ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

FRBがQE3実施を決定。バーナンキ議長が抱く真の野望が明らかに

 

 米連邦準備制度理事会(FRB)はとうとう量的緩和第3弾(QE3)に踏み切る。13日までに開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、住宅ローン担保証券(MBS)を追加的に買い取ることを決定した。規模は月額400億ドルで期限は無制限となっている。

 多くのマスコミは状況をよく理解していないのか「失業率が高止まりしており、景気を下支えするために、量的緩和に踏み切った」などと暢気な報道をしているが、今回の措置はそんなレベルのものではない。

 今回のFOMCについては、証券市場関係者を中心にQE3を期待する声も多かったが、米国経済をよく知る専門家の多くは実施に懐疑的であった。米国経済は順調に回復してきており、特に懸念材料であった住宅価格がここ1~2ヶ月は上昇傾向が顕著になってきている。
 量的緩和にはリスクもあることから「あえてここで緩和に踏み切らなくてもとよい」(エコノミスト)というのが常識的判断であった。

 だが今回の決定で、バーナンキ議長はその常識のはるか上を行っていることが明らかになった。住宅市場の回復が鮮明になってきたところに、MBSを月3兆円も、しかも無制限に買い上げれば、価格上昇が加速するのは目に見えている。

 バーナンキ議長が目指しているのは、米国景気の着実な回復ではなかったのだ。次の大型バブルを発生させたいのである。それがインフレのリスクを伴うものであってもだ。

 今回の決定によって「ダウ平均も2万円台が視野に入ってきた」(米国株トレーダー)という。潮目は完全に変わったのだ。真剣にインフレ対策を考えなければならない時期に来ている。

 - 経済

  関連記事

kankokuginkou
日本としてはラッキー?失効した日韓通貨スワップ協定を中国が肩代わり

 韓国の中央銀行にあたる韓国銀行6月27日、中国との間で、緊急時に通貨を融通し合 …

apple
中国の販売見込みが予想を下回り、好業績だが失望となったアップルの決算

 米アップルは2014年1月27日、2013年10~12月期決算を発表した。四半 …

no image
経済誌のスクープ記事で、アップルの奴隷に成り下がった日本メーカーの実態が明らかに

 週刊ダイヤモンドのアップル特集が話題となっている。iPhoneに部品を供給する …

MAC
マクドナルドが7年ぶり減益。だが原田マジック消滅との報道は過剰反応

 日本マクドナルドホールディングスは3月19日、株主総会を開催した。同社の201 …

no image
もの作り革命の本「Makers」が早くも話題に。だがそれは日本の3回目の敗北を意味する

 『ロングテール』や『FREE』といったネットにおける新しいビジネスモデルをいち …

uschinadialog2014
6回目の米中戦略・経済対話が北京で開催。ケリー国務長官とルー財務長官が揃って参加

 米中両国が、安全保障問題や経済問題について話し合う第6回米中戦略・経済対話が2 …

wine
グローバル経済の思わぬ影響。フランス人はワインを減らし、米国人や中国人は増やす

 ワイン大国といわれたフランスでワインの消費量が減っている。フランスでは過去5年 …

imf201304
日本に財政健全化を強く求めたといわれるG20声明はどう解釈すべきなのか?

 米ワシントンにおいて4月18日と19日、G20(20カ国・地域財務相・中央銀行 …

takeshima
朴槿恵氏の大統領就任で韓国経済や日韓関係はどうなるか?

 与党セヌリ党の朴槿恵(パク・クネ)候補が大統領に選出されたことで、韓国はどのよ …

mandela
マンデラ氏の追悼式で、現職のズマ大統領が猛烈なブーイングを浴びたワケ

 南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領の追悼式が2013年12月10日、南アフ …