ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

歴史は繰り返す!皇太子さまへの退位要求と転落の昭和史の類似性

 

 月刊誌新潮45に掲載された皇太子さまに退位を迫る論文が波紋を呼んでいる。論文を執筆したのは、皇室典範に関する有識者会議のメンバーでもあった宗教学者の山折哲雄氏。「このまま雅子さまが皇太子妃としての役目を果たせないのなら、ご退位もやむを得ないのでは」と退位を促す内容となっている。

 近年、皇太子さまが十分に公務に専念できない状況が続いていることや、皇太子さまご一家に男子の皇族がいないことなどから、皇太子さまの皇位継承に関する議論が目立つようになってきた。
 議論の内容の是非はともかくとして、皇位継承に関するこのような議論が出てくることは、日本が方向性を失い、転落への道を歩み始めていることを暗示しているのかもしれない。少なくとも昭和の歴史はそれを物語っている。

 亡くなった昭和天皇には秩父宮殿下という1歳違いの弟がいた。昭和天皇は学究肌で寡黙だったのに対して秩父宮殿下はスポーツマンで闊達な雰囲気を持っていた(秩父宮ラグビー場はスポーツ好きの殿下にちなんで命名された)。このため、秩父宮の国民からの人気は高かった。
 そんな秩父宮の存在が皇室を揺るがす大事件のきっかけとなったのは昭和11年(1936年)に発生した2.26事件である。クーデターの首謀者であった反乱将校やそれを画策する高級幹部の一部が秩父宮を天皇に擁立しようとしたといわれている。クーデターは鎮圧されたため、この事件の真相は結局謎に包まれたままだ。

 しかも2.26事件で暗殺されたのは、現在のアベノミクスの原型ともいえる財政政策の責任者であった高橋是清元首相である。昭和恐慌によるデフレが極限に達し、日本は高橋是清の提唱するインフレ政策と公共投資によって何とか沈没を免れた。だがインフレの進行(日銀直接引き受けによる国債の乱発)で国民の生活は苦しくなり、日米関係、日中関係の悪化で日本は国際的にも追い詰められていた。

 2.26事件の発生と秩父宮擁立劇は、日本企業の弱体化、グローバルスタンダードへの反発、インフレ、外交上の孤立という、4重苦の中で発生した出来事である。強いイメージのある秩父宮を擁立することで、精神的な支えにしたいという潜在意識が働いていたと考えられる。
 当時の状況は、企業の国際競争力を失い、外交的にも孤立している現在の日本とあまりにも酷似している。結局、秩父宮擁立構想は歴史のifとなったが、2.26事件をきっかけに日本は一気に転落し、日中戦争、さらには太平洋戦争へと突き進んだ。しかも不気味なことに、昭和恐慌と前後して関東大震災も起こっているのだ。
 
 皇太子さまにたいする退位の要求が、現在の日本の国力低下や外交的な孤立状態に対して、何か精神的なものにすがりたいという日本国民の潜在意識から来るものなのだとしたら、それは非常に憂慮すべきことである。

 - 政治, 社会, 経済

  関連記事

abetoben
アリバイ作り?増税論への牽制?消費増税に関する有識者ヒアリングを8月に集中開催

 内閣府は8月20日、消費税引き上げの影響について有識者からヒアリングする会合を …

abeyosaninkai201402
首相が公的年金の運用を多様化する方針を表明。具体的な投資対象は未確定

 安倍首相は2014年2月24日の衆院予算委員会で、公的年金の運用方針を見直す考 …

no image
想定外のウォン高進行で、韓国経済が総崩になる兆候。

 これまで好調に推移してきた韓国経済が総崩れになる可能性が出てきた。原因は急速に …

narogo01
羅老号が再度打ち上げ中止。日本に40年遅れる韓国の技術でロケット打ち上げは無理?

 トラブルが相次ぎ打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老( …

putin03
ロシアが旧ソ連崩壊以後、最大規模の軍事演習。日本と中国がその背景に

 ロシア軍は、シベリアおよび極東地域において延べ16万人が参加する大規模な軍事演 …

obamaegypt
エジプトで軍主導の暫定政権がスタート。背後に控える米国の動向が今後のカギに

 混乱が続くエジプトで、軍部はモルシ大統領を解任、7月4日にはマンスール最高憲法 …

iryouseido
安倍首相が混合診療の法案提出に言及。背景にあるのは深刻な医療財政

  安倍首相は、公的保険が適用される診療と適用されない診療を併用する「混合診療」 …

shukinpei
(速報)中国共産党が次期指導部を選出。太子党大勝利。胡錦濤グループは危機的状況

 中国共産党大会が昨日14日、全日程を終えて閉幕したが、注目されていた次期最高指 …

j31
中国が軍需企業の上場コングロマリット化を計画。中核5社の素顔とは

 中国が軍の近代化を急ピッチで進めている。今月1日、中国は次世代ステルス戦闘機「 …

aseandefensemtng
ASEAN国防相会議で中国との衝突回避策が合意。アジア地域の米中主導色強まる

 東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国と日米中の国防相が参加する、ASEAN拡 …