ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

武器輸出三原則の緩和に踏み切らせた、日米防衛産業の苦しい経営事情

 

 政府は航空自衛隊の次期主力戦闘機F35について、武器輸出三原則の例外扱いとし、日本企業の部品製造への参加を認める。菅義偉官房長官が3月1日の記者会見で談話を発表した。

 F35は米ロッキード・マーティン社が開発しているステルス戦闘機。通常の戦闘機としてだけではなく、短距離着陸機としての機能や艦載機としての機能も装備することができ、空軍、海兵隊、海軍など複数の軍での採用が予定されている多目的機だ。

 低価格で高性能がウリだったF35だが、その開発は予想外に難航した。当初の開発予算を大幅に超過しており、米側は日本の大量購入に期待を寄せている。日本側にとっては、調達価格は上がるものの、その代わりに部品製造やメンテナンス業務への日本企業の関与など、付随する交渉がやりやすい環境となっている。

 ただこれまでの日本は、武器輸出三原則を掲げ武器の国外移転を厳しくて制限してきた。今回、部品の供給を実施すれば、事実上武器輸出三原則を骨抜きにすることにもなりなねないことから、政府内部でも慎重意見が相次いでいた。談話では「わが国の防衛生産および技術基盤の維持・育成・高度化に資する」としており、国内企業を育成する意義を強調することで理解を求める方針だ。

 技術基盤の維持・育成・高度化という点については、その通りなのだが、事態はもう少し切迫しているというのが実情だ。
 三菱重工などの防衛産業は、実は現在、軍用機の受注がほとんどゼロの状態にある。防衛省は従来の主力戦闘機の一つであるF2戦闘機の調達をすでに終了しており、次の戦闘機の開発計画が進んでいないからだ。この状態が長期化すると、同社は戦闘機の生産を継続できなくなり、国内メーカーが軍用機を作れないという状況に陥る。
 防衛省としては国内に航空機を製造できるメーカーがいなくなる事態は何としても避けたい。苦肉の策として浮上したのが、F35の部品製造とメンテナンスの請け負いである。

 米国は現在、過去最大規模の軍事費削減の真っ最中。米国の防衛産業は他国に兵器を売らないと現在の収益を維持することができない。今回の武器輸出三原則緩和の動きの背景には、もはや斜陽産業となってしまった、日米防衛産業の懐事情が横たわっている。

 - 政治

  関連記事

amiteji
アーミテージ氏とナイ氏が必死に営業活動。だが中国ではケンモホロロの対応

 かつて米国の対日政策のキーマンであったリチャード・アーミテージ元米国務副長官と …

runesasu002
従業員はゴミ?母体3社と産業革新機構でルネサス従業員を押し付け合い

 半導体大手ルネサスエレクトロニクスの経営再建をめぐって、外資ファンドを押しのけ …

nobelprize
批判などどこ吹く風。臆面もなくEUにノーベル平和賞を贈る北欧人のしたたかさ

 ノーベル平和賞の授賞式が10日、ノルウェーの首都オスロの市庁舎で開かれた。今年 …

hoppouryoudo
森元首相がプーチン大統領と会談。北方領土問題における「引き分け」の真意とは?

 森喜朗元首相は21日、安倍首相の特使としてロシアを訪問しプーチン大統領と会談し …

casino
カジノ解禁をめぐって依存症の問題が急浮上。だが本質はそこではない

 現在、政府内部で検討が進むカジノ解禁をめぐって、ギャンブル依存症に関する話題が …

abe20141118
志が低すぎ?与党が衆院選の勝敗ラインをめぐって混乱

 衆院選の勝敗ラインをめぐる与党内での意見の食い違いが表面化している。過半数を勝 …

saka
竹中氏の天敵、日本郵政の坂社長が政府与党からの批判を受け半年で退任

 日本郵政の坂篤郎社長が退任する見通しになったと各紙が報じている。坂社長は昨年1 …

lagard
IMFのラガルド専務理事が仏当局から家宅捜索と事情聴取。またもや権力闘争か?

 IMF(国際通貨基金)のラガルド専務理事がフランスの司法当局から、フランス経済 …

kurodashirakawa
黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそ …

nttkoshudenwa
ドコモがセット割り参入を総会で表明。民営化から30年、NTTをめぐる環境は変わった

 NTTドコモの加藤薫社長は2014年6月19日、定時株主総会で、NTT本体との …