ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

市場の期待インフレ率が急上昇だが金利は急降下。これは何を意味しているか?

 

 市場の期待インフレ率が上昇している。昨年は0.7%程度で推移していたが、1月に日銀が2%の物価目標を打ち出して以降、1%超えが続いている。アベノミクスによる効果が市場にも反映されてきた可能性がある。

 期待インフレ率は、物価連動債と普通国債の利回りの差のこと。これを見れば市場がどの程度、インフレを期待しているのかが分かる。アベノミクスがスタートして以降、この数値が上昇していることから、安倍政権のインフレ政策が効果を発揮していると解釈できるというわけだ。

 だが素直に喜べるかという必ずしもそうではない。この期待インフレ率は物価連動債と普通国債の利回り差を示したものに過ぎず、あくまで相対値だからだ。
 安倍政権成立後、 日本の長期金利は一時0.7%から0.84%近くまで急上昇した。だがその後、国債は逆に買い進まれ、その後0.65%まで低下し、市場最低水準を更新してしまった。つまり名目金利は低下が続いているが、その中でインフレ期待だけが進んでいることになる。

 長期金利は最終的には、その国の潜在成長率を表わしている。素直に解釈すれば、日本は経済成長しないが、物価だけは上がると市場は見ていることになる。
 このことは期待インフレ率の過去の推移を見ても分かる。期待インフレ率は、日本のデフレ経済を反映して長期間マイナスが続いていたが、それが0.7%程度の水準まで急上昇するきっかけになったのは、消費税導入を政府が決定したことであった。この間、長期金利は一貫して下落を続けている。

 つまり期待インフレ率の数値は、これまでのところ、日本の経済停滞と物価の上昇を予想してきたことになる。この状態をわかりやすい用語でいえばスタグフレーションだ。
 もちろん、物価連動債の最近の動きは、将来の名目金利上昇の動きを先取りしていると解釈することもできる。本当にそうなのかを見極めるためには、もうしばらく時間がかかるだろう。政策的には潜在成長率の上昇が何より重要である。アベノミクスがうまく機能するのかどうかは、最終的には長戦略にかかっているのだ。

 - 経済

  関連記事

hitachiturbin
三菱重工と日立が火力発電事業を統合。だが肝心の技術でトラブルが続き前途多難

 三菱重工業と日立製作所は6月11日、火力発電事業の事業統合に関する基本契約書を …

bukkajoushou
コアコア指数もとうとうプラス転換。輸入価格の上昇でとうとう本格的インフレがスタート?

 日本経済は長期にわたるデフレが終了し、インフレへの転換が始まった可能性が高い。 …

intelbaytrail
売上減に歯止めがかかった米インテル。次はいよいよスマホ市場を攻略?

 半導体世界最大手の米インテルは10月15日、7~9月期の決算を発表した。売上高 …

mitsuishacho
32人ゴボウ抜きの三井物産社長人事。だが、どうしてもぬぐい去れないある疑問

 三井物産は2015年1月20日、飯島彰己社長が4月1日付で退任し、安永竜夫執行 …

barclay
LIBOR問題が刑事事件に発展。これは英国と米国の金融覇権をめぐる争いだ!

 英国の重大不正捜査局は11日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR、通称ラ イボ …

nichigin03
アベノミクスの恩恵を受けたのは株式投資をした人だけ?家計金融資産増加の実情

 量的緩和で供給された現金は金融機関に滞留しているが、株高によって金融商品の時価 …

kurodashirakawa
黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそ …

kosakukiki
製造業の設備投資がようやく回復基調に。だが実態は米国景気に依存した綱渡り

 内閣府は11月13日、9月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電 …

tokyotower
デフレにも関わらず東京の物価は世界1位。改革を先送りしたツケは大きい

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット( …

trumptrade
トランプ大統領が貿易不均衡是正の大統領令にサイン。ターゲットは日独中

 トランプ大統領は3月31日、貿易赤字の削減を目指す大統領令に署名した。高い関税 …