ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

スイスで経営者の高額報酬を制限する国民投票を実施。立役者の主張とは?

 

 企業幹部が受け取る高額報酬の制限をめぐってスイスで国民投票が実施される見込みとなった。

 国民投票を提案したのは、スイスの市議会議員で歯磨き粉事業を手掛けるトリボル社会長のトーマス・ミンダー氏(写真)。
  国民投票の請願書では「高額報酬」を受け取る企業幹部には金融危機を引き起こした責任があると主張し、10万人以上の署名を獲得した。提案が認められれば、企業幹部の報酬に関して毎年株主投票が行われ、多額の報酬支払いが制限される。

 スイスは金融立国で税金が安く、銀行の守秘義務も徹底している。このため、節税を目的にグローバル企業が本社を置くケースが多く、それがスイスの経済を支えてきた。だが最近では税制をめぐって米国などから圧力を受けるケースが増えてきているほか、今回の国民投票のように、国民からも反発の声が大きくなってきている。

 もしスイスで国民投票が成立すれば、多くの企業が国外に本社を移す可能性がある。そもそもスイスに本社を置く理由が税金面のメリットだからだ。
 ブルームバーグ社によると、欧州の高額報酬者上位20のうち少なくとも5人がスイス企業で勤務しており、ほとんどが外国人である。ちなみに製薬大手ロシュのCEOはオーストラリア人、重電大手ABBのCEOは米国人、食品大手ネスレのCEOはベルギー人だ。

 ミンダー氏の主張はフランスやスペインなどでよく見られる単純な反グローバリズム主義にも見える。だが必ずしもそうとはいえない一面もある。ミンダー氏は経営者の報酬は取締役会で決めるべきではなく、本来の決定権者である株主が決めるべきだと主張している。
 グローバル企業はあまりにも巨大になりすぎ、株主の主張が通らなくなっているという実態がある。ミンダー氏の主張は、近年失われてしまった株主による会社の運営という基本的な姿を模索しようという思想でもあるのだ。

 投票日は3月3日で、一部の世論調査では有権者の大半が賛成票を投じる可能性も示唆されているという。

 - 社会, 経済

  関連記事

kouyakun
高野山が資産運用に失敗し7億の損失。どのような運用だったのかを探ってみると

 空海(弘法大師)が開山し約1200年の伝統を持つ高野山が資産運用に失敗し、約6 …

hatake
農業の競争力強化を目指す政府系ファンドが開業。実態は衰退する農業への補償金?

 農業の競争力強化を目指す官民ファンド「農林漁業成長産業化支援機構」が1日開業し …

tosho05
野村證券が最長70歳まで定年を延長した背景とは?

 野村証券は、国内営業を担当する正社員の定年を60歳から65歳に延長し、65歳以 …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

abe20140220
政府内部で法人税減税の議論が始まる。問題の本質は課税ベースの拡大にあり

 政府内部で法人減税に関する具体的検討が始まった。経済財政諮問会議2014年2月 …

buffett
著名投資家バフェット氏の書簡から読み解く、彼の自信とその限界

 米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が2012年12月期の最終決算について …

ichimanen
来年度の国債の発行総額は180兆円を突破。国債管理政策は正念場へ

 財務省は2013年12月24日、2014年度の国債発行計画を発表した。国債発行 …

oecdguria
政府の意向を代弁したOECD事務局長。だが主張する内容は極めて客観的

 政府がOECD(経済協力開発機構)を活用した政策のアナウンスに乗りだしている。 …

infure
輸入インフレの足音が聞こえる。政府は必死に企業に賃上げを要請しているが・・・

 円安が進展する中、これまで続いてきたデフレ傾向が一部でプラス転換する傾向が見え …

taburetokyoiku
アップルが米国の学校に5万台のiPadを無償提供する理由はプログラミング言語の普及

 アップルが利用者の裾野を広げる戦略を進めている。9月8日の新型iPhoneの発 …