ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

著名投資家バフェット氏の書簡から読み解く、彼の自信とその限界

 

 米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が2012年12月期の最終決算について、毎年恒例となっている株主への年次書簡で総括した。

 バフェット氏が率いるバークシャー・ハザウェイ社の営業収益は約1620億ドル(約15兆円)、当期利益は約150億ドル(約1兆4000億円)、包括最終利益は約240億ドル(約2兆3000億円)だった。当期利益は2011年度から1.5倍に、包括最終利益は3倍近くに増加している。
 同社の時価総額は1年間で14.4%増加したが、同氏がベンチマークとしているS&P500指数の16.0%には及ばず、「標準以下の成績」と評した。

 成績が振るわなかった原因としてバフェット氏は「少数の象を追ってはみたものの、収穫はなかった」とし、大型買収をまとめられなかった点を挙げた。
 同社は2013年3月に、投資ファンドである3Gキャピタルと共同で、米食品大手HJハインツを買収すると発表したばかり(買収総額は約230億ドル)だが、豊富な余剰資金(470億ドル)を背景に、本来はもっと積極的な買収を実施する方針であった。

 バフェット氏は書簡において投資家として率直な見解を示すことで有名である。今年の書簡は、今後も大型買収を追及すれば高いパフォーマンスを維持することが可能というバフェット氏の自信を示したものといえる。一方、俯瞰的に見れば、同社が巨大化したことで、もはや会社を丸ごと買収する以外に、同社の時価総額を大きく上昇させる手段がないことも意味している。当面は大型買収という戦略が維持できるかもしれないが、多くの投資家はバフェットのその次に注目し始めている。

 バフェット氏は「私はサファリ服を身に付け、再び象探しを開始している」と述べ、今年はより積極的に大型買収を狙っていく意向であることを明らかにして書簡を締めくくっている。

 ところで、バフェット氏の「象狩り」という言葉に少し驚いた人もいるかもしれない。オマハの賢人と呼ばれインテリで知識人としてのイメージの強いバフェット氏だが、やはり長年相場を張ってきた勝負師である。マインドは徹底的に肉食系であり、ハンティングの対象はアフリカ象ということらしい。ちなみにバフェット氏の大好物は、ステーキにチェリーコークとコテコテの西部人だ。やはり投資は肉食系でなければダメなようだ。

 - 経済

  関連記事

jetstar
国内主要LCC3社がようやく黒字化。だが日本における空のガラパゴスは変わらず

 国内主要LCC(格安航空会社)の2015年度決算が出揃い、3社がすべて黒字化し …

raripeiji
従業員によるCEOランキング、トップはグーグル、2位はナイキ、3位は?

 米キャリア情報サイトのGlassdoorは2015年6月9日、従業員が評価する …

twitter
ツイッターがとうとう上場。同社の収益力について投資家が数字で判断する方法

 米ツイッターが10月7日、とうとうニューヨーク証券取引所に上場した。初値は45 …

00008
フランスのマスゴミがGoogleから75億円をゲット。だがまだまだ嫌がらせは続く

 米Googleが新聞社のコンテンツをタダ乗りしているとして、検索結果の表示に課 …

krugman
アベノミクスをクルーグマン教授が評価したという記事で触れられなかった事実とは?

 米国の著名な経済学者ポール・クルーグマン氏が安倍政権の経済政策「アベノミクス」 …

apple2016q2
iPhone初の販売台数減少でアップルは減収減益。だが市場の注目はすでに次のフェーズに

 これまで快進撃を続けてきたアップルがとうとう減収減益の決算を発表した。ただ、中 …

bitcoin
国家への挑戦か単なる金儲けか?ネット通貨ビットコインの本質は金本位制

 インターネット上で流通する通貨「ビットコイン」が話題となっている。単一の発行元 …

ieren02
イエレン氏の議会証言声明文。内容は予想通りで、失業率を重視し緩和継続へ

 米FRB(連邦準備制度理事会)は、バーナンキ議長の後任に指名されたジャネット・ …

no image
産業(革新)ではなく産業(衰退)機構?ルネサス再建案はトヨタとパナの下請け会社化

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスに対する産業革新機構の経営再建案 …

mof03
法人減税は安倍政権の本当の「顔」を知るリトマス試験紙

 法人税減税の焦点である課税ベース拡大に関する議論が本格化している。政府の税制調 …