ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

著名投資家バフェット氏の書簡から読み解く、彼の自信とその限界

 

 米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が2012年12月期の最終決算について、毎年恒例となっている株主への年次書簡で総括した。

 バフェット氏が率いるバークシャー・ハザウェイ社の営業収益は約1620億ドル(約15兆円)、当期利益は約150億ドル(約1兆4000億円)、包括最終利益は約240億ドル(約2兆3000億円)だった。当期利益は2011年度から1.5倍に、包括最終利益は3倍近くに増加している。
 同社の時価総額は1年間で14.4%増加したが、同氏がベンチマークとしているS&P500指数の16.0%には及ばず、「標準以下の成績」と評した。

 成績が振るわなかった原因としてバフェット氏は「少数の象を追ってはみたものの、収穫はなかった」とし、大型買収をまとめられなかった点を挙げた。
 同社は2013年3月に、投資ファンドである3Gキャピタルと共同で、米食品大手HJハインツを買収すると発表したばかり(買収総額は約230億ドル)だが、豊富な余剰資金(470億ドル)を背景に、本来はもっと積極的な買収を実施する方針であった。

 バフェット氏は書簡において投資家として率直な見解を示すことで有名である。今年の書簡は、今後も大型買収を追及すれば高いパフォーマンスを維持することが可能というバフェット氏の自信を示したものといえる。一方、俯瞰的に見れば、同社が巨大化したことで、もはや会社を丸ごと買収する以外に、同社の時価総額を大きく上昇させる手段がないことも意味している。当面は大型買収という戦略が維持できるかもしれないが、多くの投資家はバフェットのその次に注目し始めている。

 バフェット氏は「私はサファリ服を身に付け、再び象探しを開始している」と述べ、今年はより積極的に大型買収を狙っていく意向であることを明らかにして書簡を締めくくっている。

 ところで、バフェット氏の「象狩り」という言葉に少し驚いた人もいるかもしれない。オマハの賢人と呼ばれインテリで知識人としてのイメージの強いバフェット氏だが、やはり長年相場を張ってきた勝負師である。マインドは徹底的に肉食系であり、ハンティングの対象はアフリカ象ということらしい。ちなみにバフェット氏の大好物は、ステーキにチェリーコークとコテコテの西部人だ。やはり投資は肉食系でなければダメなようだ。

 - 経済

  関連記事

imf201404
米国依存が鮮明になったIMFの最新世界経済見通し。日欧の量的緩和策が次の焦点に

 IMF(国際通貨基金)は2014年4月8日、最新の世界経済見通しを発表した。2 …

nichigin03
日銀が保有する国債は政府債務から切り離せるのか?

 日銀の量的緩和策の是非や政府債務をめぐる論争が活発になってきている。きっかけは …

erupida
全国の倒産件数は過去20年で最低。政府の延命策と復興需要に完全に依存

 東京商工リサーチは2012年の全国企業倒産状況を発表した。それによると、倒産件 …

recruit
リクルートがネット通販事業に参入。だが敵は楽天とアマゾンにあらず

 リクルートホールディングスは、来年3月をめどにインターネット通販事業に参入する …

bouekitoukei 201504
4月の貿易赤字は少額。ただ、為替が動き始めており状況は流動的

 財務省は2015年5月25日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

tosho05
新しい増資手段ライツイシューに規制?制度を生かすも殺すも、最後は投資家次第

 既存の株主に対して新株購入の権利を割り当てる「ライツイシュー」の審査が厳格化さ …

jutaku02
全国で土地が余っている。都市部への人口集中を前提にした政策に舵を切る時期に

 政府は6月11日、平成25年版の「土地白書」を閣議決定した。人口の減少と高齢化 …

kindorupaper
いよいよキンドルが日本上陸。自費出版サービスもスタートし、出版社は戦々恐々

 アマゾンがとうとう電子書籍端末「キンドル」を国内で販売開始する。同社の日本法人 …

no image
為替市場で円高が進行。投資家の注目が「実質金利」に集中したことが要因?

 為替市場で円安が進んでいる。5日には一時、1ドル=109円台を付けるなど、1年 …

canadabank
英国が中央銀行総裁に外国人を登用。日銀の独立性というならこのくらいやってみろ!

 英国が中央銀行の次期総裁に外国人を任命し、市場関係者の中で驚きが広がっている。 …