ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

サムスンがシャープに100億出資。シャープもゾンビ企業への第一歩を踏み出したか?

 

 経営再建中のシャープは6日、韓国サムスン電子(サムスン電子の日本法人)との資本・業務提携を発表した。シャープが実施する第三者割当増資をサムスンが103億円で引き受ける。シャープはサムスンに対し、大型テレビの液晶パネルのほか、ノートパソコン向け中小型液晶パネルを供給する。

 シャープはこれまで台湾の鴻海精密工業との資本・業務提携を前提に再建計画を進める予定であった。だがシャープ経営陣が鴻海からの経営介入を嫌ったことから交渉が難航し、鴻海との提携は中断していた(本誌記事「シャープが年度内の中期経営計画を策定。ホンハイとの提携は完全に流れたか?」参照)。

 シャープは現在、金融機関に対して7000億円近くの負債を抱えている。また今年9月に2000億円のCB(転換社債)償還を控えており、増資か追加融資でCB償還資金を手当てする必要がある。当初は鴻海との資本提携により液晶パネルの生産を増大させるというシナリオで金融機関は追加支援を行う算段だった。

 鴻海との提携がなくなったことで、次のシナリオが必要となったわけだが、金融機関としては、すでに後には引けない状況となっている。もはや現段階では、確実に再建ができるシナリオよりも、追加支援を正当化するための著名な提携先を探す方が優先している可能性がある。その意味でサムソスンはビックネームであり、シャープ経営や金融機関としてはうってつけの存在かもしれない。

 サムスンからの出資はわずか100億円で、しかもサムスン本体からではなく、日本の現地法人による出資だ。また提携内容も、大量供給が見込めるアップル向けの製品ではなく、テレビやノートパソコン向けのパネル供給となっている。サムスン本体がシャープを傘下に収めるような話になると、最大顧客であるアップル社との関係が悪化する可能性もある。現段階でサムスンが本格的にシャープと組むと判断するのは早計だろう。

 だが日本側から見れば、サムスンというビックネームとの提携が形式的には成立したわけであり、金融機関は追加融資しやすくなる。また公募増資を行う噂も出ているが、引き受ける証券会社もサムスンの名前を出せば株を売りやすいかもしれない。
 シャープの本格的な経営再建や日本の産業競争力回復という意味では、競合メーカーとの資本提携はむしろ逆効果である。だが、シャープの単純な延命や経営陣の保身という点では、皮肉なことに今回の提携によって一歩前進した可能性がある。シャープもとうとうゾンビ企業への道を歩み始めたのかもしれない。

 - 経済

  関連記事

google2014
グーグルの4~6月期決算。クリック数、単価ともに安定的に推移

 ネット検索大手米グーグルは2014年7月17日、2014年4~6月期の決算を発 …

kabuka
5兆円の損失を公表したGPIFがスマートベータ型運用にシフト。果たして儲かるのか?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が保有する銘柄の公 …

chokusetsutoshi001
加速する日本の海外投資。所得収支の増加に貢献

 日本の海外投資が加速している。財務省によると、2013年末における日本の対外純 …

nissan
自動車業界が大変動。ルノー・日産連合が上半期で世界トップに

 今年上半期の自動車販売で仏ルノー・日産連合が世界首位となった。自動車市場はそろ …

ekishoutv
TVなどの電子機器販売が壊滅状態。もはや電機メーカーは農業やゼネコンと同じ

 電子情報技術産業協会(JEITA)は21日、1月の民生用電子機器(AV機器、車 …

imd
世界競争力ランキングで日本は27位。上位常連の国と日本は何が違う?

 スイスのビジネススクールであるIMD(国際経営開発研究所)は2015年5月27 …

marugen
丸源ビルのオーナーが検察を徹底批判。死んだら全財産を国に寄贈の考えは変わったか?

 銀座などの歓楽街で「丸源ビル」を展開する不動産グループの経営者で、脱税容疑で逮 …

no image
為替市場で円高が進行。投資家の注目が「実質金利」に集中したことが要因?

 為替市場で円安が進んでいる。5日には一時、1ドル=109円台を付けるなど、1年 …

jinmingen02
中国の金融引き締めで追い込まれる中小銀行。当局は大混乱覚悟で続行か?

 中国で短期金利が急騰し、流動性が逼迫している問題で、中央銀行にあたる中国人民銀 …

tosho
東証が企業に対して踏み込んだ適時開示をするよう指導中。背後にある問題とは?

 東京証券取引所が、投資家に対する適時開示について、より踏み込んだ内容にするよう …