ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

市場の期待インフレ率が急上昇だが金利は急降下。これは何を意味しているか?

 

 市場の期待インフレ率が上昇している。昨年は0.7%程度で推移していたが、1月に日銀が2%の物価目標を打ち出して以降、1%超えが続いている。アベノミクスによる効果が市場にも反映されてきた可能性がある。

 期待インフレ率は、物価連動債と普通国債の利回りの差のこと。これを見れば市場がどの程度、インフレを期待しているのかが分かる。アベノミクスがスタートして以降、この数値が上昇していることから、安倍政権のインフレ政策が効果を発揮していると解釈できるというわけだ。

 だが素直に喜べるかという必ずしもそうではない。この期待インフレ率は物価連動債と普通国債の利回り差を示したものに過ぎず、あくまで相対値だからだ。
 安倍政権成立後、 日本の長期金利は一時0.7%から0.84%近くまで急上昇した。だがその後、国債は逆に買い進まれ、その後0.65%まで低下し、市場最低水準を更新してしまった。つまり名目金利は低下が続いているが、その中でインフレ期待だけが進んでいることになる。

 長期金利は最終的には、その国の潜在成長率を表わしている。素直に解釈すれば、日本は経済成長しないが、物価だけは上がると市場は見ていることになる。
 このことは期待インフレ率の過去の推移を見ても分かる。期待インフレ率は、日本のデフレ経済を反映して長期間マイナスが続いていたが、それが0.7%程度の水準まで急上昇するきっかけになったのは、消費税導入を政府が決定したことであった。この間、長期金利は一貫して下落を続けている。

 つまり期待インフレ率の数値は、これまでのところ、日本の経済停滞と物価の上昇を予想してきたことになる。この状態をわかりやすい用語でいえばスタグフレーションだ。
 もちろん、物価連動債の最近の動きは、将来の名目金利上昇の動きを先取りしていると解釈することもできる。本当にそうなのかを見極めるためには、もうしばらく時間がかかるだろう。政策的には潜在成長率の上昇が何より重要である。アベノミクスがうまく機能するのかどうかは、最終的には長戦略にかかっているのだ。

 - 経済

  関連記事

ooigenpatu
エネルギー基本計画が閣議決定へ。各方面の要望をテンコ盛りでボヤける全体像

 自民・公明両党は、国のエネルギー政策の中長期的な指針となる「エネルギー基本計画 …

westinghousegenson
東芝が米中核子会社で巨額損失。米国人社員に「チャレンジ」は通用しなかった

 不正会計問題を抱える東芝は、これまで開示してこなかった米国の原子力子会社ウェス …

apartron
地方の金融機関でアパートローンが急拡大。あらたな不良債権予備軍?

 アパート向けの融資がバブルの様相を呈してきている。地方では、入居者不在のまま建 …

frb
量的緩和の縮小はいつか?今回のFOMC声明では若干表現が後退しているが・・・

 米国の金融政策を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)は7月31日、2日間の会 …

googlehead
グーグルの決算が過去最高。単価下落でネットは再び消耗戦の時代へ突入

 米グーグルの持ち株会社であるアルファベットは2016年2月1日、2015年10 …

businessman02
消費税を増税した途端に景気減速?7~9月期のGDPは前期よりも落ち込む可能性大

 2013年11月13日に公表予定の7~9月実質GDPの数値は、好調だった4~6 …

minpaku
民泊法案が今国会で成立の公算。年間日数制限でビジネス目的は困難に?

 住宅の空き部屋を旅行者などに有料で貸し出す、いわゆる「民泊」の解禁を目的とした …

reitbuild
マイナス金利政策唯一の成果?低迷する日経平均を尻目にREITが絶好調

 日経平均株価の低迷が続く中、REIT(不動産投資信託)が好調に推移している。日 …

fxkisei
金融庁が規制強化へ。ハイリスクなFX投資がここまで普及している国は日本だけ

 このところ金融業界に対する指導を強化している金融庁が、今度はFX(外国為替証拠 …

goan
欧州で自動車メーカーが軒並みリストラ。欧州危機は一段落だが、実需はボロボロ

  フ ランスの自動車大手ルノーは、2016年までに仏国内の従業員の約17%にあ …