 米国の原子力事業で巨額の損失を抱える東芝は2017年3月14日、2016年4~ …

girishagikai
ギリシャの国民投票は緊縮策にNo。約束手形の発行となれば、事実上のドラクマ復活?

 IMF(国際通貨基金)など国際機関に対する支払いができない状態にあるギリシャで …