ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

タイタニック号が2016年に復活。だが建造を受注したのは無名の中国企業

 

 オーストラリアで複数の鉱山会社を所有する大富豪クライブ・バーマー氏が、豪華客船タイタニック号をそのまま再現した大型客船の建造計画を発表し、世間を驚かせている。

 タイタニック2号と名付けられた船は、外観の細部に至るまでタイタニックのデザインを踏襲している。客室は、1912年当時の初代客船に採用されていた1~3等までの明確な等級区分を設定。当時と同じように等級の異なる乗客同士が接する機会がないように設計した。
 1等客室の旅客たちは、初代タイタニックと同じ大階段やプールを利用することができる。
 また「お遊び」として、旅客には、客室の等級に合わせた当時の衣装が提供されるという。パーマー氏は、自分は3等客室に乗るとして、「楽しいことが起こるのは3等客室だ」とジョークを飛ばしている。

 船が船だけに、やはり気のなるのは事故だが、初代タイタニックにおける大惨事の原因ともなった救命ボートは、大幅に改良し数も増やしたとしている。また航行や安全システムは現代の最先端技術を採用するので、安全性はまったく問題ないという。

 もちろん当時と現代では、技術水準がまったく異なるので、普通に建造すれば安全性に問題はないだろう。だが一点、少々気になる情報もある。
 タイタニック2号の建造を請け負ったのは、中国長航集団金陵造船場なのだが、大型の豪華客船の受注実績がないのだ。同社は1952 年に設立され、中国では大手の国営企業とされている。日本や米国の商船会社からの受注実績もあり、技術力はあるようだが、これまで手掛けてきた船種は貨物船、タンカー、コンテナ船などが中心。超大型客船のメーカーとしては無名の存在だ。

 タイタニックは古い船なので、総トン数は5万トン弱。現在主流の超大型クルーズ船(10万トン超)から比べれば小さな船だ。中国としては、それほど大きくなく、話題性のあるタイタニックを受注することで、今後の大型客船の受注につなげていきたいとの戦略と思われる。
 もしタイタニックの建造が無事成功すれば、日本や韓国などの造船国にとっては、大きな脅威となる可能性がある。発注金額は明らかにされていない。

 タイタニック2号は、来年から建設に着手、2016後半にロンドンからニューヨークへの処女航海に出発する予定。

 - 社会, 経済

  関連記事

indo
新興国の通貨や株価が大暴落。緩和縮小開始までの投機的な動きか?

 インドやタイ、マレーシアといった新興国の通貨や株式の下落が激しくなっている。イ …

todai
茂木健一郎氏のツイッター発言で偏差値論争が再燃。日本人が偏差値大好きな理由とは?

 脳科学者の茂木健一郎氏がツイッター上で、学力偏差値とそれを公表している大学受験 …

kokkaigijido02
格付け会社の体質が変わっていないのだとすると、日本国債はそろそろ危ないかもしれない

 安倍首相が消費増税の再延期を表明したことについて、格付け会社は引き下げを実施し …

trumpabe01
日米首脳会談は無難に終了。貿易や為替に関する議論は今後の経済対話に持ち越し

 安倍首相は2017年2月10日、ワシントンのホワイトハウスでトランプ米大統領と …

kosakukiki
円安なのになぜ?工作機械受注が1月に入って激減の謎

 アベノミクスによる円安で製造業の業績回復が期待される中、足元ではそれに水をさす …

contena03
日中韓FTA交渉がスタート。だが日本に続き韓国もTPP参加に傾いており状況は微妙

 日本、中国、韓国の3カ国は3月26日、韓国のソウルで自由貿易協定(FTA)締結 …

intelhead
インテルがアルテラを2兆円で買収。金額は割高だが意味のあるM&A

 半導体世界最大手の米インテルは2015年6月1日、半導体のファブレスメーカー( …

jinminginkou
まさに同床異夢。人民元変動幅の拡大で中国は元安、米国は元高を狙う

 人民元の対ドル・レートの下落が続いている。きっかけは、中国人民銀行が発表した、 …

akiya
低所得者の住居支援に空き家を活用。成熟国家としては正しい方向性

 国土交通省は高齢化の進展によって公営住宅が足りなくなることから、空き家を活用す …

imf201404
米国依存が鮮明になったIMFの最新世界経済見通し。日欧の量的緩和策が次の焦点に

 IMF(国際通貨基金)は2014年4月8日、最新の世界経済見通しを発表した。2 …