ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

REITが次々に増資と物件取得を実施。インフレ期待からまだまだ上昇するのか?

 

 REIT(不動産投資信託)の増資と物件取得が相次いでいる。国内では最大級のREITである日本ビルファンド投資法人は1月に公募増資などで約640億円を調達した。調達した資金は、セレスティン芝三井ビルディング、ソニーシティ大崎(ソニーが保有していた自社ビル:写真)などの購入に充てられた。

 またジャパンエクセレント投資法人(興和不動産系)、ユナイテッド・アーバン投資法人(丸紅系)、産業ファンド投資法人(三菱系)など、各REITが次々に増資を行っている。増資が相次いでいる背景はもちろん株高だ。

 REITの成長戦略には、内部成長と外部成長の2種類がある。内部成長とは物件の賃料を上げたり、稼働率を向上させ、同じポートフォリオで収益を向上させる手法のことを指す。これに対して外部成長はあらたな物件を組み入れることで収益の絶対値を伸ばしていくやり方である。

 物件の取得には資金が必要となるが、株価(投資口価格)が低迷していると増資に応じる投資家が少なく増資がやりにくいという問題があった。実際、どのファンドもここ数年なかなか増資に踏み切ることができないでいた。
 だがここ3カ月の株高で状況が一気に変わってきた(本誌記事「J-REITが日経平均をはるかに上回るパフォーマンス」参照)。昨年12月に1000前後だった東証REIT指数は現在1400弱と、3カ月で1.4倍にも上昇し、多くの投資家がREITに着目している。各ファンドはここぞとばかりに次々と増資を行っている状況だ。

 日本ビルファンドによるソニーの自社ビル取得に代表されるように、大手メーカーが保有する物件が経営不振で放出される期待も高まっている。NECの本社ビルや今回のソニーのように、ファンドに売却後も引き続き賃借料を払って入居するケースが多いため、ファンドにとっては確実な収益が見込めるという利点がある。

 投資口価格の高騰でREITの利回りは低下してきており、相場の過熱を懸念する声も聞こえてきている。だが市場のインフレ期待も大きいことから、当面はREITの活況が続きそうだ。

 - 経済

  関連記事

motegi
訪米した茂木経産相が電力会社主導の新しい原発安全対策組織の設立を表明

 連休中にアメリカを訪問した茂木経済産業大臣は5月3日、ワシントンでポネマン米エ …

jogmec
メタンハイドレートから天然ガスの採取に成功。だがあえて厳しいことを言えば・・・

 政府は3月12日、愛知・三重県沖の海底にある「メタンハイドレート」から天然ガス …

bouekitoukei 201407
貿易赤字は25カ月連続だが安定飛行状態に。今後のカギは国内サービス業

 財務省は2014年8月20日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

judokituen
受動喫煙防止法案の経済的な影響は約8400億円と調査会社が試算

 政府が今国会に提出する予定の受動喫煙を防止する法案に関して、民間の調査会社が外 …

no image
ゆうちょ銀行が住宅ローン参入。フランスにはその未来予想図がある

 ゆうちょ銀行は個人向け住宅ローンへの参入を総務省と金融庁に認可申請した。両省庁 …

doller
米国の債務上限問題。1兆円コイン発行という奇策は財務省が否定

 新年に入りオバマ大統領と議会共和党の攻防が再び激しくなっている。昨年末、財政の …

shuukatsu
内定辞退者が増加という報道。学生の就活は本当に昔と違うのか?

 神奈川県庁の内定辞退者が5年連続で3割を超えたというニュースをきっかけに、内定 …

abe001
まるでデジャヴュ。安倍政権は日本にハイパーインフレをもたらすのか?

 量的緩和策の拡大と大規模な財政出動を組み合わせる安倍政権の経済政策「アベノミク …

sbtakasago
ソフトバンクが電力小売に向け本格始動。電力自由化の本当の意味とは?

 ソフトバンク・グループが電力事業に向けて本格的に動き出した。2014年2月17 …

bananki
バーナンキ議長がとうとう量的緩和策終了に言及。いよいよ本格的なドル高が始まる?

 米FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長は6月19日、連邦公開市場委員会 …