ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

西宮伸一中国大使が、渋谷の路上で倒れ病院に搬送。時期が時期だけに様々な憶測が

 

 13日午前8時45分頃、中国大使に就任したばかりの外務省の西宮伸一駐氏(60)が渋谷区松濤の自宅近くの路上で倒れて意識不明となり、都内の病院に救急搬送された。
 警視庁渋谷署によると、病気が原因で事件性はないという。西宮氏は、民間出身で事実上更迭された丹羽宇一郎氏の後任として中国大使に就任したばかり。10月に赴任する予定で準備を進めていた。

 西宮氏はいわゆるチャイナスクールではなく、外務省主流の北米畑。中国側にとって好ましい人物ではないことから、西宮氏の事故についてネットを中心にさまざまな噂が流れている。

 真偽のほどは知るすべもないし、この際どうでもよい。ただ、我々日本人が知っておくベキなのは、憶測が生まれる土壌そのものが、諜報活動の成果であるという点だ。

 巷の噂レベルの話だが、米国の意向に背いた政治家や官僚は米国から狙われるという。その文脈でいけば、田中角栄元首相は米国の怒りを買い、ロッキード事件を仕立て上げられたということになる。

 重要なのは、それが事実がどうかよりも、そのような噂が存在し、それを信じている人が一定数存在していることである。
 米国が実際に対日諜報活動を活発に行っているのだとすると、そのような噂話を意図的に流布している可能性は極めて高い。
 噂を流すのは、もっともリスクが少なく安上がりなインテリジェンス手法である。実際に手を下すというのはリスクが高すぎて、割に合わないことが多いのだ。

 実際、米国に関する噂は十分に機能している。
  かつて田中真紀子外務大臣がヒステリーを起こして米国のアーミテージ国務副長官との会談をドタキャンした事件があったが、その時の日本政府関係者の狼狽ぶりはハンパなものではなかった。少なくとも米国を怒らせると相当な痛手を蒙ると多くの人が思っていたことは間違いない。

 また85年のプラザ合意(日本からは大蔵大臣の(当時)竹下登氏が交渉に参加)において米国のベーカー財務長官は、竹下氏が、米国が望む以上の譲歩案を米国側が何も言わないのに次々と繰り出してくることに、目を丸くして驚いたという。
 竹下氏は田中氏に関する噂を信じており、米国を満足させなければ失脚させられると考えていたフシがある。

 もしこれらが米国の情報操作の結果であるとしたなら、これほどコストパフォーマンスの高い諜報活動は他にないであろう。勝手にビビッて、米国が望むように行動してくれるのである。

 もし米国がそうなら、中国の公安部や人民解放軍が同様のインテリジェンス活動を行っていないわけがない。

 最近では中国の次期最高指導者の習近平氏が公の場に姿を見せず、さまざまな憶測を呼んでいた。情報のコントロールは最大の諜報活動であることを頭に入れ、何事にも冷静に対処したい。

 - 政治, 社会

  関連記事

sumahobunkai
東京五輪で廃スマホから金メダルを作るプランが浮上。資源再利用都市をアピール

 東京オリンピックで選手に授与されるメダルをスマホから作るというプランが浮上して …

zenjindai201401
中国政府が香港包囲網を強化。全人代で香港自治という表現が消滅

 中国政府による香港への包囲網が強化されている。現在開催中の全人代(全国人民代表 …

berurusukoni
イタリアの暴れん坊ベルルスコーニ元首相が「欧州危機はドイツの陰謀」と絶叫!

 「イタリアの暴れん坊」「イタリアの種馬」といった異名を持つベルルスコーニ元首相 …

tokyofukei001
政府が対日投資拡大を議論する有識者会議をスタート。最大の課題は?

 政府は2014年2月27日、海外から国内への直接投資を拡大させるための具体策を …

doller
米国の債務上限問題。1兆円コイン発行という奇策は財務省が否定

 新年に入りオバマ大統領と議会共和党の攻防が再び激しくなっている。昨年末、財政の …

jitensha
自転車の輸入業者に1億8900万円の賠償判決。そこからある光景を邪推すると?

 自転車の欠陥が原因で転倒し重傷を負ったとして、茨城県の男性らが自転車の輸入業者 …

top1zentai
トップ1%が全世界の富の半分を独占との調査結果。日本はどうなのか?

 貧困の撲滅活動などを行っている国際NGO「オックスファム」は2015年1月19 …

no image
日本の英語力は世界22番目でラテン諸国と同レベル。モノ作り大国ゲルマンとの差が際立つ

 教育大手EF Education First社が発表している2012年の世界英 …

bbcclass
英国で新しい「階級」区分が話題に。だがその内容は少々脱力系

 現代でも階級制度が色濃く残る英国において、新しい「階級」区分がちょっとした話題 …

hinomaru
内閣府調査の意外な結果。「愛国心が強い」という人の割合はなぜ急低下した?

 内閣府は2014年3月24日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。愛国心 …