ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

10年後には国債1000兆円との財務省試算。だが前提条件が甘く、現実はもっと厳しい

 

 財務省は3月6日、国債の残高が10年後の2022年度末に1000兆円を超えるという試算を発表した。高齢化に伴う社会保障費の増大と金利上昇による利払い費の増加が主な要因。消費税率を引き上げたとしても、財政再建が厳しいことを示している。

 現在の国債残高は732兆円だが、22年度末には1014兆円に膨らむ見込み。一般会計における国債費は現在22.2兆円だが、16年度には28.7兆円に増加する。消費税が増税されたとしても、国債に依存する基本構造は変化しない。
 財政が好転しない理由は簡単で、高齢化に伴い社会保障費が増大していることと、借金による利払いが減らないことである。

 社会保障費は一般会計予算の約3割を占めており、それだけでもかなりの割合とえいる。
 だが一般会計には国債の償還や利払いに充てる国債費が含まれており、こちらは全体の2割に達する。現実に使える予算に対する割合で考えると、社会保障費は全体の4割を超え、さらに地方自治体への補助を合わせると、実に6割のお金が消えていく計算になる。

 防衛費や公共事業、科学技術振興などの予算は残りの4割から支出しており、社会保障費(年金と医療)と地方への補助がいかに大きいかが分かる。
 官庁における予算のムダ使いを擁護する気はさらさらないが、これだけ借金の山になっている根本原因は、年金と医療、地方への補助というのが現実なのだ。

 財務省がこの手の試算を公表する際には、消費税をはじめとする各種増税を国民に納得させるという目的があるため、本来は注意が必要だ。だが今回の試算は、むしろ前提条件が甘く、実態はもっと厳しいと見た方がよいという結果になっている。

 試算の前提となっているGPDの成長率は3%、長期金利は1.8%から2.5%に上昇するとしている。アベノミクスの成果にもよるが、3%成長を持続させることは現在の経済状況からするとかなり難しいと考えられる。長期金利についても、国債の消化状況が悪ければさらに上昇するリスクもある。

 今後、大増税を繰り返して財源を確保するのか、破たんするまで借金を積み上げるのか、年金をカットするのか、極論を言えば、日本にはこの3つしか選択肢はない。
 国民がハラを据えて選択すべき時は、刻々と近づいている。

 - 政治, 経済

  関連記事

abe201409
臨時国会冒頭解散・11月9日選挙という説が台頭。確実性はどの程度?

 安倍政権が9月29日に招集される秋の臨時国会冒頭で解散に踏み切るという話が永田 …

japandisplay
「国営企業」ジャパンディスプレイの公募価格割れから考える、過剰な政府介入のリスク

 オールジャパンを掲げ、鳴り物入りでIPO(新規株式公開)したジャパンディスプレ …

tpphawai
TPPは最終合意に至らず閉幕。今後の政治日程は極めて厳しい

 環太平パートナーシップ協定(TPP)閣僚会合は2015年7月31日、最終合意に …

tu-95
ロシア軍機がグアム上空を威嚇飛行。これは尖閣問題と完全にリンクしている

 米太平洋軍は、ロシア空軍の航空機がグアム島近辺の上空を旋回し、米軍のF-15戦 …

kawase201301
JPモルガンの佐々木氏がとうとう見通しを変更。今回の円安転換はホンモノかもしれない。

 為替市場において円安がさらに加速しそうな勢いだ。安倍首相による日銀に対する緩和 …

hasimoto
維新の会が大失速。安倍氏は旧自民党の政策に逆戻り

 大阪維新の会が大失速している。各種世論調査は支持率が低迷、維新の会が開催する政 …

no image
財務省人事、真砂氏の次の次官は誰だ?

【本記事は2012年8月のものです。財務省の最新の人事情報記事はこちらです】「木 …

tanakamakiko00
ハチャメチャ田中文科相が期せずしてあぶり出した、腐敗した教育行政の闇

 田中真紀子文部科学相が、新設を申請していた3大学について突如不認可としたことで …

abetoben
首相がアベノミクスへの懸念について見解を表明。あと半年で円安効果が出るというが・・

 安倍首相は5月7日の参院予算委員会の集中審議に出席し、貿易赤字やインフレなど、 …

abenaikaku3ji
第3次安倍内閣が発足。経済最優先だが、再度の追加緩和頼み?

 第3次安倍内閣が本格的なスタートを切った。安倍首相は発足後ただちに財界に対して …