ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

朴槿恵政権の閣僚人事が難航。背景のひとつは徴兵逃れ疑惑

 

 韓国の朴槿恵(パククネ)新政権の組閣が難航している。韓国の国会は26日、元検事の鄭ホン原(チョンホンウォン)氏の首相任命同意案をようやく可決した。当初、首相候補には、弱者配慮のシンボルとして元憲法裁判所長の金容俊(キムヨンジュン)氏を予定していた。だが金氏に土地の不正購入疑惑が発覚したことから辞退に追い込まれてしまった。その後鄭氏を指名したものの、25日の大統領就任式には間に合わず、翌26日に任命状を手渡した。
 だが、鄭氏以外の17人の閣僚内定者の国会同意は進んでおらず、来月以降にずれ込む見通しだ。

 閣僚内定者の聴聞で問題になっているのが、本人もしくは子息に兵役免除の事例が多いことである。
 今回の閣僚候補者18人のうち、女性2人と二重国籍者のキム・ジョンフン氏を除く15人に兵役義務あった。だがこのうち3人が兵役を免除されており、首相の鄭氏については息子が兵役を免除されている。
 兵役を免除されたものが、国家を運営する立場に就くことへの国民の批判は根強く、今後の国会同意にも大きな影響を与えそうな状況となっている。

 韓国の国民が兵役免除者に対して厳しい視線を向けているのは、有力者がコネや権力を使って不正に兵役を免除されるケースが後を絶たないからである。韓国は日本と同様、ホンネとタテマエの乖離が激しく、このような不公平が横行しやすい。

 かつて米国も徴兵制があったが、多くの政治家が従軍経験を売りにしていることを考えると、韓国とはすいぶん状況が異なっている。同じコネと権力を使った不正でも、ケネディ元大統領のように軍功を水増しするという方向に向かっている。兵役拒否などをしてしまうと、そもそもリーダーとして認められないからである。

 だが韓国や日本では、リーダーとしての資質よりも、家柄や学歴などによって人物が評価される傾向が強い。日本も戦前、徴兵制があった時代には、コネによる兵役免除が横行していた。
 現在、日本では、憲法改正と再軍備に関する議論が高まってきている。もちろん、憲法が改正されたからといってすぐに徴兵制が施行されるというわけではない。
 だが、志願制であったとしても、日本では国会議員になる人が率先して軍に入り、そのキャリアを国民にアピールするようなカルチャーになるのだろうか?それとも、徴兵制が施行された際には、コネと地位を使って家族の従軍を避ける方向に権力者のエネルギーは向くのだろうか?

 韓国と日本のカルチャーが近いことや、戦前の歴史を考えると、やはり後者になる可能性が高いのかもしれない。

 - 政治

  関連記事

no image
中国版イエズス会?中国語を世界に普及させる「孔子学院」が米国を席巻!

 中国語や中国文化の宣伝や普及を目的とした中国の教育機関が米国の教育界を席巻し、 …

eri
エリーが小沢ガールズに逆戻り?ダンナさんは維新から出馬の噂も

 日本未来の党への国民の生活が第一の合流が決まったことで、元小沢ガールズの一員で …

no image
銃撃で死亡した山本美香氏。ビデオジャーナリストの実態はTV局の下請労働者

 内戦が続くシリアで日本人ジャーナリストの山本美香氏が銃撃を受けて死亡した。勇気 …

mof
財務省が物価連動債の発行再開へ。いよいよインフレ時代がやってくる。

 財務省が、物価に応じて元本が増減する物価連動国債の発行を再開する。物価連動国債 …

hongkong
香港を飲み込むはずがむしろ逆効果に。中国による香港統治政策は失敗?

 香港大学は27日、香港人の意識調査の結果を発表した。それによると、自 らを「香 …

koubunshokan
日本の秘密保持、公文書管理、情報公開はそもそもどのような体系になっているのか?

 政府は秋の臨時国会に特定秘密保護法案を提出する。この法案に対しては知る権利をめ …

businessman04
営業マンも残業代ナシ?ホワイトカラーエグゼンプションに続いて裁量労働制の拡大へ

 働く時間を社員が柔軟に決めることができる裁量労働制の対象が広がる公算が高まって …

pakukune
韓国における中国の存在感が急上昇。まるで「冊封」時代に逆戻りとの声も

 中国の台頭と日韓関係の悪化によって、韓国における中国の扱いが急激に変化している …

cameron2
EU首脳会議、中期予算の減額でようやく合意。英国リスクが今後の焦点に

 欧州連合(EU)は8日首脳会議を開催し、2014~20年のEU予算について合意 …

keizaizaiseisimon201410
政府がとうとう7~9月期GDPの弱含みについてアナウンスを開始?

 10%消費増税の判断材料となる7~9月期のGDP(国内総生産)について、数値が …