ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

NBAの著名選手が北朝鮮を訪問。かつてのピンポン外交の復活か?

 

 全米プロバスケットボール協会(NBA)の強豪チーム、シカゴ・ブルズで活躍したデニス・ロッドマン氏が26日、米テレビ局の企画のため北朝鮮を訪問した。

 歌手のマドンナとの交際や派手なタトゥーで知られるロッドマン氏は、黒のマフラーに野球帽、サングラス、巨大な金のイヤリングに唇のピアスという、イメージ通りのいでたちで平壌の空港に降り立った。
 北朝鮮の金正恩第1書記は大のバスケットボール好きとして知られている。特にブルズの熱狂的なファンといわれており、金正恩氏とロッドマン氏が面会するとの情報もある。

 ロッドマン氏は個人的な立場で北朝鮮を訪問しており、米国務省も感知していないとしている。だがこういった独裁国家へのスポーツ選手や文化人の訪問は、その後の国交回復の前哨戦というケースもある。

 米国が中国と劇的な国交回復を行った際にも、ニクソン大統領の訪中の前に卓球選手が相互交流を行い、地ならしをしたという歴史がある(当時はピンポン外交といわれた)。また先月にはGoogleのシュミット会長が個人的な立場で北朝鮮を訪問している(本誌記事「Googleのシュミット会長が北朝鮮を訪問。その先に中国を見すえた米朝交渉が動き始めた」および「Google会長の娘が北朝鮮訪問記を公開。だが北朝鮮の光景は日本にも通じるものだった」参照)。核実験による強硬路線の影で米朝の単独交渉が進んでいるという噂は根強い。

 もっとも北朝鮮側もそう単純な状況ではない。金正恩第1書記はホンネでは米朝交渉を進展させ、改革開放路線を進めたい意向といわれる。だが政権内部の権力バランスから、まず軍に配慮する必要があり、いわゆる先軍政治が復活しているともいわれる。

 いずれにせよ、米朝間で何らかのやり取があるのは確実であり、今後の推移が注目される。

 - 政治

  関連記事

nodae01
野田首相が驚愕発言!政党であるにも関わらず政策を放棄し官僚に丸投げ

 民主党は次期衆院選に向けたマニフェスト(政権公約)を発表したが、その内容に関す …

shuraisukaidan
習近平国家主席と米ライス補佐官が会談。オバマ大統領訪中の準備が進む

 中国の習近平国家主席と米国のライス大統領補佐官は2014年9月9日、北京で会談 …

shujutsu
止まらない医療費の膨張が財政を圧迫。これは日本の中間層が抱える問題そのもの

 厚生労働省は11月14日、2011年度の国民医療費の概況を発表した。国民医療費 …

kokusaishushi201309
経常黒字のカギは海外投資の拡大。だが日本はこれ以上、投資収益を拡大できない?

 財務省は11月11日、9月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支 …

makein
世界のあちこちに顔を出す米国政治のキーマン、マケイン上院議員に要注目

 米共和党の重鎮で、大統領選にも出馬した経験のあるマケイン上院議員の活躍が目立っ …

amari
本来の趣旨とは正反対。法人税減税議論は活力を削ぐ後ろ向きな話題ばかり

 法人税の実効税率引き下げの財源として、企業の赤字繰り越しを縮小する案が浮上して …

snowden
すべて米国に言われるがまま。スノーデン事件で明らかになった欧州の弱腰

 米国情報機関の監視を暴露したCIA元職員エドワード・スノーデン氏の処遇をめぐっ …

chukojutaku
公示地価が底入れとマスコミが一斉報道。だがその前にやることがあるはずだ

 国土交通省は3月21日、1月1日時点の公示地価を発表した。これをうけてマスコミ …

nichigin04
正念場を迎える日銀の量的緩和策。黒田総裁は外部の発言を積極化

 日銀の量的緩和策が正念場を迎えている。消費者物価指数は伸び率の鈍化が目立ち、4 …

wakamonohakusho
日本の若者は突出してネガティブという調査結果をどう見るか?

 内閣府は2014年6月3日、2014年版「子ども・若者白書」を公表した。日本の …