ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

NBAの著名選手が北朝鮮を訪問。かつてのピンポン外交の復活か?

 

 全米プロバスケットボール協会(NBA)の強豪チーム、シカゴ・ブルズで活躍したデニス・ロッドマン氏が26日、米テレビ局の企画のため北朝鮮を訪問した。

 歌手のマドンナとの交際や派手なタトゥーで知られるロッドマン氏は、黒のマフラーに野球帽、サングラス、巨大な金のイヤリングに唇のピアスという、イメージ通りのいでたちで平壌の空港に降り立った。
 北朝鮮の金正恩第1書記は大のバスケットボール好きとして知られている。特にブルズの熱狂的なファンといわれており、金正恩氏とロッドマン氏が面会するとの情報もある。

 ロッドマン氏は個人的な立場で北朝鮮を訪問しており、米国務省も感知していないとしている。だがこういった独裁国家へのスポーツ選手や文化人の訪問は、その後の国交回復の前哨戦というケースもある。

 米国が中国と劇的な国交回復を行った際にも、ニクソン大統領の訪中の前に卓球選手が相互交流を行い、地ならしをしたという歴史がある(当時はピンポン外交といわれた)。また先月にはGoogleのシュミット会長が個人的な立場で北朝鮮を訪問している(本誌記事「Googleのシュミット会長が北朝鮮を訪問。その先に中国を見すえた米朝交渉が動き始めた」および「Google会長の娘が北朝鮮訪問記を公開。だが北朝鮮の光景は日本にも通じるものだった」参照)。核実験による強硬路線の影で米朝の単独交渉が進んでいるという噂は根強い。

 もっとも北朝鮮側もそう単純な状況ではない。金正恩第1書記はホンネでは米朝交渉を進展させ、改革開放路線を進めたい意向といわれる。だが政権内部の権力バランスから、まず軍に配慮する必要があり、いわゆる先軍政治が復活しているともいわれる。

 いずれにせよ、米朝間で何らかのやり取があるのは確実であり、今後の推移が注目される。

 - 政治

  関連記事

shukinpei04
習主席の米国訪問日程が近付く。ささやかれ始めた首脳会談の本当のテーマ

 中国の習近平国家主席は、5月31日から6月6日の日程で、トリニダード・ドバゴ、 …

ronaldreganyokosuka
米空母ロナルド・レーガンが横須賀に配備。海自の護衛艦いずもが先導

 米第七艦隊の主力空母として昨年5月まで横須賀基地に配備されていた「ジョージ・ワ …

romuni02
米大統領選挙のTV討論会第3回(最終回)が終了。今回もオバマ大統領優勢か?

 米大統領選挙の第3回TV討論会が22日終了した。これで大統領選挙のTV討論会は …

kitachosenmisaru02
北朝鮮がミサイルの追加発射を準備?一方では米朝交渉を探る神経戦

 核実験を実施したばかりの北朝鮮で、今度は弾道ミサイルの追加発射の可能性が出てき …

hinkleypoint
原発の建設・運用を外国に丸投げする、核保有国イギリスの決断をどう考えるべきか?

 英国が次世代原発の運営事業に対して中国企業による過半数の出資を認めたことが大き …

kourousho
「呪われた法案」との声も。心機一転、再提出した派遣法改正案が再び先送り?

 今国会の目玉法案のひとつで、派遣労働者の受け入れ期間の上限を撤廃する労働者派遣 …

putingunjiryoku
プーチン大統領が雇用対策から武器輸出強化を表明。苦しいロシアの台所事情

  ロシアのプーチン大統領は2014年7月7日、国内の雇用を創出するため武器輸出 …

chinacompany
経済援助型から企業M&Aへと変貌する中国の直接投資。日本はどう付き合う?

 これまで香港経由や途上国に偏重していた中国の直接投資が大きく変わろうとしている …

naicho
諜報組織所属のキャリア官僚の自殺。原因をめぐって様々な憶測が飛び交う

 東京都内のマンションで死亡しているのを発見された内閣府のキャリア官僚の死因をめ …

akiya
低所得者の住居支援に空き家を活用。成熟国家としては正しい方向性

 国土交通省は高齢化の進展によって公営住宅が足りなくなることから、空き家を活用す …