ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

近い将来、タクシー感覚で乗れる航空輸送サービスが登場?値段も新幹線並み

 

 新幹線程度の料金で好きな時にタクシー感覚で利用できる航空輸送サービスの研究が欧州で進められている。

 PPLANEと名付けられたこの共同プロジェクトには、EUが資金提供し、欧州の11の機関が参画している。
 PPLANEが想定しているのは、小規模な都市間に自動操縦の小型飛行機を運航するというもの。定員は4~6名、速度は時速200~340km、飛行距離は300~500km程度を想定している。

 自動操縦をはじめとした徹底した合理化でコストを安くし、地上の移動手段の1.5倍から2.5倍程度に抑えるという。最終的には新幹線などの高速列車と同水準のキロあたり1.9ユーロを目指すという。

 自動操縦と聞くと不安を覚える人も多いかもしれないが、実は飛行機の自動操縦は自動車よりも容易といわれる。すでに自動車でも自動操縦するプロジェクトが多数進行している(Googleやトヨタの試みが有名)ことを考えると、技術的にはまったく問題ない。軍事目的としては、すでに無人機は実用レベルであり、当該プロジェクトにも欧州の軍需企業が参加している。

 現在の航空機も離着陸以外はほとんど自動操縦だ。最終的には離着陸や地上の移動もロボット化される見通しだという。事故のほとんどが人為ミスであることを考えると、合理的な選択なのかもしれない。

 PPLNAEのプロジェクトでも、自動操縦の技術よりも、複数の自動操縦された航空機をどのようにしてネットワーク上で管理するのかというシステム的な課題が多いという。PPLANEでは2030年以降の実用化を目指すとしているが、一定のニーズが見込めるのであれば、実用化は意外と早いのかもしれない。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

kaswase20130606
株高と円安は終わったのか?カギを握るのは購買力平価による為替レート

 日銀による異次元の緩和策以降、順調に進んできた円安と株高にブレーキがかかり始め …

aruno
アルノー家がディオールの株式を追加取得。LVMHの不透明性を払拭

 高級ブランド最大手LVMH(モエヘネシー・ルイヴィトン)は2017年4月25日 …

sonyenergy
もはやゴミ箱?産業革新機構が今度は爆発事故の前歴があるソニーの電池事業を救済

 ソ ニーが政府系ファンドの産業革新機構と電池事業の売却交渉に入った。22日の日 …

kosokudoro02
消費税の影響は今のところ限定的だが、やはり公共事業頼み?

 消費増税後の景気を、活発な公共事業が支える構図が明確になっている。内閣府が発表 …

no image
エコカー補助金をもらっておきながら自動車税廃止を要求する厚顔無恥な自動車業界

 自動車業界関連団体は29日、自動車2税(自動車取得税と自動車重量税)の廃止を要 …

jutaku02
全国で土地が余っている。都市部への人口集中を前提にした政策に舵を切る時期に

 政府は6月11日、平成25年版の「土地白書」を閣議決定した。人口の減少と高齢化 …

takenaka
経済財政諮問会議のメンバーが固まる。改革イメージ醸成と経団連外しが狙い?

 政府の経済政策の司令塔となる経済財政諮問会議や日本経済再生本部のメンバーが明ら …

businessman
2014年度の実質成長率見通しは1.3%に下落。その理由は消費増税ではない?

 政府の2014年度における経済成長見通しがほぼ固まった。物価変動の影響を除いた …

no image
ドイツでは東欧やアジアなど外国の格安介護施設が大人気

 日本と同じく高齢化が進むドイツで、物価の安い東欧諸国やアジアの介護施設に入居す …

panasonic
パナソニックがテレビ事業を大幅縮小。だがこれで何屋さんか分らない状態に

 パナソニックがテレビ事業を大幅に縮小すると日本経済新聞などが報じている。同社は …