ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

西宮伸一中国大使が、渋谷の路上で倒れ病院に搬送。時期が時期だけに様々な憶測が

 

 13日午前8時45分頃、中国大使に就任したばかりの外務省の西宮伸一駐氏(60)が渋谷区松濤の自宅近くの路上で倒れて意識不明となり、都内の病院に救急搬送された。
 警視庁渋谷署によると、病気が原因で事件性はないという。西宮氏は、民間出身で事実上更迭された丹羽宇一郎氏の後任として中国大使に就任したばかり。10月に赴任する予定で準備を進めていた。

 西宮氏はいわゆるチャイナスクールではなく、外務省主流の北米畑。中国側にとって好ましい人物ではないことから、西宮氏の事故についてネットを中心にさまざまな噂が流れている。

 真偽のほどは知るすべもないし、この際どうでもよい。ただ、我々日本人が知っておくベキなのは、憶測が生まれる土壌そのものが、諜報活動の成果であるという点だ。

 巷の噂レベルの話だが、米国の意向に背いた政治家や官僚は米国から狙われるという。その文脈でいけば、田中角栄元首相は米国の怒りを買い、ロッキード事件を仕立て上げられたということになる。

 重要なのは、それが事実がどうかよりも、そのような噂が存在し、それを信じている人が一定数存在していることである。
 米国が実際に対日諜報活動を活発に行っているのだとすると、そのような噂話を意図的に流布している可能性は極めて高い。
 噂を流すのは、もっともリスクが少なく安上がりなインテリジェンス手法である。実際に手を下すというのはリスクが高すぎて、割に合わないことが多いのだ。

 実際、米国に関する噂は十分に機能している。
  かつて田中真紀子外務大臣がヒステリーを起こして米国のアーミテージ国務副長官との会談をドタキャンした事件があったが、その時の日本政府関係者の狼狽ぶりはハンパなものではなかった。少なくとも米国を怒らせると相当な痛手を蒙ると多くの人が思っていたことは間違いない。

 また85年のプラザ合意(日本からは大蔵大臣の(当時)竹下登氏が交渉に参加)において米国のベーカー財務長官は、竹下氏が、米国が望む以上の譲歩案を米国側が何も言わないのに次々と繰り出してくることに、目を丸くして驚いたという。
 竹下氏は田中氏に関する噂を信じており、米国を満足させなければ失脚させられると考えていたフシがある。

 もしこれらが米国の情報操作の結果であるとしたなら、これほどコストパフォーマンスの高い諜報活動は他にないであろう。勝手にビビッて、米国が望むように行動してくれるのである。

 もし米国がそうなら、中国の公安部や人民解放軍が同様のインテリジェンス活動を行っていないわけがない。

 最近では中国の次期最高指導者の習近平氏が公の場に姿を見せず、さまざまな憶測を呼んでいた。情報のコントロールは最大の諜報活動であることを頭に入れ、何事にも冷静に対処したい。

 - 政治, 社会

  関連記事

monju
政府が「もんじゅ」見直し検討。核燃料サイクルに関する国民的議論が必要な時期

 日本の核燃料サイクルの中核となる高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が計画の見 …

no image
中国政府が日本国債を売却してきたら、市場はどうなるか?

 尖閣諸島問題で日中関係が険悪化する中、中国政府が保有する日本国債に注目が集まっ …

saitamaken
埼玉県がいじめ情報収集サイトを開設。完全に問題をすり替えた愚策。

 埼玉県教育局は、学校でのいじめを見聞きした児童生徒がその情報を提供するための携 …

harumitoriton
甘利氏辞任ではからずも注目されてしまった、政府最後の聖域「UR」という大問題

 甘利経財相は2016年1月28日、記者会見を開き、自らの金銭問題に対する責任を …

kinrijosho
政府が金利上昇対策に本腰。国債発行総額の抑制と超長期債へのシフトが進む

 政府が金利上昇に備えた動きを加速させている。財務省は2015年1月14日、20 …

kurumakonyu
若者の7割がクルマを買いたくない。価格が上昇してしまった理由は日本経済の低迷

 日本自動車工業界は2016年4月8日、2015年度の乗用車市場動向調査の結果を …

bishonbu
通貨マフィアのディナー?教科書にも載っていない量的緩和策が突然メジゃーになったワケ

 国際決済銀行(BIS)本部で開かれる各国の中央銀行総裁による非公式の夕食会が、 …

no image
日本人がノーベル医学生理学賞を受賞。日本の研究開発予算が貧弱という話は本当か?

 山中伸弥・京都大教授(50)がノーベル医学生理学賞を受賞した。人工多能性幹細胞 …

hoikuen
都が子どもの声を騒音条例から除外との報道。正論だが手続きに問題はないのか?

 このところ保育園などにおける子供の声をめぐる議論が活発になっているが、東京都は …

inrakku02
タイのインラック首相がとうとう失職。7月の総選挙に向けて混迷の度合いが深まる

 タイの政局がますます混迷の度合いを深めてきた。タイの憲法裁判所はインラック首相 …