ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

景気は回復しないのに電力など生活必需品は次々値上げ。これではスタグフレーションだ

 

 アベノミクスによる株高で日本経済は楽観ムードに包まれているが、一方で経済成長なきインフレ(スタグフレーション)の足音も不気味に近付いてきている。

 農林水産省は27日、民間企業に売り渡す輸入小麦の価格を4月から平均9.7%引き上げると発表した。理由は円安で輸入価格が上がっているため。農水省は昨年10月にも3%値上げしたばかりだ。
 すぐに製品価格に反映されるわけではないが、今回の原料値上げによる小麦粉製品への影響は、パン1斤0.9円、外食うどん店では1杯0.9円程度になるという。

 また全国の電力会社やガス会社も原燃料費調整制度(燃調)に基づいて4月から相次いで電気・ガス料金を値上げする。円安進行で原油や液化天然ガス(LNG)など燃料価格が上昇していることを値上げの理由としている。値上げ幅は標準家庭で24円~131円になる。
 東京電力は昨年から原発停止による値上げも実施しており、すでに10%近くの値上げが行われている。近く関西電力や九州電力など各社も同様の値上げを実施する。

 通常、通貨安になって原材料価格が上昇しても、企業は簡単に最終製品に価格を転嫁することはできない。そこには競争原理が働くからだ。だが小麦価格は政府の統制下にあり、電力やガスは民間だが競争のない独占企業だ。
 特に電力会社はもっとも最終消費者に近い立場であり、本来であれば値上げに対して相当な抵抗がある業種だ。当り前のように値上げと言っているが、まともな競争原理が働く世界では10%の値上げなどそうそう簡単に口に出せるものではない。

 電力や食糧といった生活必需品の値上げばかりが先行すれば、家計を圧迫するのは明白であり、GDPの6割を占める個人消費を縮小させてしまう。結果として企業収益が改善せず、賃金が据え置かれ、ますます消費が減退するという悪循環だ。

 安倍政権は一方で物価目標による消費の拡大をうたい、一方ではその足を引っ張っている。このままではただ物価だけが上昇する「官製」のスタグフレーションにもなりかねない。特定の既得権益者にだけ利益を配分する不公平な仕組みを排除しない限り、どんな金融政策を用いたところで、健全な経済を実現することはできないのだ。

 - 政治, 経済

  関連記事

koyouchingin
雇用環境は改善しているのに、生活実感は悪化。続く需給のミスマッチ

 雇用と生活環境のミスマッチが拡大している。求人倍率が増加し失業率は過去最低水準 …

no image
スノーデン氏は米国の不手際?で香港を出国。アイスランドではなくエクアドルに亡命?

 米国家安全保障局(NSA)による国民監視システム「PRISM」の存在を暴露し、 …

caterpilar
米キャタピラーの決算を見る限り、世界経済減速の米国への影響は限定的

 米建設機械大手のキャタピラーは2014年10月23日、2014年7~9月期の決 …

no image
インサイダー疑惑で露呈した証券会社の下半身接待。なぜ増えているのか?

 証券会社による一連のインサイダー取引疑惑によって、証券業界の下半身接待の実態が …

abe20141120
安倍政権が来春の賃上げを経済界に要請。漂う政策の手詰まり感

 安倍首相は2014年11月19日に開催された政労使会議の場において、経済界に対 …

aso03
政権幹部から景気に対する慎重な見方が相次ぐ。消費増税の影響は予想より大きい?

 安倍政権幹部から、景気の先行きに対する慎重な発言が目立っている。甘利経財相が「 …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

tpphawai
TPPは最終合意に至らず閉幕。今後の政治日程は極めて厳しい

 環太平パートナーシップ協定(TPP)閣僚会合は2015年7月31日、最終合意に …

abe20130113
安倍首相が訪米を前にTPP参加を決断?。正式な表明は参院選前との説も

 安倍首相は、21日の訪米を前にTPP(環太平洋経済連携協定)に参加を表明する意 …

takuhai
ヤマトが宅配取扱量抑制を検討。ネット通販会社による独自サービス拡大のきっかけに?

 宅配便最大手のヤマトホールディングスが、荷物の取扱量抑制の検討を開始した。この …