ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

長野県が長寿1位の本当の理由は何か?大胆な仮説を立ててみると?

 

 厚生労働省は2月28日、都道府県ごとの長寿ランキングである「都道府県別生命表」(2010年)を公表した。男性のトップは長野県で80.88歳で5 回連続の1位、女性でも同県が87.18歳で1位になり、長野の長寿が際立つ結果となった。
 最下位は、男性女性ともに青森で、男性が77.28歳、女性が85.34歳であった。これまで長寿として知られてきた沖縄県は、男性が30位、女性はまだ奮闘しているものの3位と後退した。

 実は長野は1位になっていないだけで、男性は昭和50年代から上位にランクインしている。総合的に見ると沖縄よりも長野の方が長寿県であったといえる。だがなぜ長野が長寿なのかについては、実はよく分かっていない。

 長野は食生活改善運動を進めていてその成果が上がっているから、と説明されることも多いが、その運動がスタートしたのは昭和58年なので、当時からランキングが上位であることを考えると、ちょっと説明がつきにくい。

 長野に特徴的なことは、医療費が少ないという点だ。長野は16年間連続して一人当りの医療費は全国で最小であった。入院件数や入院日数も非常に少ない。同様に、医師数や病床数もみな最下位近くの水準だ。つまりもともと病院が少なく、山岳地帯という地理的要因もあり、めったなことでは病院に行かないということが推察される。

 また長野は、離婚率が低く、高齢者の一人暮らしが少ないという特長もある。訪問看護件数が全国一であることもそれを裏付けている。また長野は、高齢者の就業率や共働きの比率も高いことでも有名だ。一般に就業率が高いと死亡率が高くなる傾向があるが、長野は女性の長寿ランキングは思いのほか低く、女性も男性と同じように労働している状況がうかがえる。

 以上を総合すると、共働きをする、一生働き続ける、病院に行かない、離婚しない、という4つのキーワードが浮かんでくる。元気に働く、離婚しないというのは長寿の秘訣としてイメージしやすいが、病院に行かないことが、長寿につながるのは少し妙な話である。
 病院に行くと、なぜ寿命が縮んでしまうのだろうか?もしかするとそれは、死亡原因ではダントツ1位のガンに関する治療と関係しているかもしれない。

 現在、ガンの治療は手術と抗がん剤によるものが主流となっているが、このうち、手術が不可能な患者や手術後の患者の多くに抗がん剤が投与されている。
 抗がん剤については、これまで全員に同じ基準で薬物を投与する標準治療と呼ばれる手法が用いられてきた。だが最近になって臨床医の中から、一律の投与を行う標準治療はかえって延命の妨げになっているのではないか?との声が上がっており、一部の病院では投与量を柔軟に変化させる措置なども実験的に行われている。

 あくまで仮説だが、病院になかなか行かないという長野の生活様式が、抗がん剤の一律投与の悪影響を低減させている可能性がある。長野のガンでの死亡率は全国でもかなり低い。

 ガンの治療法はともかく、男女ともに死ぬまで働き、夫婦仲良く暮らすことは、長寿の大きな秘訣になっていることだけは間違いないだろう。

 - 社会

  関連記事

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …

motimoto00
おはよう日本の森本アナが痴漢で逮捕。NHK側は事前に情報を入手、周到に準備か?

 NHKは15日、電車内で女性の体を触ったとして同局アナウンサーの森本健成氏が警 …

sumahokodomo
スマホが幼児に悪影響という小児科医会の主張。もっと具体的な情報が欲しい

 全国の小児科医などで作る日本小児科医会は、乳幼児にスマホやタブレットで長時間遊 …

rojinkaigo
認知症JR事故、家族には賠償責任はないとの最高裁判決。ようやく当たり前の社会に

 認知症の高齢者が列車にはねられ、鉄道会社に損害を与えた場合における家族の賠償責 …

cubaclassic car
キューバとの国交正常化で注目される、高級葉巻と米国製クラシックカー

 米国とキューバが国交正常化交渉を開始することになった。経済制裁の解除で各業界に …

linewave
IT各社が相次いで会話型AIの年内投入を表明。情報の流れが大きく変わる可能性も

 IT各社が、話しかけるだけで機器を操作できたり、各種のサービスを受けられる対話 …

ryusigun
中国鉄道省元トップに執行猶予付きの死刑判決。事実上の減刑に国民からは批判の声

 中国最大の利権官庁であり汚職の温床ともいわれてきた鉄道省の元トップに対する汚職 …

no image
薬物に厳しいフランスがとうとう合法化に向けてテストを開始。日本はどうする?

 EU諸国の中でもっとも薬物に対する規制厳しかったフランスで、試験的に薬物の一部 …

monju
高速増殖炉もんじゅの運転再開が困難に。破綻に近づく核燃料サイクル政策

 かつて夢の原子炉と呼ばれ、日本の核燃料サイクル政策の要と位置付けられていた高速 …

hakushokubunri
インバウンド増加なのに稼働率低迷で観光庁が指導?日本旅館の何が問題なのか

 観光庁がインバウンドの増加を目的に、旅館業界に対して食事料金と部屋料金を別立て …