ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

高野山が資産運用に失敗し7億の損失。どのような運用だったのかを探ってみると

 

 空海(弘法大師)が開山し約1200年の伝統を持つ高野山が資産運用に失敗し、約6億8000万円の損失が出ていることが明らかとなった。高野山では、資産運用の失敗をきっかけに前代未聞の内紛が起こっている(写真は高野山のキャラクターのこうやくん)。

 高野山には、議会に相当する「宗会」と内閣に相当する「内局」と呼ばれる執行組織がある。
 26日に行われた宗会では、内局トップである庄野宗務総長が、資産運用に失敗し約6億8000万円の損失が出ていることを明らかにしたうえで「運用が思うにまかせず推移しており、無念で慚愧(ざんき)に堪えない」と謝罪した。

 だが、議員側は納得せず不信任案を提出し小差で可決された。このため庄野宗務総長は27日、宗会を解散した。宗会は地方選出の議員27名と宗務総長が任命する10名で構成されている。
 解散後50日以内に地方選出議員の選挙が行われる。

 高野山では、運用に失敗した詳細な内容を明らかにしていないが、各紙の報道によると、運用金額は約30億円で、2002年~2012年までの間に約6億8000万円の損失が発生した模様。ただし16億円ほどの運用益があり、プラスマイナスでは9億円の利益になっているという。
 従来は30年満期など長期のものが多かったが、2007年ごろ からは早期償還された資金の再運用で4~5年満期の短期商品を購入。そのうち、昨年までに満期になった短期商品の運用損が約6億8000万円になっているという。

 これらの情報から、当初は長期国債など安定的な資産の運用を行っていたが、後半からはリスクの高い商品に切り替えたことが推察される。ただ、運用の失敗につながったのは早期償還された資金の再投資ということを考えると、当初から早期償還条項のついている商品を購入していたことが分かる。

 早期償還条項は利率が高い代わりに発行体の都合でいつでも償還できるというタイプの商品。同じリスクでも利率が高いので有利だが、いつ強制的にお金が返されてしまうか分らないという欠点がある。おそらくここ数年の金利低下によって想定以上に償還される商品が増えてしまったものと思われる。だがお金が返ってきても、同じ利率で運用できる商品がなく、結果的にリスクの高い商品に手を出し、大きな損失につながったのであろう。

 当初予定された運用益を当てにして予算が組み立てられており、運用益が予想を下回ることが許容されなかったと考えられる。本来であれば、早期償還条項のある商品を運用する場合には、資金が返ってきてしまったら、諦めなければならない。だが消費する金額を先に決めてしまうと、リスクの高い商品に手を出してドロ沼にはまることになる。今回の運用失敗はそのような状況であった可能性が高い。

 空海には全国に湧水伝説があることで有名。空海が杖をつくと泉がこんこんと湧きだしたという。だがグローバル金融の時代を迎え、泉が湧くように運用益を生み出すことは不可能だったらしい。

 - 社会

  関連記事

pekindaigaku
中国で大学入学試験が終了。だが無事入学、卒業しても厳しい就職難が待ち受けている

 受験競争が激しい中国では、大学の入学試験は一大イベントとなっている。6月8日に …

kougu
日本は本当にモノ作りの国なのか?メイカーズ革命で問われる真の国民性

 日本はモノ作りの国であるといわれている。日本人は手先が器用で真面目なのでモノ作 …

no image
英国在住のイラク人がフランス国内で自動小銃で射殺。様々な憶測を呼ぶ

 フランス南部、アルプス山脈のアヌシー湖付近で、自動車の車内外 から男性2人と女 …

no image
TPPの議論は不毛。農業のグローバル化は想像以上に進んでいる

 世界の食料品マーケットがすごいことになっている。  福島原発以降、国産米の価格 …

kaisaibankan
スカート盗撮裁判官の弾劾裁判が始まる。本人は事実関係を認める

 電車内で女性の下着を盗撮したとして罰金刑を受けた大阪地裁の華井俊樹判事補の弾劾 …

jisingumo
地震予知は可能なのか?期待される大気イオンなどを使った新しい予知方法

 東日本大震災における津波の被害が甚大であったことから、国や自治体では、津波を前 …

american
アメリカン航空の座席トラブル。人為的なものである可能性が高まる?

 アメリカン航空で座席が外れる事故が相次いでいるが、アメリカン航空が機体の緊急点 …

no image
インサイダー疑惑で露呈した証券会社の下半身接待。なぜ増えているのか?

 証券会社による一連のインサイダー取引疑惑によって、証券業界の下半身接待の実態が …

houdounojiyu2014
日本において報道の自由を奪っているのは誰か?

 国際的な報道の自由度ランキングで日本の順位が急落していることが話題となっている …

banri
万里の長城遭難ツアー会社は死亡事故2回目。危険ツアーが組まれる背景とは?

  中国の「万里の長城」付近で起きた日本人ツアー客4人が遭難した事故で、ツアーを …