ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

著名投資家バフェット氏の書簡から読み解く、彼の自信とその限界

 

 米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が2012年12月期の最終決算について、毎年恒例となっている株主への年次書簡で総括した。

 バフェット氏が率いるバークシャー・ハザウェイ社の営業収益は約1620億ドル(約15兆円)、当期利益は約150億ドル(約1兆4000億円)、包括最終利益は約240億ドル(約2兆3000億円)だった。当期利益は2011年度から1.5倍に、包括最終利益は3倍近くに増加している。
 同社の時価総額は1年間で14.4%増加したが、同氏がベンチマークとしているS&P500指数の16.0%には及ばず、「標準以下の成績」と評した。

 成績が振るわなかった原因としてバフェット氏は「少数の象を追ってはみたものの、収穫はなかった」とし、大型買収をまとめられなかった点を挙げた。
 同社は2013年3月に、投資ファンドである3Gキャピタルと共同で、米食品大手HJハインツを買収すると発表したばかり(買収総額は約230億ドル)だが、豊富な余剰資金(470億ドル)を背景に、本来はもっと積極的な買収を実施する方針であった。

 バフェット氏は書簡において投資家として率直な見解を示すことで有名である。今年の書簡は、今後も大型買収を追及すれば高いパフォーマンスを維持することが可能というバフェット氏の自信を示したものといえる。一方、俯瞰的に見れば、同社が巨大化したことで、もはや会社を丸ごと買収する以外に、同社の時価総額を大きく上昇させる手段がないことも意味している。当面は大型買収という戦略が維持できるかもしれないが、多くの投資家はバフェットのその次に注目し始めている。

 バフェット氏は「私はサファリ服を身に付け、再び象探しを開始している」と述べ、今年はより積極的に大型買収を狙っていく意向であることを明らかにして書簡を締めくくっている。

 ところで、バフェット氏の「象狩り」という言葉に少し驚いた人もいるかもしれない。オマハの賢人と呼ばれインテリで知識人としてのイメージの強いバフェット氏だが、やはり長年相場を張ってきた勝負師である。マインドは徹底的に肉食系であり、ハンティングの対象はアフリカ象ということらしい。ちなみにバフェット氏の大好物は、ステーキにチェリーコークとコテコテの西部人だ。やはり投資は肉食系でなければダメなようだ。

 - 経済

  関連記事

nihonen
円高が止まらない。政策の手詰まり状態を市場は見透かしている?

 為替市場で急速な円高が進んでいる。欧州で英国のEU(欧州連合)離脱への警戒感が …

top1zentai
トップ1%が全世界の富の半分を独占との調査結果。日本はどうなのか?

 貧困の撲滅活動などを行っている国際NGO「オックスファム」は2015年1月19 …

okanekazoeru
大手メーカーによる下請けへの支払サイト延長措置。経済全体に悪影響はないか?

 大手電機メーカーの支払いサイト(下請けなどに代金を支払うまでの期間)が長くなっ …

softbankgacho
ソフトバンクが純利益1兆円超え。TモバイルUSも再度買収が可能に?

 ソフトバンクの純利益が1兆円を超えた。投資先の売却益が加算された結果だが、何と …

banksy
謎の覆面画家バンクシーがニューヨークで活動中。アートの価格形成を皮肉る実験も

 英国の著名な覆面ストリート・アーティストであるバンクシーが、現在1カ月の期間限 …

suga
消費税増税の決定は9月9日のGDP改定値で。財務省の筋書き通り数値は良好?

 自民党の参院選圧勝をうけて、消費税増税決定のタイミングに注目が集まり始めている …

takuhai
ヤマトが宅配取扱量抑制を検討。ネット通販会社による独自サービス拡大のきっかけに?

 宅配便最大手のヤマトホールディングスが、荷物の取扱量抑制の検討を開始した。この …

imf201401
IMFの経済見通しを見れば、消費税10%増税を年内に決定する理由が分かる

 IMF(国際通貨基金)は2014年1月21日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

keizaizaiseisimon201410
政府がとうとう7~9月期GDPの弱含みについてアナウンスを開始?

 10%消費増税の判断材料となる7~9月期のGDP(国内総生産)について、数値が …

kinyuucho
金融庁が空売り規制をようやく緩和。株式市場はようやく平時の状態へ

 金融庁は3月7日、株式の「空売り規制」を緩和すると発表した。金融庁はリーマンシ …