ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

株価暴落と現金退蔵問題にも関わらず、Appleの株主総会が平穏だったワケとは?

 

 大幅な株価の下落と12兆円にも達する現金の保有で市場の関心を集めていた米Appleの株主総会が2月27日、カリフォルニア州で開催された。
 同社のティム・クック最高経営責任者は「株価の下落には私も不満を持っている」と述べ、株価下落に不満を募らせる投資家への配慮をにじませたが、「長期戦略の遂行に全力を傾けている」として、現金還元などの具体策には言及しなかった(本誌記事「アップルが株主への現金還元を検討。日本経済再生のヒントがここにある!」参照)。

 同社に対しては、米国の著名ヘッジファンド「グリーンライトキャピタル」のデビッド・アイホーン氏が「資金を投資家に還元すべき」だとして、株主総会の議案に反対するよう投資家に呼びかけていた。また同氏は一部の議案について訴訟を起こし、勝訴しているため、該当する議案は株主総会で提案されなかった。

 同氏を含めて、現金による還元を求めていた株主からの要求については、Apple側からははっきりとした対応は示されず、今後の製品戦略によって株主価値を高めていくという内容にとどまった。
 ただし、総会自体は大きな波乱もなく終了し、株主は8名の取締役全員を再選した。また市場で噂されている株式分割についても言及はなかった。

 事前の予想と異なり、思いのほかスムーズに株主総会を終えた背景には、投資家層の入れ替わりがあるといわれている。
 同社はこれまで成長銘柄の象徴とされ、積極的な投資家が株を購入してきた。同社の業績は絶好調だが、市場関係者の多くは、これまでのように驚異的な水準で成長する時代は終わったと見ている。今後のAppleは、フツーの「超優良企業」になるというわけだ。
 現在の株価水準は高値から4割近く下落しており、配当利回りは2.5%程度とかなり高くなっている。日本企業でこのレベルの配当と時価総額を維持できる企業は1社もない。すでに高配当安定銘柄のような状況であり、同社に投資する投資家の多くは、急成長よりも安定成長を望んでいる可能性が高い。

 クックCEOは「新分野を検討している」と述べ、既存商品とは異なる新製品を投入する意向を表明した。詳細は明らかにはなっていないが、腕時計型の端末や次世代テレビが計画されているといわれる。新製品の展開がそこそこ順調で、現在の配当を維持することができれば、同社の株価は底堅く推移することになるのかもしれない。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

bussann
三菱商事と三井物産が共に創立以来初の赤字転落。原油安が業績を直撃

 資源安が大手商社の業績を直撃している。三菱商事と三井物産が揃って通期の決算が赤 …

shutoko02
首都高改修の空中権活用。良案だが日本のインフラ問題を根本解決できるわけではない

 政府の経済財政諮問会議において、老朽化した首都高速道路の改修に民間資金を活用す …

kabuka
論点整理。英国のEU離脱が世界経済に与える影響は3段階ある

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票で、離脱派が予想外の勝利を …

no image
為替市場で円高が進行。投資家の注目が「実質金利」に集中したことが要因?

 為替市場で円安が進んでいる。5日には一時、1ドル=109円台を付けるなど、1年 …

sirakawajinin
日銀の白川総裁が任期を残して辞任表明。これ以上の譲歩を避ける狙いか

 日銀の白川総裁は2月5日、安倍首相と官邸で会談し、4月8日の任期を待たず、3月 …

neet
ニートだけの会社が11月設立へ。批判の声は多いが、ガバナンス論に一石の可能性も

 メンバー全員がニートで、株主かつ取締役というまったく新しいコンセプトの会社が1 …

euwhitehouse
TPPも骨抜き?米欧FTAの交渉がいよいよスタート。米欧は妥結にかなり前向き

 米国と欧州の自由貿易協定である米欧FTAに関する第一回の交渉が7月8日、米国ワ …

imf201306
IMFが最新の世界経済見通しを発表。日本は大型公共事業の効果で主要国トップの成長率

 国際通貨基金(IMF)は7月9日、最新の世界経済見通しを発表した。全世界の20 …

bouekitoukei 201407
貿易赤字は25カ月連続だが安定飛行状態に。今後のカギは国内サービス業

 財務省は2014年8月20日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

bananki
本当ならまさに「ヤリ逃げ」。バーナンキ議長続投せずという驚愕報道

 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が、続投しない可能性が出てきた。 …