ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ダウの高値更新でバブル論。だが、米国がバブルだというなら、日本はもっとバブルだ!

 

 3月6日のニューヨーク株式市場は、前日に続いて史上最高値を更新した。雇用指標が良好だったことや、FRBの緩和政策が継続するとの見方から買い進まれ、ダウ平均株価は前日の終値から42.47ドル上昇して1万4296.24ドルとなり史上最高値を更新して引けた。

 米国の株価が史上最高値を更新したことで、一部のメディアや評論家の中からは、米国株がバブルになっていると指摘する声があがっている。
 米国の株高がバブルなのかは誰にも分らないが、確実に言えることは、現在の米国株がバブルなら、日本株はもっとバブルだという現実である。

  米国はリーマンショック崩壊後の2009年から現在までの間に、GDPは12.2%増加し、物価も7%近く上昇した。年率換算すれば、GDPは3.9%成長、物価は2.2%成長である。

 これに対しては日本はデフレが続き、GDPも物価も横ばいかマイナスが続いている。アベノミクスで2%の物価目標を導入することだけでこれだけ大騒ぎしている状態なのに、米国は2%成長など、当たり前のように実現している。
 さらにユニクロやソフトバンクなどごく一部の企業以外は総崩れの日本に対して、米国にはGoogle、Apple、Amazon、ウォルマート、ディズニーなどお化け企業が数えきれないほど存在している。

 日本は期待だけが先行し実体経済の指標が伴っていないにも関わらずリーマンショック後から株価は1.5倍に上昇しているが、米国は景気上昇という現実の成果が出た上で株価は約2倍である。米国がバブルというなら、日本はとんでもないバブルである。

 現実を見ず、妄想や願望だけで議論するのはもうやめようではないか。株価がバブルかどうかなど神以外知る由はない。我々は現実を見ることしかできないのだ。
 現実を冷静に眺めてみれば、米国は経済が順調に回復して株価が2倍。日本はまったく回復していない状態で1.5倍。それだけである。

 - 経済

  関連記事

bouekitoukei201309
円安による輸出回復は困難であることがほぼ確定的に。政府も現状を認識し始めている

 アベノミクスのスタート以降、円安によって日本の製造業が回復し、設備投資が復活す …

abe20130901
秋にまとまる一連の成長戦略パッケージは、事実上の計画経済へのシフト?

 秋の臨時国会に提出が予定されている産業競争力強化法案など、一連の成長戦略パッケ …

kokuritsukyogijo
創造か破壊か?新国立競技場のあまりの奇抜さと巨大さに各方面から異論噴出

 2020年の東京オリンピック開催が正式決定したことで、メイン会場となる新国立競 …

trumptrade
トランプ大統領が貿易不均衡是正の大統領令にサイン。ターゲットは日独中

 トランプ大統領は3月31日、貿易赤字の削減を目指す大統領令に署名した。高い関税 …

harada
マック原田社長の事業会社社長退任が象徴する、日本経済の隔絶された環境

 日本マクドナルドホールディングスは8月27日取締役会を開催し、原田泳幸会長兼社 …

okane
欧州で権力者の「お金」に関する不正が次々と発覚。欧州は日本と同様、本音と建前の国

 経済危機が続く欧州において、金融取引をめぐる本音と建前の乖離がさらに顕著になっ …

lngusa
米国産LNGが日本に到着。エネルギー調達の多角化は進むのか?

 硬直的だった日本のエネルギー調達に変化の兆しが見え始めている。きっかけになった …

amazondorone
民泊にドローン宅配。規制緩和は特区限定で、なぜか外資系企業ばかり

 政府は、国家戦略特区において小型無人機ドローンによる宅配を認める方針を固めた。 …

nichigin02
円安をめぐって日銀と政府・財界に温度差。追加緩和か物価目標修正か?

 急激に進む円安をめぐって、日銀と政府・財界に温度差が出てきている。今後の金融政 …

ierensamazu
FRB議長の後任人事。市場はサマーズ氏ではなくイエレン副議長を望んでいるが・・・

 米国における量的緩和策の出口戦略が明確になりつつある中、来年早々にも退任すると …