ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

市場の期待インフレ率が急上昇だが金利は急降下。これは何を意味しているか?

 

 市場の期待インフレ率が上昇している。昨年は0.7%程度で推移していたが、1月に日銀が2%の物価目標を打ち出して以降、1%超えが続いている。アベノミクスによる効果が市場にも反映されてきた可能性がある。

 期待インフレ率は、物価連動債と普通国債の利回りの差のこと。これを見れば市場がどの程度、インフレを期待しているのかが分かる。アベノミクスがスタートして以降、この数値が上昇していることから、安倍政権のインフレ政策が効果を発揮していると解釈できるというわけだ。

 だが素直に喜べるかという必ずしもそうではない。この期待インフレ率は物価連動債と普通国債の利回り差を示したものに過ぎず、あくまで相対値だからだ。
 安倍政権成立後、 日本の長期金利は一時0.7%から0.84%近くまで急上昇した。だがその後、国債は逆に買い進まれ、その後0.65%まで低下し、市場最低水準を更新してしまった。つまり名目金利は低下が続いているが、その中でインフレ期待だけが進んでいることになる。

 長期金利は最終的には、その国の潜在成長率を表わしている。素直に解釈すれば、日本は経済成長しないが、物価だけは上がると市場は見ていることになる。
 このことは期待インフレ率の過去の推移を見ても分かる。期待インフレ率は、日本のデフレ経済を反映して長期間マイナスが続いていたが、それが0.7%程度の水準まで急上昇するきっかけになったのは、消費税導入を政府が決定したことであった。この間、長期金利は一貫して下落を続けている。

 つまり期待インフレ率の数値は、これまでのところ、日本の経済停滞と物価の上昇を予想してきたことになる。この状態をわかりやすい用語でいえばスタグフレーションだ。
 もちろん、物価連動債の最近の動きは、将来の名目金利上昇の動きを先取りしていると解釈することもできる。本当にそうなのかを見極めるためには、もうしばらく時間がかかるだろう。政策的には潜在成長率の上昇が何より重要である。アベノミクスがうまく機能するのかどうかは、最終的には長戦略にかかっているのだ。

 - 経済

  関連記事

orando04
中国叩きの一方で大統領自ら投資を呼び込み。フランスのちぐはぐな対応はまるで日本?

 フランスのオランド大統領は中国の実業家グループをエリゼ宮(大統領府)に招き、大 …

googlehead
グーグルの決算が過去最高。単価下落でネットは再び消耗戦の時代へ突入

 米グーグルの持ち株会社であるアルファベットは2016年2月1日、2015年10 …

oyako
アップルがFBに続いて卵子凍結費用を補助。女性社員引き止めに手段を選ばず

 米アップルは、優秀な女性人材を確保するため、希望する女性社員に対して卵子凍結費 …

nyse
ダウ平均株価の銘柄が久々に大型入れ替え。米国の産業構造は今後どうなる?

 米S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズは9月10日、ダウ工業株30種(いわゆ …

singapol
習近平氏はシンガポール型経済システムに着目。だが実現は絶望的?

 新しく中国共産党総書記に就任した習近平氏が、問題山積の中国の現状に対してどのよ …

amazondrone
米国が無人機の商用利用ルールの原案を提示。本格普及に向けて動き出す

 米当局がとうとう無人機(ドローン)の商用利用に向けて本格的に動き始めた。実際に …

yunikuroginza
ユニクロは客単価の上昇路線を貫徹できるのか?

 「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは2015年9月2日、8月の販売動 …

imf201501
IMFが2015年の世界経済見通しを発表。米国だけが大幅上方修正

 IMF(国際通貨基金)は2015年1月20日、世界経済見通しを発表した。201 …

kokusaishushi201401
1月の経常収支は予想通り大幅赤字。アベノミクスに徐々に変化の兆し

 財務省は2014年3月10日、2014年1月の国際収支を発表した。最終的な国の …

trumporder
トランプ大統領がとうとう日本の為替政策を批判。市場はショックもある意味では想定内

 トランプ米大統領がとうとう日本の為替政策について批判を展開した。これまでの発言 …