ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

英国カトリックのオブライエン枢機卿が、とうとうホモ行為の強要を認め謝罪

 

 神学生や司祭に対する性的虐待を告発され、スコットランド・エジンバラ大司教を辞職していた英国カトリック教会のオブライエン枢機卿は、声明を発表し、自身の性的虐待の事実を認め謝罪した(本誌記事「セックス・スキャンダルに揺れる英国カトリックの大司教が辞任」参照)。

 オブライエン枢機卿は声明において「過去に司祭、大司教、枢機卿としてふさわしくない性的行為」と述べ、性的虐待を事実上認めた。英紙が被害者からの告発を報じた後も、オブライエン枢機卿は一貫して疑惑を否定してきたが、その理由として「匿名で具体性のない告発だったため」と説明している。また「私のせいで傷ついた人々に謝罪し、許しを請う」とも述べた。

 オブライエン枢機卿の性的虐待は1980年代までさかのぼる。虐待を告発した英紙によると、告発者の一人は、当時20歳の神学生だったという。
 具体的な行為の内容は明らかではないが、オブライエン氏が夜の祈りの後に、ホモ行為を強制したということのようである。その後オブライエン氏が司教に昇進したため、性的虐待が永遠に続くと絶望し、聖職者への道を諦めてしまったという。

 少々理解不能なのが、オブライエン氏がかなり強硬なゲイ反対論者であったという点だ。同氏は声高に、時にはかなり過激に同性愛者を批判してきた。一方でゲイ関係を配下の者に強要し、一方では声高にゲイを批判するというのは、かなり異様だ。
 バチカンではオブライエン氏の性的虐待疑惑を把握していながら握りつぶしていたとされるが、過激に保守的な主張を繰り返すオブライエン氏がバチカン保守派にとって非常に都合のよい存在であったことを伺わせる。

 一方で、今回の大司教辞任や虐待に対する謝罪についても、すべてバチカン主導で進められているといわれる。次期法王選出を控え、反保守派の陣営が巻き返しを図っているのかもしれない。
 オブライエン氏に対しては犠牲者の意向もあり、法的な責任を問う方向には進んでいない。ただカトリック教会の内部調査が行われ、何らかの処分が決定されるといわれている。いずれにせよ、引退は確実で、今後、カトリックの要職に就くことはないとみられる。

 - 社会

  関連記事

jutaku02
全国で土地が余っている。都市部への人口集中を前提にした政策に舵を切る時期に

 政府は6月11日、平成25年版の「土地白書」を閣議決定した。人口の減少と高齢化 …

monju
もんじゅの検証が行われないまま、新しい高速炉の開発計画が着々と進行中

 政府は廃炉が予定されている高速増殖炉「もんじゅ」に代わる新しい高速炉を開発する …

hakenmura
緊急経済対策に盛り込まれたのはわずか1件。非正規雇用問題は完全に忘れ去られた

 11日に正式決定された緊急経済対策には、大規模な公共事業や成長戦略など、目を引 …

kusuri02
混合診療拡大へ。金持ち優遇かどうかという単純論争は本質を見誤らせる可能性あり

 政府は規制改革の一貫として混合診療の拡大に乗り出す。現在、日本では公的保険を適 …

sakuranomiya01
桜宮高校の入試中止問題。日本社会の論理性のなさが浮き彫りに

 大阪市立桜宮高校の男子生徒が体罰を受けた後に自殺した問題で、大阪市の橋下市長は …

dentaku
家計を助けるため一家総出で労働。日本人の経済状況はかなり苦しくなっている?

 日本の家計にちょっとした異変が起きている。世帯主の収入が減少する一方、配偶者や …

yume
キリンが日本人の「夢」についてアンケートを実施。この結果から分かることは?

 キリンビール株式会社は同社のビール製品のキャンペーン活動の一環として、「日本人 …

urumuchi
中国メディアの報道から垣間見える新疆ウイグル自治区の治安維持の現状

 中国の新疆ウイグル自治区は、人口の大半がイスラム教徒のウイグル族で占められてお …

ohshima
内閣府が災害対策のガイドライン見直しへ。日本で想定外のことばかり起きる理由とは?

 内閣府は、避難勧告や避難準備情報などを出す場合に自治体が参考にするガイドライン …

sakuranomiya01
桜宮高校体罰自殺事件に判決。被告の深い反省が逆に体罰問題の解決を難しくする?

 大阪市立桜宮高校のバスケットボール部のキャプテンだった男子生徒に暴行を加えたと …