ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

従業員の発明による特許も基本的には企業帰属へ。職務発明制度の見直しがスタート

 

 政府は、企業の従業員が仕事で発明した「職務発明」の特許について、その権利を従業員ではなく企業に帰属させる方向で見直しを開始した。
 官邸の知的財産戦略本部(本部長・安倍晋三首相)は、当該内容を盛り込んだ「知的財産政策ビジョン」を4月にまとめる方針。有識者からなる作業部会で議論を進める。

 現在の特許法では、職務発明の権利は原始的には従業員に帰属することになっているが、企業側はその特許を使用することができ、従業員への対価は、自主的な取り決めにゆだねるとしている(特許法35条)。
 だが、「相当の対価」がいくら なのかを巡って企業と発明者の間で争いが起きている。もっとも有名なのは、青色発光ダイオード(LED)を巡る訴訟だ。
 2001年、開発者の中村修二氏が勤務先の日亜化学工業を訴え、最終的に約8億 4000万円の支払いで和解した。どの程度の対価がふさわしいのか明確な基準がないと、海外企業を誘致する際のリスク要因になると指摘されている。
 実際に、日本で研究開発を行いたいという海外企業がどの程度あるのかは微妙なところだが、企業側のリスク要因であることは間違いない。

 ちなみに諸外国では、米国はすべて発明者に帰属、ドイツは日本と近い制度だが対価の算定基準が策定されている。英国やフランスは企業側に帰属するのが原則だ。
 もっとも米国の場合は、従業員に権利が帰属するといっても、終身雇用がまったく保障されないドライな契約社会である。特許の対価も含めて雇用契約が結ばれるケースが多く、その意味では、発明の対価を個人がすべて受け取れるケースはほとんどない。

 日本の制度の問題点は、企業は事実上社員を解雇できず終身雇用と年功序列賃金が社会から強制された状態であるにも関わらず、特許の概念だけが競争原理主義の米国型であるという点だ。もしすべてが個人に帰属するなら、企業と従業員の雇用関係もすべて契約主義にならないとバランスが取れない。中村氏の訴訟はある意味で、司法制度の矛盾を突かれた事例といってよい。

 日本型の雇用慣行が変化する兆しはないことを考えると、ガイドラインを定めるドイツ型か、基本的に企業に権利を帰属させる英仏型を軸に議論が進められる可能性が高いだろう。

 - 政治, 社会, 経済

  関連記事

chousahogei
調査捕鯨中止の判決は、ムラ社会型日本外交の完全な敗北

 国際司法裁判所は2014年3月31日、南極海で行われている日本の調査捕鯨を中止 …

sharp
シャープに米クアルコムが出資。だが実態は話題作りだけを目的にした技術の安売り

 経営再建中のシャープが、米国の半導体メーカー「クアルコム」から最大100億円の …

Mario Draghi
欧州中央銀行がとうとう時間軸政策を採用。FRBや日銀と同じスタンスに

 小康状態が続いていた欧州経済に再び動揺が走っている。これまで5%台で推移してい …

sinjuku
実質賃金は下がっているのに、社会的満足度が過去最高の理由

 内閣府は2017年4月3日、「社会意識に関する世論調査」の結果を発表した。現在 …

hongkong
香港を飲み込むはずがむしろ逆効果に。中国による香港統治政策は失敗?

 香港大学は27日、香港人の意識調査の結果を発表した。それによると、自 らを「香 …

rap01
イスラム過激主義者はなぜかラップが大好き

 パキスタンで9日、イスラム武装勢力タリバンを批判するブログを執筆していた14歳 …

abedabos201402
法人税引き下げが現実的に。だが税制上の不公平が解消されなければ効果は薄い

 安倍首相がダボス会議において法人税の実効税率の引き下げに言及したことで、政府与 …

super02
家計の消費支出は3カ月連続でマイナス。安倍政権は10%増税をどう判断するのか?

 総務省は2014年7月29日、6月の家計調査を発表した。2人以上の世帯の消費支 …

retttamerukeru
イタリアのレッタ新首相が就任早々独仏を訪問。とりあえずはイタリアの立場を説明

  イタリアのレッタ新首相は、就任早々ドイツとフランスを訪問し、従来の緊縮財政か …

amazondorone
民泊にドローン宅配。規制緩和は特区限定で、なぜか外資系企業ばかり

 政府は、国家戦略特区において小型無人機ドローンによる宅配を認める方針を固めた。 …