ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

NBAの著名選手が北朝鮮を訪問。かつてのピンポン外交の復活か?

 

 全米プロバスケットボール協会(NBA)の強豪チーム、シカゴ・ブルズで活躍したデニス・ロッドマン氏が26日、米テレビ局の企画のため北朝鮮を訪問した。

 歌手のマドンナとの交際や派手なタトゥーで知られるロッドマン氏は、黒のマフラーに野球帽、サングラス、巨大な金のイヤリングに唇のピアスという、イメージ通りのいでたちで平壌の空港に降り立った。
 北朝鮮の金正恩第1書記は大のバスケットボール好きとして知られている。特にブルズの熱狂的なファンといわれており、金正恩氏とロッドマン氏が面会するとの情報もある。

 ロッドマン氏は個人的な立場で北朝鮮を訪問しており、米国務省も感知していないとしている。だがこういった独裁国家へのスポーツ選手や文化人の訪問は、その後の国交回復の前哨戦というケースもある。

 米国が中国と劇的な国交回復を行った際にも、ニクソン大統領の訪中の前に卓球選手が相互交流を行い、地ならしをしたという歴史がある(当時はピンポン外交といわれた)。また先月にはGoogleのシュミット会長が個人的な立場で北朝鮮を訪問している(本誌記事「Googleのシュミット会長が北朝鮮を訪問。その先に中国を見すえた米朝交渉が動き始めた」および「Google会長の娘が北朝鮮訪問記を公開。だが北朝鮮の光景は日本にも通じるものだった」参照)。核実験による強硬路線の影で米朝の単独交渉が進んでいるという噂は根強い。

 もっとも北朝鮮側もそう単純な状況ではない。金正恩第1書記はホンネでは米朝交渉を進展させ、改革開放路線を進めたい意向といわれる。だが政権内部の権力バランスから、まず軍に配慮する必要があり、いわゆる先軍政治が復活しているともいわれる。

 いずれにせよ、米朝間で何らかのやり取があるのは確実であり、今後の推移が注目される。

 - 政治

  関連記事

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …

nsa
米国が友好国も盗聴していたという事実に欧州各国が反発。だがこれは諸刃の剣でもある

 米国家安全保障局(NSA)による監視問題で、英ガーディアン紙は6月30日、元C …

no image
民主党政権の機密費は何と35億円。でもリッチな鳩山サンは少ないぞ!

 民主党政権発足から約3年が経過したが、これまでの間に35億2000万円の内閣官 …

abeusa
日本を米国並みのベンチャー大国にするという首相の驚愕発言がもたらすリスク

 訪米中の安倍首相が米国人を前に大胆な発言を連発している。9月25日、ニューヨー …

akachan
安倍首相が力を入れる第三子以降に特化した少子化対策は効果があるのか?

 安倍首相は2014年7月19日、少子化対策において特に第三子以降に特化するやり …

abe5gatsukeizai
萎む成長戦略。最高裁判断まで出ている薬のネット販売解禁が規制緩和の目玉だって?

 アベノミクスの要として市場から多くの期待を集めていた成長戦略の雲行きが怪しくな …

timoshenko
独裁政権vs民主主義者という単純図式ではないウクライナ。今後は課題山積

 反政府デモと警官隊の衝突で多数の死傷者が出たウクライナでは、国会がヤヌコビッチ …

mujinki02
オバマ大統領が無人機の運用厳格化を表明。グアンタナモ基地の閉鎖は進まず

 オバマ米大統領は5月23日、ワシントンの国防大学で演説を行い、無人機を使った対 …

rarogo
発射延期となった韓国初の人工衛星搭載ロケット。実はほとんどがロシア製

 韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老号」の打ち上げが延期となった。発射の直前にガ …

jf001
アルジェリアの人質事件で露呈した政府専用機のお粗末。日本は保有する資格なし

 政府は、アルジェリアで起きた人質事件の検証作業を進める中で、政府専用機の運用制 …