ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

福島原発80キロ圏内外の放射線量マップ。1年で40%の減少は多いのか少ないのか?

 

 文部科学省は3月1日、東京電力福島第1原発から半径80キロ圏内外で測定した昨年11~12月時点の放射性物質の分布状況を公表した。80キロ圏内の地上1メートルの空間放射線量が、1年間で約40%減少したことが分かった。

 測定はヘリコプターを用い、2ヶ月間、述べ37回の飛行で実施した。
 公表されたデータによると、福島原発から北西方向に比較的線量の高い地域が続いていることが分かる。
 原発から約20キロまでの地域には、毎時19マイクロシーベルトを超える場所が点在し、福島市東部や伊達市西部などさらに遠い地域でも1~1.9マイクロシーベルトのエリアがあった。

 この近辺から線量の高いエリアは南西方向に変わり、二本松市や本宮市付近にも1~1.9マイクロシーベルトのエリアが見られた。また原発の南部は30キロ圏までに比較的線量が高いエリアが点在している。さらに80キロ圏外のデータを組み合わせたものでは、栃木県の那須塩原付近にも比較的高いエリアを確認することができる。

 文部科学省では同様の測定を1年前にも実施している。場所による違いはあるが、平均すると空間線量は約40%減少した。放射性物質の半減期から算出した1年間の予想減少率は約21%なので、雨で放射性物質が流されことによって、自然減衰以上に線量が下がった可能性があるという。

 これらのデータから、空間の放射線レベルは放射性物質が雨に流されることで、自然減衰より早く低下することが明らかになった。ただ放射性物質は雨で流されたとしても、消滅するわけではない。地表から消えた放射性物質は、地下水や海など次の汚染を引き起こしている可能性もある。部分的に線量レベルを下げることが出来ても、全体から見れば、放射性物質の半減期のペースでしかトータルの汚染は減らないということを忘れてはならないだろう。

 - 社会, IT・科学

  関連記事

eigokyoiku
バイリンガル国家マレーシアにおける最大の課題は何と英語力不足

 バイリンガル国家として知られるマレーシアにおいて、理数系科目の授業を英語で行う …

nenkin02
欧州で再び年金制度改革が議論に。日本がのんびりしているのは外圧がないから?

 債務問題を抱える欧州で年金制度を見直す動きが再び活発になってきている。フランス …

yuki
大雪予想がハズれ鉄道は逆に大混乱。前代未聞の事態は日本社会劣化の象徴

 2月6日に関東地方に大雪が降るという気象庁の予報に基づき、JRなど鉄道各社は間 …

roujin
都市在住高齢者の地方施設への移住が検討されている背景とは?

 都市部における介護施設不足の解決策として、地方施設への移住を促す動きが活発化し …

smog
悪化する北京の大気汚染。本当に自動車の排気ガスが原因なのか?

 北京を中心に中国各地で大気汚染が悪化している。北京市内では、視界がほとんどきか …

facebookmobile
フェイスブックの3Q決算はまずまず。今後は成長投資の加速で経費は増大

 SNS最大手の米フェイスブックは2014年10月28日、2014年7~9月期の …

no image
ナイジェリアの公立学校で中国語教育始まる。国家覇権と言語は一体の関係

 中国が積極的に開発援助を行っているアフリカのナイジェリアで、公立学校における中 …

no image
サラリーマンの閨閥が日本企業をダメにする

 よく知られていることだが、経営危機に陥っているシャープの前会長の町田氏は、同社 …

robotfunuc
ロボットが普及すると仕事が減るはずでは?経産省の試算がイメージと逆な理由

 ロボットや人工知能(AI)が普及すると仕事がなくなってしまうというのが一般的な …

no image
港区から外国人ビジネスマンの姿が消え、公務員が激増中

 東京都港区の高級オフィス街の風景が激変している。 これまで外資系企業などの入居 …