ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

武器輸出三原則の緩和に踏み切らせた、日米防衛産業の苦しい経営事情

 

 政府は航空自衛隊の次期主力戦闘機F35について、武器輸出三原則の例外扱いとし、日本企業の部品製造への参加を認める。菅義偉官房長官が3月1日の記者会見で談話を発表した。

 F35は米ロッキード・マーティン社が開発しているステルス戦闘機。通常の戦闘機としてだけではなく、短距離着陸機としての機能や艦載機としての機能も装備することができ、空軍、海兵隊、海軍など複数の軍での採用が予定されている多目的機だ。

 低価格で高性能がウリだったF35だが、その開発は予想外に難航した。当初の開発予算を大幅に超過しており、米側は日本の大量購入に期待を寄せている。日本側にとっては、調達価格は上がるものの、その代わりに部品製造やメンテナンス業務への日本企業の関与など、付随する交渉がやりやすい環境となっている。

 ただこれまでの日本は、武器輸出三原則を掲げ武器の国外移転を厳しくて制限してきた。今回、部品の供給を実施すれば、事実上武器輸出三原則を骨抜きにすることにもなりなねないことから、政府内部でも慎重意見が相次いでいた。談話では「わが国の防衛生産および技術基盤の維持・育成・高度化に資する」としており、国内企業を育成する意義を強調することで理解を求める方針だ。

 技術基盤の維持・育成・高度化という点については、その通りなのだが、事態はもう少し切迫しているというのが実情だ。
 三菱重工などの防衛産業は、実は現在、軍用機の受注がほとんどゼロの状態にある。防衛省は従来の主力戦闘機の一つであるF2戦闘機の調達をすでに終了しており、次の戦闘機の開発計画が進んでいないからだ。この状態が長期化すると、同社は戦闘機の生産を継続できなくなり、国内メーカーが軍用機を作れないという状況に陥る。
 防衛省としては国内に航空機を製造できるメーカーがいなくなる事態は何としても避けたい。苦肉の策として浮上したのが、F35の部品製造とメンテナンスの請け負いである。

 米国は現在、過去最大規模の軍事費削減の真っ最中。米国の防衛産業は他国に兵器を売らないと現在の収益を維持することができない。今回の武器輸出三原則緩和の動きの背景には、もはや斜陽産業となってしまった、日米防衛産業の懐事情が横たわっている。

 - 政治

  関連記事

shukinpei06
中国で習近平国家主席への権力集中が進む。安定化なのか政情不安なのか?

 中国共産党指導部で、習近平国家主席への権力集中が進んでいる。習政権の権力基盤は …

sheruidemitu
経産省の主導の「上から」の再編にノー。出光創業家が昭和シェルとの合併に反旗

 石油元売り大手である出光興産の創業家は2016年6月28日、同社の株主総会にお …

koushinpari
仏連続テロに抗議する大規模行進に米国不参加。オバマ政権の外交方針が際立つ

 フランスで発生したイスラム過激派テロに抗議する大規模行進が2015年1月11日 …

hatoyama
鳩山元首相が訪中。中国による分断作戦か日本政府への隠れたラブコールか?

 今回の衆院選をきっかけに政界を引退した鳩山元首相が中国の招きで訪中することが明 …

kakunenryouyuso
プルトニウムがとうとう米国へ返還。日本をとりまく国際情勢は変化している

 日米間の合意によって、日本が米国に返還することが決定していた研究用プルトニウム …

keizaizaiseisimon201410
政府がとうとう7~9月期GDPの弱含みについてアナウンスを開始?

 10%消費増税の判断材料となる7~9月期のGDP(国内総生産)について、数値が …

no image
深刻化する欧州の失業率。その中にあってオーストリアに失業者がいないワケとは?

 欧州の雇用がさらに深刻な状況になっている。フランス政府は27日、完全失業者が1 …

zangyou
働き方改革で政府が残業時間規制を検討。結局はサービス残業増えるだけ?

 政府は長時間残業を是正するため、労働基準法を見直し、一定以上の残業を規制する検 …

koyouchingin
雇用環境は改善しているのに、生活実感は悪化。続く需給のミスマッチ

 雇用と生活環境のミスマッチが拡大している。求人倍率が増加し失業率は過去最低水準 …

super02
家計の消費支出は3カ月連続でマイナス。安倍政権は10%増税をどう判断するのか?

 総務省は2014年7月29日、6月の家計調査を発表した。2人以上の世帯の消費支 …