ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

金融庁が空売り規制をようやく緩和。株式市場はようやく平時の状態へ

 

 金融庁は3月7日、株式の「空売り規制」を緩和すると発表した。金融庁はリーマンショック後の2008年から、株価の急激な値下がりを防ぐために規制を導入していた。今年11月からは前日終値より10%以上下がった場合のみに適用される。市場ではようやく平時の状態に戻れると安心感が広がっている。

 空売りとは、株式を借りてきて市場で売却する取引手法。売却後は一定期間後に株を買い戻して持ち主に返却する。
 株の空売りについてはかなりの誤解がある。空売りは株価を下落させる原因になるとされているが実際には違う。
 確かに売られた瞬間には株価は下落するが、空売りを実施した一定期間後には必ず買い戻さなければならないため、むしろ最終的には株価の買い支えにつながる。現物株の場合は買い戻される保証がないので、株価の下落にはむしろ深刻な影響を与える。
 また相場が過熱した時にはそれを冷やす効果もあり、空売りが存在する方が最終的には相場の安定につながる。

 ただ現物株を持っていなくても株を売ることができるので、相場の下落局面ではその影響が過大視されることもある。今回の規制はまさにその典型といえる。
 市場関係者からは「円滑な取引を妨げている」との指摘が出ており、金融庁もその声に配慮した格好だ。だが、空売りが市場のかく乱要因になるとの基本的な考えは変えておらず、株価の下落があれば、再び規制が発動される可能性もある。

 だが株式市場にとってもっとも重要なことは、規制をすることではなく、どんな時でも取引が継続されることである。規制が発動されるリスクのある市場にはお金が集まらず、取引の厚みが確保されない。結果として株価も乱高下しやすくなる。
 米国の株式市場は日本に比べると規制が少ないが、日本よりもずっと安定した値動きとなっている。最終的には取引の自由が確保されていることこそが、市場の安定と信頼につながってくるのだ。

 - 経済

  関連記事

jbicwatanabe
経常赤字転落でマーケットが混乱するという通貨マフィア発言の真意とは?

 経常収支の赤字転落で市場が混乱するかもしれないという、国際協力銀行の渡辺総裁の …

jdiishikawa
有機ELで日本勢は総崩れ?シャープが突然、ジャパンディスプレイとの連携を呼びかけ

 次世代のディスプレイ技術である有機ELの開発をめぐって国内液晶メーカーが迷走し …

putinkuremia
思いのほか苦境にあるロシア。今回の一連の外交はいわゆる「弱者の戦略」

 ロシアによるクリミア併合プロセスが着々と進んでいる。表面的には軍事力を前面に押 …

oecdguria
政府の意向を代弁したOECD事務局長。だが主張する内容は極めて客観的

 政府がOECD(経済協力開発機構)を活用した政策のアナウンスに乗りだしている。 …

softbankken
ソフトバンクの決算が絶好調。ようやく携帯電話が繋がるようになるか?

 ソフトバンクが31日、半期決算を発表し、具体的な数値は公表しなかったものの、通 …

abe5gatsukeizai
政府と日銀が相次いで景気判断を上方修正。背景には来年4月の消費増税が・・・

 政府や日銀が景気判断の見直しに向けて動き始めた。政府は5月の月例経済報告で景気 …

nichigin04
家計の金融資産は1700兆円を突破。株式は3年で2倍になった

 日銀は2015年6月29日、1~3月期の資金循環統計を発表した。3月末の家計に …

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …

iwatakikuo
岩田日銀副総裁が物価目標実現の時期について実質的に前言撤回

 日銀の岩田総裁は2014年10月28日の参議院財政金融委員会で、物価目標の実現 …

setubitousi
設備投資はようやく上昇トレンド入り。ただし公共事業依存体質からはまだ脱却できず

 内閣府は10月10日、8月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投 …