ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

株価暴落と現金退蔵問題にも関わらず、Appleの株主総会が平穏だったワケとは?

 

 大幅な株価の下落と12兆円にも達する現金の保有で市場の関心を集めていた米Appleの株主総会が2月27日、カリフォルニア州で開催された。
 同社のティム・クック最高経営責任者は「株価の下落には私も不満を持っている」と述べ、株価下落に不満を募らせる投資家への配慮をにじませたが、「長期戦略の遂行に全力を傾けている」として、現金還元などの具体策には言及しなかった(本誌記事「アップルが株主への現金還元を検討。日本経済再生のヒントがここにある!」参照)。

 同社に対しては、米国の著名ヘッジファンド「グリーンライトキャピタル」のデビッド・アイホーン氏が「資金を投資家に還元すべき」だとして、株主総会の議案に反対するよう投資家に呼びかけていた。また同氏は一部の議案について訴訟を起こし、勝訴しているため、該当する議案は株主総会で提案されなかった。

 同氏を含めて、現金による還元を求めていた株主からの要求については、Apple側からははっきりとした対応は示されず、今後の製品戦略によって株主価値を高めていくという内容にとどまった。
 ただし、総会自体は大きな波乱もなく終了し、株主は8名の取締役全員を再選した。また市場で噂されている株式分割についても言及はなかった。

 事前の予想と異なり、思いのほかスムーズに株主総会を終えた背景には、投資家層の入れ替わりがあるといわれている。
 同社はこれまで成長銘柄の象徴とされ、積極的な投資家が株を購入してきた。同社の業績は絶好調だが、市場関係者の多くは、これまでのように驚異的な水準で成長する時代は終わったと見ている。今後のAppleは、フツーの「超優良企業」になるというわけだ。
 現在の株価水準は高値から4割近く下落しており、配当利回りは2.5%程度とかなり高くなっている。日本企業でこのレベルの配当と時価総額を維持できる企業は1社もない。すでに高配当安定銘柄のような状況であり、同社に投資する投資家の多くは、急成長よりも安定成長を望んでいる可能性が高い。

 クックCEOは「新分野を検討している」と述べ、既存商品とは異なる新製品を投入する意向を表明した。詳細は明らかにはなっていないが、腕時計型の端末や次世代テレビが計画されているといわれる。新製品の展開がそこそこ順調で、現在の配当を維持することができれば、同社の株価は底堅く推移することになるのかもしれない。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

usakoyoutoukei201511
11月の雇用統計も良好。米国の利上げは確実となり、焦点は今後のシナリオへ

 米労働省は2015年12月4日、11月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用 …

setubitousi
GDP改定値は下方修正。ただ、暦年の数字はほとんど変わらずゼロ成長が確定

 内閣府は2015年3月9日、2014年10~12月期のGDP(国内総生産)改定 …

robotfunuc
グーグルと鴻海がロボットで提携。困るのはファナックではなく日本の町工場?

 インターネット検索大手のグーグルと台湾の鴻海精密工業がロボット分野で提携を進め …

imf201610
IMFの最新見通し。米国の鈍化で世界経済に低成長の懸念、カギは投資の増大

 世界経済における低成長の懸念が高まっている。IMF(国際通貨基金)は2016年 …

orando04
中国叩きの一方で大統領自ら投資を呼び込み。フランスのちぐはぐな対応はまるで日本?

 フランスのオランド大統領は中国の実業家グループをエリゼ宮(大統領府)に招き、大 …

tokyotower02
円安で訪日外国人客が急増。ただし、国際的に見ると日本への観光客は異常に少ない

 日本政府観光局(JNTO)は5月22日、4月における訪日外国人客数を発表した。 …

bitcoin
ビットコイン消失事件をきっかけに、規制強化の動きが高まっているが・・・

 仮想通貨ビットコインが大量消失した事件に関し、取引所運営会社社長が逮捕されたこ …

abekeizai201311
政府税調が法人税改革の原案を提示。減税先行で財政再建が遅れる可能性も

 政府税制調査会は2014年5月16日、法人税課税の専門委員会において法人税改革 …

nucleayankey
コスト高から原発撤退が相次ぐ米国。簡単に原発からの撤退を決められるのはナゼ?

 米国で原子力発電からの撤退が相次いでいる。理由は安全性への懸念ではなくコスト。 …

businessman
4~6月期GDPは予想通り年率マイナス6.8%と大幅減少。焦点は今後の動向へ

 内閣府は2014年8月13日、2014年4~6月期の国内総生産(GDP)速報値 …