ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

西宮伸一中国大使が、渋谷の路上で倒れ病院に搬送。時期が時期だけに様々な憶測が

 

 13日午前8時45分頃、中国大使に就任したばかりの外務省の西宮伸一駐氏(60)が渋谷区松濤の自宅近くの路上で倒れて意識不明となり、都内の病院に救急搬送された。
 警視庁渋谷署によると、病気が原因で事件性はないという。西宮氏は、民間出身で事実上更迭された丹羽宇一郎氏の後任として中国大使に就任したばかり。10月に赴任する予定で準備を進めていた。

 西宮氏はいわゆるチャイナスクールではなく、外務省主流の北米畑。中国側にとって好ましい人物ではないことから、西宮氏の事故についてネットを中心にさまざまな噂が流れている。

 真偽のほどは知るすべもないし、この際どうでもよい。ただ、我々日本人が知っておくベキなのは、憶測が生まれる土壌そのものが、諜報活動の成果であるという点だ。

 巷の噂レベルの話だが、米国の意向に背いた政治家や官僚は米国から狙われるという。その文脈でいけば、田中角栄元首相は米国の怒りを買い、ロッキード事件を仕立て上げられたということになる。

 重要なのは、それが事実がどうかよりも、そのような噂が存在し、それを信じている人が一定数存在していることである。
 米国が実際に対日諜報活動を活発に行っているのだとすると、そのような噂話を意図的に流布している可能性は極めて高い。
 噂を流すのは、もっともリスクが少なく安上がりなインテリジェンス手法である。実際に手を下すというのはリスクが高すぎて、割に合わないことが多いのだ。

 実際、米国に関する噂は十分に機能している。
  かつて田中真紀子外務大臣がヒステリーを起こして米国のアーミテージ国務副長官との会談をドタキャンした事件があったが、その時の日本政府関係者の狼狽ぶりはハンパなものではなかった。少なくとも米国を怒らせると相当な痛手を蒙ると多くの人が思っていたことは間違いない。

 また85年のプラザ合意(日本からは大蔵大臣の(当時)竹下登氏が交渉に参加)において米国のベーカー財務長官は、竹下氏が、米国が望む以上の譲歩案を米国側が何も言わないのに次々と繰り出してくることに、目を丸くして驚いたという。
 竹下氏は田中氏に関する噂を信じており、米国を満足させなければ失脚させられると考えていたフシがある。

 もしこれらが米国の情報操作の結果であるとしたなら、これほどコストパフォーマンスの高い諜報活動は他にないであろう。勝手にビビッて、米国が望むように行動してくれるのである。

 もし米国がそうなら、中国の公安部や人民解放軍が同様のインテリジェンス活動を行っていないわけがない。

 最近では中国の次期最高指導者の習近平氏が公の場に姿を見せず、さまざまな憶測を呼んでいた。情報のコントロールは最大の諜報活動であることを頭に入れ、何事にも冷静に対処したい。

 - 政治, 社会

  関連記事

kinokuguo
注目を浴びるトリウム原子炉。だが足元では関連プロジェクトが後退している

 現在の主流となっているウランを使った軽水炉に代わって、トリウムを使った原子炉を …

patten
香港最後の総督パッテン氏が、香港民主化をめぐり中国政府と英国政府を批判

 英国統治時代における最後の香港総督として世界的に有名な英国のクリストファー・パ …

wine02
貿易戦争?中国がEUの関税措置に対する報復として、欧州産ワインを標的に

 中国商務省は6月5日、欧州産ワインが中国で不当に安く売られているという業界から …

kyuryo
経団連がベア容認に方向転換。安倍政権との関係改善を優先か?

 大企業を中心にベースアップを容認する動きが顕著になってきた。基本的には安倍政権 …

paristero
パリの新聞社襲撃事件。実行犯はかなり訓練されたテロリストの可能性大

 パリ市内でイスラム教を風刺したイラストを掲載した新聞社をテロリストが襲撃すると …

jfk
ケネディ元大統領の暗殺から50年。米国は人種問題を本当に克服したか?

 ケネディ元大統領が暗殺されてから11月22日で50年となる。米国ではオバマ大統 …

abeyosaniinkai201402
安倍政権が集団的自衛権行使の議論を再開。一部からは遅きに失したとの声も

 安倍政権が集団的自衛権の行使容認に向けて再び動き始めた。2014年2月5日、参 …

cop20a
京都議定書に変わる新しい枠組みを議論するCOP20。米中欧主導で日本は不利に?

 地球温暖化対策に関する国連の会議「COP20」が、南米ペルーで12月2日から開 …

monka
発達障害に関する文部科学省の調査。なぜか被災地域は調査対象から除外

 文部科学省は5日、全国の小中学校に通う児童生徒のうち、人とコミュニケーションが …

narogo01
羅老号が再度打ち上げ中止。日本に40年遅れる韓国の技術でロケット打ち上げは無理?

 トラブルが相次ぎ打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老( …