ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

黒田新総裁は実はインフレ課税を狙っている?刺激的な英経済紙のコラムが話題に

 

 日本のインフレ課税の可能性について指摘したエコノミスト誌のコラムが市場関係者の間で話題になっている。
 コラムでは黒田日銀新総裁が、日銀の力だけで達成できると考えていることや、岩田副総裁など急進的なメンバーが揃ったことで、2%の物価目標を超えるインフレを日銀が引き起こすことが可能と指摘している。推奨はしないとしながらも、その政策はまさにインフレ課税であり、日本の政府債務を削減できるものであるとしている。

 インフレ課税とは人為的にインフレを起こして、増税と同じ効果を得ようとする政策のことである。例えば政府が国債によって国民から1兆円の借金をしていると仮定する。もしインフレが起こって物価が5倍になれば政府の歳入も5倍になる(ただし歳出も5倍になるので実質は変わらない)。
 だが借金は1兆円のままで変化しない。物価が5倍になっていれば、返済の期限が来た日には実質的に借金は5分の1に減っていることになる。増税しなくても、政府の借入をチャラにできるので、実質的には増税と同じ効果になる。これをインフレ課税と呼ぶ。

 インフレ課税が行われると損をするのは国債を買っていた投資家である。物価が5倍になったとしても、100万円で投資したものは100万円しか返ってこない。400万円分、政府に税金を納めたのと同じことになってしまう。

 インフレ課税は知らない間に投資家が損をして税金を徴収できるシステムである。増税は国民から強い反発があるので、為政者はインフレ課税を実施したい誘惑に駆られる。歴史上何度もインフレ課税が行われ、場合によってはインフレが行き過ぎて国家が破たんしてきた。

 その点、財務省はほとんどがガチガチの財政均衡論者であり、財政支出のバランスは増税でカバーすべきと頑なに考えている。だが同じ財務省出身者といっても、主計局を中心とした保守本流を歩んでいない黒田氏(主税局と国際局)であれば、ひょっとするとインフレ課税を考えているかもしれない。少なくとも思考実験としては面白い話である。

 コラムでも指摘されている通り、インフレ課税が成功すれば、政府債務は激減し、財政は一気に好転する。一方で、取り返しのつかない結果をもたらす可能性もある。最大のリスクは、インフレが制御不能になり、円が暴落、資産逃避が起きるというシナリオである。

 - 政治, 経済

  関連記事

interviewposter
結果的に宣伝に?北朝鮮ハッカー攻撃を受けたソニーの映画が一転して公開、大盛況に

 北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺計画を題材にしたコメディ映画「ザ・インタ ビュー」 …

amazonbooks
アマゾンがリアル店舗の本格展開を検討中?本当なら書籍市場に大きな変化が

 米アマゾンが、全米で300~400の実店舗の展開を計画しているとの噂が広がって …

kenpo
安保法制をめぐり憲法解釈に関する議論が紛糾。日本において立憲主義の定着は困難?

 安保法制をめぐる議論が紛糾している。衆院の憲法審査会では、与党が推薦した参考人 …

lionair
LCC(格安航空会社)が航空機の最大の買い手に浮上。日本だけがガラパゴス

 航空機の買い手として格安航空会社が急激にその存在感を高めている。航空機大手のエ …

futenma
普天間基地の移設問題は、日米関係ではなく、むしろ日中関係に大きな影響を与える

 沖縄県の仲井真弘多(ひろかず)知事は2013年12月27日、米軍普天間基地の移 …

josen
福島の除染作業で不正が発覚。だが本当の問題は別に存在している

 東京電力福島第1原発事故に伴う、被災地域の除染事業において不正が行われているこ …

kosokudoro02
財政投融資のあり方に関する議論が財務省でスタート。焦点は官製ファンドなど産業投資

 財務省は従来の財政投融資のあり方を検証し、今後の方向性を見極める作業に着手した …

jinkoucinoukaiga
人工知能によって仕事の半分がなくなるとの野村総研の推計。現実はもう少し残酷?

 野村総合研究所は2015年12月2日、日本の労働人口の約半数が、人工知能やロボ …

jdiishikawa
有機ELで日本勢は総崩れ?シャープが突然、ジャパンディスプレイとの連携を呼びかけ

 次世代のディスプレイ技術である有機ELの開発をめぐって国内液晶メーカーが迷走し …

ishiba
石破幹事長が安倍政権で孤立?独自派閥結成と若手囲い込みを模索中

 自民党の石破茂幹事長が実質的な派閥の立ち上げに動いている。石破氏に近い議員らに …