ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

金融庁が空売り規制をようやく緩和。株式市場はようやく平時の状態へ

 

 金融庁は3月7日、株式の「空売り規制」を緩和すると発表した。金融庁はリーマンショック後の2008年から、株価の急激な値下がりを防ぐために規制を導入していた。今年11月からは前日終値より10%以上下がった場合のみに適用される。市場ではようやく平時の状態に戻れると安心感が広がっている。

 空売りとは、株式を借りてきて市場で売却する取引手法。売却後は一定期間後に株を買い戻して持ち主に返却する。
 株の空売りについてはかなりの誤解がある。空売りは株価を下落させる原因になるとされているが実際には違う。
 確かに売られた瞬間には株価は下落するが、空売りを実施した一定期間後には必ず買い戻さなければならないため、むしろ最終的には株価の買い支えにつながる。現物株の場合は買い戻される保証がないので、株価の下落にはむしろ深刻な影響を与える。
 また相場が過熱した時にはそれを冷やす効果もあり、空売りが存在する方が最終的には相場の安定につながる。

 ただ現物株を持っていなくても株を売ることができるので、相場の下落局面ではその影響が過大視されることもある。今回の規制はまさにその典型といえる。
 市場関係者からは「円滑な取引を妨げている」との指摘が出ており、金融庁もその声に配慮した格好だ。だが、空売りが市場のかく乱要因になるとの基本的な考えは変えておらず、株価の下落があれば、再び規制が発動される可能性もある。

 だが株式市場にとってもっとも重要なことは、規制をすることではなく、どんな時でも取引が継続されることである。規制が発動されるリスクのある市場にはお金が集まらず、取引の厚みが確保されない。結果として株価も乱高下しやすくなる。
 米国の株式市場は日本に比べると規制が少ないが、日本よりもずっと安定した値動きとなっている。最終的には取引の自由が確保されていることこそが、市場の安定と信頼につながってくるのだ。

 - 経済

  関連記事

kokusaishushi201310
10月の国際収支で見えてきた慢性的な経常赤字への道。日本はどうすべき?

 財務省は2013年12月9日、10月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示 …

nihonchokuhan
TV通販の日本直販。TV局にしがみつき粉飾にまで手を染めたがとうとう行き倒れ

 最大3メートル伸びる「高枝切りばさみ」などのアイデア商品で知られる「日本直販」 …

doller
米国の債務上限問題。1兆円コイン発行という奇策は財務省が否定

 新年に入りオバマ大統領と議会共和党の攻防が再び激しくなっている。昨年末、財政の …

g20washington201604s
相次ぐ日本経済にとっての逆風。追加緩和以外に手はないが、原油増産凍結が追い打ち

 この週末、日本経済にとってマイナスとなる出来事が相次いだ。熊本地震の影響もあり …

cyprus2
キプロス問題でとうとうロシアが介入か?小さな島をめぐって地政学上の策略が渦巻く

 金融危機に陥ったキプロスの支援策をめぐって、とうとうロシアが本格的に動き始めた …

tosho
東証が企業に対して踏み込んだ適時開示をするよう指導中。背後にある問題とは?

 東京証券取引所が、投資家に対する適時開示について、より踏み込んだ内容にするよう …

kaimono
これは悪いインフレの兆候?4月の消費者物価指数は庶民にとってトホホな内容

 総務省は5月31日、4月の全国消費者物価指数を発表した。生鮮食料品を除く総合指 …

sonycity
REITが次々に増資と物件取得を実施。インフレ期待からまだまだ上昇するのか?

 REIT(不動産投資信託)の増資と物件取得が相次いでいる。国内では最大級のRE …

trumpyosan
トランプ大統領はもう予算に興味がない?外遊中に予算教書提出の前代未聞

 米国のトランプ政権が初の予算教書(正式版)を議会に提出した。当初は予算教書の提 …

girishagikai
ギリシャの国民投票は緊縮策にNo。約束手形の発行となれば、事実上のドラクマ復活?

 IMF(国際通貨基金)など国際機関に対する支払いができない状態にあるギリシャで …