ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

金融庁が空売り規制をようやく緩和。株式市場はようやく平時の状態へ

 

 金融庁は3月7日、株式の「空売り規制」を緩和すると発表した。金融庁はリーマンショック後の2008年から、株価の急激な値下がりを防ぐために規制を導入していた。今年11月からは前日終値より10%以上下がった場合のみに適用される。市場ではようやく平時の状態に戻れると安心感が広がっている。

 空売りとは、株式を借りてきて市場で売却する取引手法。売却後は一定期間後に株を買い戻して持ち主に返却する。
 株の空売りについてはかなりの誤解がある。空売りは株価を下落させる原因になるとされているが実際には違う。
 確かに売られた瞬間には株価は下落するが、空売りを実施した一定期間後には必ず買い戻さなければならないため、むしろ最終的には株価の買い支えにつながる。現物株の場合は買い戻される保証がないので、株価の下落にはむしろ深刻な影響を与える。
 また相場が過熱した時にはそれを冷やす効果もあり、空売りが存在する方が最終的には相場の安定につながる。

 ただ現物株を持っていなくても株を売ることができるので、相場の下落局面ではその影響が過大視されることもある。今回の規制はまさにその典型といえる。
 市場関係者からは「円滑な取引を妨げている」との指摘が出ており、金融庁もその声に配慮した格好だ。だが、空売りが市場のかく乱要因になるとの基本的な考えは変えておらず、株価の下落があれば、再び規制が発動される可能性もある。

 だが株式市場にとってもっとも重要なことは、規制をすることではなく、どんな時でも取引が継続されることである。規制が発動されるリスクのある市場にはお金が集まらず、取引の厚みが確保されない。結果として株価も乱高下しやすくなる。
 米国の株式市場は日本に比べると規制が少ないが、日本よりもずっと安定した値動きとなっている。最終的には取引の自由が確保されていることこそが、市場の安定と信頼につながってくるのだ。

 - 経済

  関連記事

intelbaytrail
インテル1~3月期決算。データセンター好調も、IoTはまだまだ途上

 半導体世界最大手の米インテルは2015年4月14日、2015年1~3月期の決算 …

mikitani
三木谷氏が規制強化を批判して委員辞任を示唆。安倍政権はなぜ態度を決められない?

 楽天の三木谷社長は11月6日、都内で記者会見を行い、政府が大衆薬のネット販売を …

nichigin02
マネーストックの伸びは順調。だが絶対値では量的緩和以降、横ばいの傾向

 日銀は10月11日、9月のマネーストック(マネーサプライ)速報を発表した。代表 …

sengyoushufu
総務省の家計調査結果に新しい兆候が。日本からとうとう専業主婦がいなくなる?

 総務省は2012年2月19日、2012年の家計調査報告を発表した。サラリーマン …

doller02
外貨準備の運用を民間に開放。一部からは金融機関の救済策との声も

 政府は外国為替資金特別会計(いわゆる外為特会)の運用方針を見直す。これまで外部 …

no image
スペインに工場を移管するメーカーが続出。理由はコストの安さと政府の労働市場改革

 財政危機によって大打撃を受けたスペインだが、労働者の賃金が大幅に低下したことで …

todai
茂木健一郎氏のツイッター発言で偏差値論争が再燃。日本人が偏差値大好きな理由とは?

 脳科学者の茂木健一郎氏がツイッター上で、学力偏差値とそれを公表している大学受験 …

nyse
世界景気の後退を受けて下落が続く米国株。焦点は原油安のもたらす影響

 米国株式市場の下落が続いている。10月9日のダウ平均株価は、前日比334ドル9 …

bouekitoukei201303
円安の効果も半減?日本の輸出数量減少に歯止めがかからない!

 財務省は4月18日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

bouekitoukei201307
7月の貿易統計は赤字拡大。そろそろ貿易赤字を前提にした産業政策を議論すべき時

 財務省は8月19日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …