ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

近い将来、タクシー感覚で乗れる航空輸送サービスが登場?値段も新幹線並み

 

 新幹線程度の料金で好きな時にタクシー感覚で利用できる航空輸送サービスの研究が欧州で進められている。

 PPLANEと名付けられたこの共同プロジェクトには、EUが資金提供し、欧州の11の機関が参画している。
 PPLANEが想定しているのは、小規模な都市間に自動操縦の小型飛行機を運航するというもの。定員は4~6名、速度は時速200~340km、飛行距離は300~500km程度を想定している。

 自動操縦をはじめとした徹底した合理化でコストを安くし、地上の移動手段の1.5倍から2.5倍程度に抑えるという。最終的には新幹線などの高速列車と同水準のキロあたり1.9ユーロを目指すという。

 自動操縦と聞くと不安を覚える人も多いかもしれないが、実は飛行機の自動操縦は自動車よりも容易といわれる。すでに自動車でも自動操縦するプロジェクトが多数進行している(Googleやトヨタの試みが有名)ことを考えると、技術的にはまったく問題ない。軍事目的としては、すでに無人機は実用レベルであり、当該プロジェクトにも欧州の軍需企業が参加している。

 現在の航空機も離着陸以外はほとんど自動操縦だ。最終的には離着陸や地上の移動もロボット化される見通しだという。事故のほとんどが人為ミスであることを考えると、合理的な選択なのかもしれない。

 PPLNAEのプロジェクトでも、自動操縦の技術よりも、複数の自動操縦された航空機をどのようにしてネットワーク上で管理するのかというシステム的な課題が多いという。PPLANEでは2030年以降の実用化を目指すとしているが、一定のニーズが見込めるのであれば、実用化は意外と早いのかもしれない。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

no image
パルコを巡る痴話喧嘩が終結。そこから見えてくるものとは?

 2年以上に及ぶパルコの経営権をめぐるゴタゴタがようやく終結した。8月末、Jフロ …

nougyouyushutu
日本の農作物輸出が過去最大。だが全体から見れば輸出はごくわずかという現実

 日本の農作物の輸出が徐々に増加している。農林水産省の調査によると、2013年に …

ginonujisshu
現代の奴隷制度ともいわれる外国人技能実習制度の改革は進むのか?

 新興国の外国人を期間限定で受け入れ、働きながら技能を学ぶ「技能実習制度」の改革 …

setubitousi
1月の機械受注はわずかに減少。1~3月期のGDPにはどう影響する?

 内閣府は2015年3月11日、1月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

no image
ユーロ・ベガス計画がマドリードに決定。スペインの街にイタリア都市が出現?

 ユーロ・ベガスと呼ばれるスペインの超大型カジノ計画をめぐって、激しい誘致合戦を …

girishagikai
銀行預金引き出し制限下のギリシャで飛び交うデマから分かること

 ギリシャ政府のIMF(国際通貨基金)に対する15億ユーロ(約2000億円)の支 …

fukusima
原子力規制委員会が明らかにした再稼動審査の方針。事故防止の観点がまったく欠如

 原子力規制委員会が打ち出した、7月以降に開始する原発の再稼動審査の内容について …

businessman02
このところ顕著になっている人手不足は景気拡大によるものなのか?

 このところ人手不足がより顕著になっている。人手不足は景気が良くなっている証拠と …

imf201501
IMFが2015年の世界経済見通しを発表。米国だけが大幅上方修正

 IMF(国際通貨基金)は2015年1月20日、世界経済見通しを発表した。201 …

abejosei
4~6月期のGDPは大幅マイナスの見込み。秋以降、政局流動化の可能性も

 来週に発表される4~6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、大幅なマイナスに …