ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

REITが次々に増資と物件取得を実施。インフレ期待からまだまだ上昇するのか?

 

 REIT(不動産投資信託)の増資と物件取得が相次いでいる。国内では最大級のREITである日本ビルファンド投資法人は1月に公募増資などで約640億円を調達した。調達した資金は、セレスティン芝三井ビルディング、ソニーシティ大崎(ソニーが保有していた自社ビル:写真)などの購入に充てられた。

 またジャパンエクセレント投資法人(興和不動産系)、ユナイテッド・アーバン投資法人(丸紅系)、産業ファンド投資法人(三菱系)など、各REITが次々に増資を行っている。増資が相次いでいる背景はもちろん株高だ。

 REITの成長戦略には、内部成長と外部成長の2種類がある。内部成長とは物件の賃料を上げたり、稼働率を向上させ、同じポートフォリオで収益を向上させる手法のことを指す。これに対して外部成長はあらたな物件を組み入れることで収益の絶対値を伸ばしていくやり方である。

 物件の取得には資金が必要となるが、株価(投資口価格)が低迷していると増資に応じる投資家が少なく増資がやりにくいという問題があった。実際、どのファンドもここ数年なかなか増資に踏み切ることができないでいた。
 だがここ3カ月の株高で状況が一気に変わってきた(本誌記事「J-REITが日経平均をはるかに上回るパフォーマンス」参照)。昨年12月に1000前後だった東証REIT指数は現在1400弱と、3カ月で1.4倍にも上昇し、多くの投資家がREITに着目している。各ファンドはここぞとばかりに次々と増資を行っている状況だ。

 日本ビルファンドによるソニーの自社ビル取得に代表されるように、大手メーカーが保有する物件が経営不振で放出される期待も高まっている。NECの本社ビルや今回のソニーのように、ファンドに売却後も引き続き賃借料を払って入居するケースが多いため、ファンドにとっては確実な収益が見込めるという利点がある。

 投資口価格の高騰でREITの利回りは低下してきており、相場の過熱を懸念する声も聞こえてきている。だが市場のインフレ期待も大きいことから、当面はREITの活況が続きそうだ。

 - 経済

  関連記事

yahoo
ヤフーがメール「覗き見」広告をスタート。インテリジェンス関係者の間で密かな話題に!

 ヤフージャパンがいよいよ電子メールの内容解析を使った広告戦略を本格展開する。こ …

moribuild
これが本当の「森ビル」だ!ミラノで全面緑化ビルが完成したが、その前途は多難?

 イタリアのミラノで建設が進められていた全面緑化型の高層ビル2棟がこのほど完成し …

gehongyo
GEが金融資産大量売却で本業回帰を加速。背景には絶好調な米経済

 米ゼネラル・エレクトリック(GE)は2015年4月10日、同社の金融部門が保有 …

newvaio
ソニーのVAIO分社化が完了。パソコンの手離れで市場の関心はいよいよTV事業へ

 ソニー経営再建の焦点となっていたパソコン事業分社化がひとつの節目を迎えた。投資 …

japandisplay
「国営企業」ジャパンディスプレイの公募価格割れから考える、過剰な政府介入のリスク

 オールジャパンを掲げ、鳴り物入りでIPO(新規株式公開)したジャパンディスプレ …

hiroshimadosha
多発する土砂災害。日本は国土開発のあり方を再考すべき時期に来ている?

 広島市で起きた大規模な土砂災害から1週間以上経過したが、これまでに70人以上の …

gaikokujin
訪日外国人1000万人時代が到来。だが日本は本当に観光立国を目指しているのか?

 政府観光局は2014年1月17日、2013年の訪日外国人数が1036万人だった …

no image
機械受注は15.7%の大幅マイナス。ただ長期トレンドは今後の数値を見極める必要あり

 内閣府は2014年2月12日、2013年12月の機械受注統計を発表した。主要指 …

chintaiapart
民法改正で不動産賃貸業は本格的なサービス産業に脱皮できるか?

 法務大臣の諮問機関である法制審議会は2014年8月26日、民法における債権関係 …

nichigin03
国債市場の大混乱は日銀官僚による黒田総裁への嫌がらせというのは本当か?

 日銀による「異次元」の金融緩和策は国債市場の大混乱をもたらした。緩和策発表翌日 …