ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

スイスで経営者の高額報酬を制限する国民投票を実施。立役者の主張とは?

 

 企業幹部が受け取る高額報酬の制限をめぐってスイスで国民投票が実施される見込みとなった。

 国民投票を提案したのは、スイスの市議会議員で歯磨き粉事業を手掛けるトリボル社会長のトーマス・ミンダー氏(写真)。
  国民投票の請願書では「高額報酬」を受け取る企業幹部には金融危機を引き起こした責任があると主張し、10万人以上の署名を獲得した。提案が認められれば、企業幹部の報酬に関して毎年株主投票が行われ、多額の報酬支払いが制限される。

 スイスは金融立国で税金が安く、銀行の守秘義務も徹底している。このため、節税を目的にグローバル企業が本社を置くケースが多く、それがスイスの経済を支えてきた。だが最近では税制をめぐって米国などから圧力を受けるケースが増えてきているほか、今回の国民投票のように、国民からも反発の声が大きくなってきている。

 もしスイスで国民投票が成立すれば、多くの企業が国外に本社を移す可能性がある。そもそもスイスに本社を置く理由が税金面のメリットだからだ。
 ブルームバーグ社によると、欧州の高額報酬者上位20のうち少なくとも5人がスイス企業で勤務しており、ほとんどが外国人である。ちなみに製薬大手ロシュのCEOはオーストラリア人、重電大手ABBのCEOは米国人、食品大手ネスレのCEOはベルギー人だ。

 ミンダー氏の主張はフランスやスペインなどでよく見られる単純な反グローバリズム主義にも見える。だが必ずしもそうとはいえない一面もある。ミンダー氏は経営者の報酬は取締役会で決めるべきではなく、本来の決定権者である株主が決めるべきだと主張している。
 グローバル企業はあまりにも巨大になりすぎ、株主の主張が通らなくなっているという実態がある。ミンダー氏の主張は、近年失われてしまった株主による会社の運営という基本的な姿を模索しようという思想でもあるのだ。

 投票日は3月3日で、一部の世論調査では有権者の大半が賛成票を投じる可能性も示唆されているという。

 - 社会, 経済

  関連記事

tamatsuka
ローソンのトップに玉塚氏が就任。ユニクロでの屈辱をリベンジできるか?

 ローソンは2014年3月24日の取締役会において、玉塚元一最高執行責任者(CO …

asomof
為替介入も辞さずという麻生発言。日本側の動きを束縛してしまった可能性も

 日銀が追加緩和を見送ったことから、為替市場では急激な円高が進んでいる。麻生財務 …

oecd02
OECDの世界経済見通し。日本は好調だが10兆円の景気対策による影響が大きいと指摘

 経済協力開発機構(OECD)は5月29日、2013年の世界経済見通しを発表した …

airasiajapan
エアアジアが合弁解消。日本でLCCがうまくいかない理由とは?

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアとANAホールディングスは、 …

no image
過去最高益。業績絶好調のトヨタが抱える、将来への深い悩み

 トヨタ自動車は2014年5月8日、2014年3月期の決算を発表した。本業のもう …

trumpabe01
日米首脳会談は無難に終了。貿易や為替に関する議論は今後の経済対話に持ち越し

 安倍首相は2017年2月10日、ワシントンのホワイトハウスでトランプ米大統領と …

kokusaishushi201412
円安と直接投資の増加で経常収支が改善。急がれる国内産業構造の転換

 財務省は2015年2月9日、12月の国際収支を発表した。最終的な国の収支を示す …

tpphawai
TPPは最終合意に至らず閉幕。今後の政治日程は極めて厳しい

 環太平パートナーシップ協定(TPP)閣僚会合は2015年7月31日、最終合意に …

monhiru
公的年金の損失5兆円は株価を考えれば妥当だが、本当にリスク運用でいいのか?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年7月2 …

abeseichou02
安倍首相が成長戦略第2弾を発表。規制緩和を掲げるも消極的な印象。焦点は特区構想へ

 安倍首相は5月17日、都内で講演し企業の設備投資を年間70兆円台に回復させるこ …