ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国の新駐米大使は駐日大使経験者。中国はいよいよ日米の分断作戦開始との噂

 

 中国政府は3月3日、前駐日大使の崔天凱外務次官を駐米大使に起用する人事を決めた。駐日大使経験者が駐米大使に就任するのは極めて異例で、その真意をめぐって様々な憶測が飛び交っている。

 崔氏は2007年から2009年まで駐日大使を務めた経験がある。崔氏の専門は日本語ではなく英語。国連代表部の勤務経験もあり、駐日大使の人事の方がむしろ異例であった。
 最近では、日本に関する知識を駆使して、米国政界に対し、尖閣諸島は中国の領土であるとするロビー活動を積極的に行っているといわれる。崔氏の駐米大使起用は、日本と米国の分断工作が念頭にあるとの見方が有力だ。

 中国政府は同時に、外交部(外務省)次期外交部長(外務大臣)として、駐日大使経験のある王毅氏を内定している(本誌記事「中国外相に温家宝氏に近い王毅氏が内定」参照)。外務大臣と駐米大使という、中国政府の外交を担う要職に、揃って駐日大使の経験者が就任することになる。
 ちなみに王氏は温家宝首相に近く胡錦濤グループに属している。一方崔氏のバックには江沢民氏がいることから、習近平グループに近い存在だ。当初、習近平グループは外務大臣に現外務次官の張志軍氏を推していたが、王氏に譲ることになった。

 習近平グループの方が対日強硬派が多いといわれており、崔駐米大使は彼らの意向を受けて米国で活動する可能性が高く、日本にとっては難題といえる。

 - 政治

  関連記事

ishiba02
石破氏が安保担当相辞退の見込み。場合によっては秋の解散総選挙の可能性も

 自民党の石破幹事長が、9月3日に行われる内閣改造をめぐり、安倍首相が要望してい …

rodman02
金正恩氏とバスケ観戦をしたロッドマン元選手の前にコカコーラが置いてあったワケ

 北朝鮮の金正恩第1書記は28日、平壌市内の体育館において、北朝鮮を訪問中の全米 …

rensen
台湾の国民党名誉首席が習近平総書記と会談。台湾をトラブルメーカーと自称

 台湾の与党国民党の名誉主席で元副総統の連戦氏は25日、中国・北京を訪れ、人民大 …

gwcvn73
握手と蹴り合い。防空識別圏をめぐる単純ではない米中交渉の行方

 米国のバイデン副大統領は日本訪問に引き続いて、12月4日から中国を訪問する。中 …

fortnox (1)
ドイツでNY連銀に保管されている金塊について疑念の声が高まる。金は存在しない?

 ドイツの中央銀行であるドイツ連邦銀行が保有する金塊について、本当にその量が存在 …

abe20141110
永田町で再び解散説が急浮上。ターゲットは11月17日のGDP発表直後?

 永田町に再び衆議院の解散風が吹き始めた。安倍首相は「解散はまったく考えていない …

globalmoney
国際的課税逃れへの包囲網が強まる。だがグローバル企業への規制が難しい本当の理由

 国境を越えた税金逃れに対する包囲網が急速に整えられつつある。欧州連合(EU)は …

vaticanheri
体育会系にミュージシャンにTV司会者。次期ローマ法王候補者は個性派キャラ揃い

 ローマ法王ベネディクト16世が、2月28日夜正式に退位した(本誌記事「存命中の …

abeseichou03
安倍首相が成長戦略第3弾を発表。全体像が見えてきたが市場の失望を誘う内容

 安倍首相は6月5日、都内で講演し規制緩和を軸とした成長戦略の第3弾を発表した。 …

narogo01
羅老号が再度打ち上げ中止。日本に40年遅れる韓国の技術でロケット打ち上げは無理?

 トラブルが相次ぎ打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老( …