ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

REITが次々に増資と物件取得を実施。インフレ期待からまだまだ上昇するのか?

 

 REIT(不動産投資信託)の増資と物件取得が相次いでいる。国内では最大級のREITである日本ビルファンド投資法人は1月に公募増資などで約640億円を調達した。調達した資金は、セレスティン芝三井ビルディング、ソニーシティ大崎(ソニーが保有していた自社ビル:写真)などの購入に充てられた。

 またジャパンエクセレント投資法人(興和不動産系)、ユナイテッド・アーバン投資法人(丸紅系)、産業ファンド投資法人(三菱系)など、各REITが次々に増資を行っている。増資が相次いでいる背景はもちろん株高だ。

 REITの成長戦略には、内部成長と外部成長の2種類がある。内部成長とは物件の賃料を上げたり、稼働率を向上させ、同じポートフォリオで収益を向上させる手法のことを指す。これに対して外部成長はあらたな物件を組み入れることで収益の絶対値を伸ばしていくやり方である。

 物件の取得には資金が必要となるが、株価(投資口価格)が低迷していると増資に応じる投資家が少なく増資がやりにくいという問題があった。実際、どのファンドもここ数年なかなか増資に踏み切ることができないでいた。
 だがここ3カ月の株高で状況が一気に変わってきた(本誌記事「J-REITが日経平均をはるかに上回るパフォーマンス」参照)。昨年12月に1000前後だった東証REIT指数は現在1400弱と、3カ月で1.4倍にも上昇し、多くの投資家がREITに着目している。各ファンドはここぞとばかりに次々と増資を行っている状況だ。

 日本ビルファンドによるソニーの自社ビル取得に代表されるように、大手メーカーが保有する物件が経営不振で放出される期待も高まっている。NECの本社ビルや今回のソニーのように、ファンドに売却後も引き続き賃借料を払って入居するケースが多いため、ファンドにとっては確実な収益が見込めるという利点がある。

 投資口価格の高騰でREITの利回りは低下してきており、相場の過熱を懸念する声も聞こえてきている。だが市場のインフレ期待も大きいことから、当面はREITの活況が続きそうだ。

 - 経済

  関連記事

mof02
2014年度予算編成作業が大詰め。焦点は税収上振れ分の取り扱い

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えている。自民党への政権交代によって、大 …

suga
消費税増税の決定は9月9日のGDP改定値で。財務省の筋書き通り数値は良好?

 自民党の参院選圧勝をうけて、消費税増税決定のタイミングに注目が集まり始めている …

okanekazoeru
大手メーカーによる下請けへの支払サイト延長措置。経済全体に悪影響はないか?

 大手電機メーカーの支払いサイト(下請けなどに代金を支払うまでの期間)が長くなっ …

ieren201409
絶妙だったイエレンFRB議長の株高発言。金利引き上げタイミングは中立になった

 米FRB(連邦準備制度理事会)のイエレン議長は2015年5月6日、米国株式市場 …

no image
失業率25%のスペイン。国家は非常事態なのに国内旅行は絶好調。何故?

 経済危機真っ只中のスペインだが、観光業が絶好調である。経済危機によって価格を引 …

ichimanen
家計の貯蓄が減っているのに、国債の消化がこれまで問題なく行われてきたワケ

 日銀は2013年12月19日、7~9月期の資金循環統計を発表した。9月末時点で …

one drive
マイクロソフトがクラウド・サービスの水準を大幅にダウン。タダで使えるという時代は終了?

 マイクロソフトが自社のクラウド・サービスの一部について、サービス内容を大幅に変 …

jutakurone
メガバンク各行が一斉に住宅ローン金利を引き上げ。金融市場に何をもたらすか?

 メガバンク各行が4月に入って住宅ローン金利を一斉に引き上げた。トランプ経済の影 …

abe20130113
安倍首相が参院選を優先しTPP交渉参加の表明を見送り。日米交渉への影響は?

 安倍首相は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加問題について、2月以降 …

suitai
各種世界ランキングへの関心が急低下?日本経済は死の受容プロセスの3段階目か

 このところ日本が各種の世界ランキングで著しく順位を落としている。以前は、ランキ …