ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

スイスで経営者の高額報酬を制限する国民投票を実施。立役者の主張とは?

 

 企業幹部が受け取る高額報酬の制限をめぐってスイスで国民投票が実施される見込みとなった。

 国民投票を提案したのは、スイスの市議会議員で歯磨き粉事業を手掛けるトリボル社会長のトーマス・ミンダー氏(写真)。
  国民投票の請願書では「高額報酬」を受け取る企業幹部には金融危機を引き起こした責任があると主張し、10万人以上の署名を獲得した。提案が認められれば、企業幹部の報酬に関して毎年株主投票が行われ、多額の報酬支払いが制限される。

 スイスは金融立国で税金が安く、銀行の守秘義務も徹底している。このため、節税を目的にグローバル企業が本社を置くケースが多く、それがスイスの経済を支えてきた。だが最近では税制をめぐって米国などから圧力を受けるケースが増えてきているほか、今回の国民投票のように、国民からも反発の声が大きくなってきている。

 もしスイスで国民投票が成立すれば、多くの企業が国外に本社を移す可能性がある。そもそもスイスに本社を置く理由が税金面のメリットだからだ。
 ブルームバーグ社によると、欧州の高額報酬者上位20のうち少なくとも5人がスイス企業で勤務しており、ほとんどが外国人である。ちなみに製薬大手ロシュのCEOはオーストラリア人、重電大手ABBのCEOは米国人、食品大手ネスレのCEOはベルギー人だ。

 ミンダー氏の主張はフランスやスペインなどでよく見られる単純な反グローバリズム主義にも見える。だが必ずしもそうとはいえない一面もある。ミンダー氏は経営者の報酬は取締役会で決めるべきではなく、本来の決定権者である株主が決めるべきだと主張している。
 グローバル企業はあまりにも巨大になりすぎ、株主の主張が通らなくなっているという実態がある。ミンダー氏の主張は、近年失われてしまった株主による会社の運営という基本的な姿を模索しようという思想でもあるのだ。

 投票日は3月3日で、一部の世論調査では有権者の大半が賛成票を投じる可能性も示唆されているという。

 - 社会, 経済

  関連記事

mof02
財務省が来年度、物価連動債の発行を倍増の予定。財務相は火消しに躍起

 将来的な金利の上昇が予想される中、物価連動債の発行増額が話題となっている。財務 …

watanabejunichi
作家の渡辺淳一氏が死去。和田心臓移植事件からは46年の時が経過した

 ダブル不倫を描いた話題作「失楽園」の著者である作家の渡辺淳一氏が4月30日死去 …

amari
甘利大臣の「賃上げしない企業は恥ずかしい」という発言は、日本経済に何をもたらすか?

 甘利経済財政再生相は10月19日、テレビ番組に出演し「企業収益が上がっているの …

fufubessei
夫婦別姓をめぐる議論。伝統的価値観に対する奇妙な「ねじれ」現象が発生

 最高裁は2015年12月16日、夫婦別姓を認めない民法の規定について「合憲」で …

kinko
金庫バカ売れ!タンス預金増加の兆候は果たして何を意味しているのか?

 マイナス金利をきっかけにタンス預金が増加する兆候が出てきている。もともと日本は …

toshibakessan
東芝が監査法人の適正意見なしで決算発表を強硬。日本市場はとうとうレッドラインを越えた

 経営危機に陥っている東芝は2017年4月11日、2度にわたって延期していた20 …

kokusaishushi201306
貿易赤字だが経常収支黒字の傾向は変わらず。日本は「成熟した債権国」の段階に入った

 財務省は8月8日、6月の国際収支を発表した。最終的な国の儲けを示す経常収支は3 …

abeamari02
内閣府が来年以降の経済成長試算を提出。増税、低成長、物価高のトリプルパンチ?

 内閣府は8月2日に開催された経済財政諮問会議において、2013年度の経済見通し …

merukeru03
最低賃金の導入に揺れるドイツ。最低賃金制度は経済成長の阻害要因なのか?

 最低賃金の導入をめぐってドイツが揺れている。ドイツは一部の職種を除いて最低賃金 …

oushuisitugyouritu
もうここからは下がりようがない?欧州の高い失業率に下げ止まりの兆候

 欧州経済低迷の象徴といわれ、大きな社会問題にもなっているEU各国の失業率に下げ …