ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

市場の期待インフレ率が急上昇だが金利は急降下。これは何を意味しているか?

 

 市場の期待インフレ率が上昇している。昨年は0.7%程度で推移していたが、1月に日銀が2%の物価目標を打ち出して以降、1%超えが続いている。アベノミクスによる効果が市場にも反映されてきた可能性がある。

 期待インフレ率は、物価連動債と普通国債の利回りの差のこと。これを見れば市場がどの程度、インフレを期待しているのかが分かる。アベノミクスがスタートして以降、この数値が上昇していることから、安倍政権のインフレ政策が効果を発揮していると解釈できるというわけだ。

 だが素直に喜べるかという必ずしもそうではない。この期待インフレ率は物価連動債と普通国債の利回り差を示したものに過ぎず、あくまで相対値だからだ。
 安倍政権成立後、 日本の長期金利は一時0.7%から0.84%近くまで急上昇した。だがその後、国債は逆に買い進まれ、その後0.65%まで低下し、市場最低水準を更新してしまった。つまり名目金利は低下が続いているが、その中でインフレ期待だけが進んでいることになる。

 長期金利は最終的には、その国の潜在成長率を表わしている。素直に解釈すれば、日本は経済成長しないが、物価だけは上がると市場は見ていることになる。
 このことは期待インフレ率の過去の推移を見ても分かる。期待インフレ率は、日本のデフレ経済を反映して長期間マイナスが続いていたが、それが0.7%程度の水準まで急上昇するきっかけになったのは、消費税導入を政府が決定したことであった。この間、長期金利は一貫して下落を続けている。

 つまり期待インフレ率の数値は、これまでのところ、日本の経済停滞と物価の上昇を予想してきたことになる。この状態をわかりやすい用語でいえばスタグフレーションだ。
 もちろん、物価連動債の最近の動きは、将来の名目金利上昇の動きを先取りしていると解釈することもできる。本当にそうなのかを見極めるためには、もうしばらく時間がかかるだろう。政策的には潜在成長率の上昇が何より重要である。アベノミクスがうまく機能するのかどうかは、最終的には長戦略にかかっているのだ。

 - 経済

  関連記事

softbankson02
ソフトバンク後継者のアローラ氏が私財を投じて同社株600億円分取得へ

 ソフトバンクグループは2015年8月19日、孫正義社長の後継者であるニケシュ・ …

factory01
製造業の就業者が減少との調査結果。だが減っているのは製造業だけではない

 総務省は2月1日、2012年12月分の労働力調査の結果を発表した。それによると …

tenanmon
中国のPMIが低下するも、当局はハードランディング覚悟で対策は取らず

 中国国家統計局は7月1日、6月の製造業購買担当者景気指数(PMI)を発表した。 …

shouhishakinyu
上限金利を元に戻す案を検討開始との報道。結局議論は振り出しに?

 貸金業者における上限金利を以前の29.2%に戻す案が与党内で検討されているとい …

kinkakaku
金価格が急落。ドルの復権で金は再び表舞台から姿を消す運命なのか?

 これまで長期にわたって上昇が続いてきた金相場が変調している。15日のニューヨー …

tokyofukei001
日本人はもっとも市場メカニズムを信用していないが、富の再配分にも否定的

 日本人は先進国の中でもっとも市場メカニズムを信頼していないことが、米調査機関に …

graph
金融機関が金利上昇に備えを開始。だが水面下ではもっと深刻な事態が進行中

 アベノミクスによる円安が進展したことで、金利上昇の可能性が現実化してきた。実際 …

american
アメリカン航空の座席トラブル。人為的なものである可能性が高まる?

 アメリカン航空で座席が外れる事故が相次いでいるが、アメリカン航空が機体の緊急点 …

linederima
LINEが料理の出前サービスに参入。これからは家で食べるのが主流に?

 LINEが飲食店のデリバリーサービスに参入した。外資系のウーバーイーツや楽天が …

setsubitousi
4~6月期における企業の利益は大幅増。今後は円高とエネルギー価格の綱引きに

 財務省は2014年9月1日、4~6月期の法人企業統計を発表した。全産業(金融・ …