ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国の新駐米大使は駐日大使経験者。中国はいよいよ日米の分断作戦開始との噂

 

 中国政府は3月3日、前駐日大使の崔天凱外務次官を駐米大使に起用する人事を決めた。駐日大使経験者が駐米大使に就任するのは極めて異例で、その真意をめぐって様々な憶測が飛び交っている。

 崔氏は2007年から2009年まで駐日大使を務めた経験がある。崔氏の専門は日本語ではなく英語。国連代表部の勤務経験もあり、駐日大使の人事の方がむしろ異例であった。
 最近では、日本に関する知識を駆使して、米国政界に対し、尖閣諸島は中国の領土であるとするロビー活動を積極的に行っているといわれる。崔氏の駐米大使起用は、日本と米国の分断工作が念頭にあるとの見方が有力だ。

 中国政府は同時に、外交部(外務省)次期外交部長(外務大臣)として、駐日大使経験のある王毅氏を内定している(本誌記事「中国外相に温家宝氏に近い王毅氏が内定」参照)。外務大臣と駐米大使という、中国政府の外交を担う要職に、揃って駐日大使の経験者が就任することになる。
 ちなみに王氏は温家宝首相に近く胡錦濤グループに属している。一方崔氏のバックには江沢民氏がいることから、習近平グループに近い存在だ。当初、習近平グループは外務大臣に現外務次官の張志軍氏を推していたが、王氏に譲ることになった。

 習近平グループの方が対日強硬派が多いといわれており、崔駐米大使は彼らの意向を受けて米国で活動する可能性が高く、日本にとっては難題といえる。

 - 政治

  関連記事

ibukibunmei kaisan
解散の万歳はどこでするのが正しい?過去のケースでは実はバラバラ

 衆議院解散における万歳三唱は帝国議会の時代からの慣習といわれてるが、今回の解散 …

minna
渡辺元代表がまさかの落選。消滅した「みんなの党」出身議員の当落は?

 党の内紛から解党に追い込まれた「みんなの党」の出身者が厳しい状況となっている。 …

chukounen
中高年は若者のことを考えているのか?いないのか?

 日本の政策のほとんどは中高年向けのものに偏っている。その際たるものは年金受給額 …

hagel
次期国防長官のヘーゲル氏。議会の公聴会で中国への懸念を示すもホンネは別?

 米オバマ大統領が次期米国防長官に指名している共和党のヘーゲル元上院議員に関する …

no image
ロムニー氏が弱者軽蔑発言。正論なのだが何が問題となっているのか?

 「米国民の47%は政府にタカっている」。共和党のロムニー大統領候補の弱者軽蔑と …

berurusukoni
イタリアの暴れん坊ベルルスコーニ元首相に有罪判決。収監は回避も政治力低下は必至

 イタリア最高裁は7月1日、脱税で起訴されていたベルルスコーニ元首相の上告を棄却 …

chibeto50
中国がチベット自治区50年式典を開催。中国による既成事実化が進む

 中国は2015年9月8日、「抗日戦争・反ファシズム戦争勝利70年」に続いて「チ …

abeseichou03
安倍首相が成長戦略第3弾を発表。全体像が見えてきたが市場の失望を誘う内容

 安倍首相は6月5日、都内で講演し規制緩和を軸とした成長戦略の第3弾を発表した。 …

kourai
尖閣諸島国有化から1年が経過。今後のカギを握るのは米中交渉の行方

 日本政府が尖閣諸島を国有化してから9月11日でちょうど1年となった。中国はこの …

okane
スイスで経営者の高額報酬に制限。だが役員報酬が世界で最も割高なのは日本企業だ

 スイスで3月3日、企業経営者の高額報酬を制限するか否かを問う国民投票が実施され …