ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

黒田新総裁は実はインフレ課税を狙っている?刺激的な英経済紙のコラムが話題に

 

 日本のインフレ課税の可能性について指摘したエコノミスト誌のコラムが市場関係者の間で話題になっている。
 コラムでは黒田日銀新総裁が、日銀の力だけで達成できると考えていることや、岩田副総裁など急進的なメンバーが揃ったことで、2%の物価目標を超えるインフレを日銀が引き起こすことが可能と指摘している。推奨はしないとしながらも、その政策はまさにインフレ課税であり、日本の政府債務を削減できるものであるとしている。

 インフレ課税とは人為的にインフレを起こして、増税と同じ効果を得ようとする政策のことである。例えば政府が国債によって国民から1兆円の借金をしていると仮定する。もしインフレが起こって物価が5倍になれば政府の歳入も5倍になる(ただし歳出も5倍になるので実質は変わらない)。
 だが借金は1兆円のままで変化しない。物価が5倍になっていれば、返済の期限が来た日には実質的に借金は5分の1に減っていることになる。増税しなくても、政府の借入をチャラにできるので、実質的には増税と同じ効果になる。これをインフレ課税と呼ぶ。

 インフレ課税が行われると損をするのは国債を買っていた投資家である。物価が5倍になったとしても、100万円で投資したものは100万円しか返ってこない。400万円分、政府に税金を納めたのと同じことになってしまう。

 インフレ課税は知らない間に投資家が損をして税金を徴収できるシステムである。増税は国民から強い反発があるので、為政者はインフレ課税を実施したい誘惑に駆られる。歴史上何度もインフレ課税が行われ、場合によってはインフレが行き過ぎて国家が破たんしてきた。

 その点、財務省はほとんどがガチガチの財政均衡論者であり、財政支出のバランスは増税でカバーすべきと頑なに考えている。だが同じ財務省出身者といっても、主計局を中心とした保守本流を歩んでいない黒田氏(主税局と国際局)であれば、ひょっとするとインフレ課税を考えているかもしれない。少なくとも思考実験としては面白い話である。

 コラムでも指摘されている通り、インフレ課税が成功すれば、政府債務は激減し、財政は一気に好転する。一方で、取り返しのつかない結果をもたらす可能性もある。最大のリスクは、インフレが制御不能になり、円が暴落、資産逃避が起きるというシナリオである。

 - 政治, 経済

  関連記事

jinminkaihogun01
中国の武器輸出が急増。中国軍の質的能力向上のサインか?

 スウェーデンのシンクタンク・ストックホルム国際平和研究所は2015年3月16日 …

jinmingen
IMFが特別引出権(SDR)に人民元を採用。英国の全面支援が決め手?

 IMF(国際通貨基金)は、11月にも特別引き出し権(SDR)と呼ばれる準備通貨 …

googleio2015
グーグルがスマホ向けの新OSを公開。人工知能が強化され、利用者の状況把握がさらに進展

 米グーグルは2015年5月28日、スマホ向け基本ソフトの新製品である「アンドロ …

abe201405
集団的自衛権見直しの報告書提出へ。ただ公明への配慮から閣議決定時期は流動的

 集団的自衛権の行使に関する憲法解釈見直しを議論している安倍首相の私的懇談会は、 …

kikaiinsatu
機械受注は過去最大の伸びだったが、あくまで特殊要因。実態はマイナス

 設備投資の先行指標となる機械受注が11年ぶりの良好な数字となった。だが特殊要因 …

ryounei
中国発の空母「遼寧」が南シナ海で初の長距離訓練を実施。その意味は?

 中国初の空母「遼寧」が、駆逐艦などと空母機動部隊を編成し、初めての長距離訓練を …

nougyouyushutu
国内版ワーホリに批判殺到。地方の労働市場はもはや市場メカニズムを放棄?

 総務省が、都市部の学生や若手社員が長期休暇を利用して地方で働く「ふるさとワーキ …

businessman
日本経済に暗雲。1月の消費はさらにダウンし、生産見通しも悪化

 日本経済に暗雲が垂れ込めている。2015年10~12月期のGDP(国内総生産) …

microsofthead
ダウは1万8000ドル回復だが、IT企業の決算が冴えず、投資家は依然慎重

 米国IT企業各社の決算が今ひとつの状況となっている。絶対値としてそれほど悪い数 …

puticshukinpei201405
中国がロシアから天然ガスを高価格で大量購入。ウクライナ問題でロシアが優位に?

 ロシアと中国が、天然ガス供給に関する大型の長期契約を締結した。ロシアはEUに代 …