ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

NBAの著名選手が北朝鮮を訪問。かつてのピンポン外交の復活か?

 

 全米プロバスケットボール協会(NBA)の強豪チーム、シカゴ・ブルズで活躍したデニス・ロッドマン氏が26日、米テレビ局の企画のため北朝鮮を訪問した。

 歌手のマドンナとの交際や派手なタトゥーで知られるロッドマン氏は、黒のマフラーに野球帽、サングラス、巨大な金のイヤリングに唇のピアスという、イメージ通りのいでたちで平壌の空港に降り立った。
 北朝鮮の金正恩第1書記は大のバスケットボール好きとして知られている。特にブルズの熱狂的なファンといわれており、金正恩氏とロッドマン氏が面会するとの情報もある。

 ロッドマン氏は個人的な立場で北朝鮮を訪問しており、米国務省も感知していないとしている。だがこういった独裁国家へのスポーツ選手や文化人の訪問は、その後の国交回復の前哨戦というケースもある。

 米国が中国と劇的な国交回復を行った際にも、ニクソン大統領の訪中の前に卓球選手が相互交流を行い、地ならしをしたという歴史がある(当時はピンポン外交といわれた)。また先月にはGoogleのシュミット会長が個人的な立場で北朝鮮を訪問している(本誌記事「Googleのシュミット会長が北朝鮮を訪問。その先に中国を見すえた米朝交渉が動き始めた」および「Google会長の娘が北朝鮮訪問記を公開。だが北朝鮮の光景は日本にも通じるものだった」参照)。核実験による強硬路線の影で米朝の単独交渉が進んでいるという噂は根強い。

 もっとも北朝鮮側もそう単純な状況ではない。金正恩第1書記はホンネでは米朝交渉を進展させ、改革開放路線を進めたい意向といわれる。だが政権内部の権力バランスから、まず軍に配慮する必要があり、いわゆる先軍政治が復活しているともいわれる。

 いずれにせよ、米朝間で何らかのやり取があるのは確実であり、今後の推移が注目される。

 - 政治

  関連記事

abeyosaniinkai201402
安倍政権が集団的自衛権に関する憲法解釈見直しを、昨年に引き続いて先送り

 集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の見直しについて、安倍政権が今国会中の閣議 …

chuusha
子宮頸がんワクチンが定期接種の対象に。一部から懸念の声が上がる理由とは?

 子宮頸(けい)がんなど3ワクチンを定期接種の対象とする予防接種法改正案が3月2 …

doller02
欧州の地下経済比率は平均18.5%。日本は比較的良好といわれるが実態は?

 VISAヨーロッパは5月7日、欧州の地下経済の規模は2兆1000億ユーロ(約2 …

fwd
フェイスブックCEOが政治団体を旗揚げ。彼への批判はオールド企業からの攻撃?

 米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは4月11日、移民法改革などを目 …

hitora
橋下氏がとうとう国政進出を表明。首長と議員兼務に潜む危険性とは?

 日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長と幹事長の松井一郎大阪府知事は20日、大阪 …

taiwanshobancho
10年以内に台湾問題を解決するとも取れる、習近平主席による注目発言の背景とは

 中国が台湾の統一工作に積極的に乗り出している。APEC(アジア太平洋経済協力会 …

ieren03
イエレン議長が1期で退任の可能性が高まる。後任によってはリスク要因にも

 米FRB(連邦準備制度理事会)のイエレン議長が2018年2月に1期で退任する公 …

hasimoto2
橋下氏が公務員批判のボルテージをアップ。そろそろ基本的な論点整理が必要なのでは?

 日本維新の会共同代表で大阪市長の橋下徹氏が公務員批判のボルテージを上げている。 …

kourousho
社会福祉法人改革をきっかけに、公益的事業全般に関する議論の強化を

 厚生労働大臣の諮問機関である社会保障審議会において、介護や保育の事業を行ってい …

austrariadefense
豪が中国の台頭を歓迎する国防白書を発表。安倍政権の世界観と真っ向から対立

 オーストラリア政府は5月3日、国防白書2013を発表した。中国の台頭について脅 …