ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

経常収支が3ヶ月連続赤字。最後の頼みは直接投資増加だが、円安という大敵が・・・

 

 財務省は3月8日、1月の国際収支を発表した。経常収支は3648億円の赤字で、経常赤字は3ヶ月連続。赤字幅も拡大している。ここ1年、貿易収支の赤字は完全に定着したが、このままでいくと、最終的な国の損益である経常収支も赤字に転落することになる。

 経常収支は外国との取引の最終的な結果(国の儲け)を示すもので、その内容は主に貿易・サービス収支と所得収支で構成されている。貿易・サービス収支はいわゆる輸出による儲けを示し、所得収支は海外に投資した資金の利子や配当収入が該当する。

 日本はこれまで工業製品を海外に輸出して利益を上げてきた(貿易黒字)。だが最近では、日本メーカーの国際競争力が低下したことや震災の影響でエネルギーの輸入が増えたことなどから貿易赤字が定着している(本誌記事「円安なのに輸出が増えない!Jカーブ効果というが本当なのか?」参照)。

 全体の収支である経常収支がトントンだったのは、貿易黒字で稼いだ外貨を海外に投資した分の利子収入(所得収支)があったからだ。だが貿易赤字の額が拡大してきていることで、所得収支を足してもトータルで赤字になるようになってきた。これがここ3ヶ月の経常赤字の正体である(本誌記事「経常収支が2カ月連続の赤字。とうとう日本が経常赤字国へ転落するサインか?」参照)。

 エネルギーの輸入が減少する見込みは少なく、日本の国際競争力がすぐに回復する可能性も低いため、このままでは完全に経常赤字体質になってしまう。これを回避するための唯一の手段が、海外への投資を加速することである。
 現在、海外への証券投資(外国債や外国株式などに運用目的で投資こと)残高は200兆円程度、直接投資(経営を目的とした出資など)残坂は100兆円ほどある。国内には資金が余っており、この資金を海外に投資して利益を上げれば経常収支の改善に寄与することになる。

 だが海外への直接投資はあまり伸びていない。1月の直接投資の額は8248億円と前年同月よりは増えているが、全体で見れば直接投資は円高にも関わらずあまり伸びていない。むしろリーマンショック前の方が活発であった。
 考えられる原因は、直接投資の多くが海外企業のM&Aではなく、日本メーカーの工場移転に伴う現地法人の設立だからである。国内では価格競争に耐えられないことからアジアなどに進出する動きはかなり以前から始まっており、すでに進出する可能性のある企業は進出し尽くしてしまった可能性が高い。
 海外の会社をM&Aで取得するという思い切った戦略を取る会社は少なく、工場の海外移転が一服してしまうと、直接投資も伸びなくなってしまったというわけである。

 経常赤字が定着すると、円安が進行してくる可能性がある。円安になってしまうと、海外企業の買収には不利になる。1ドルが100円を切っている今が、海外企業買収の最後のチャンスかもしれない。

 - 経済

  関連記事

nissanngone
日産が三菱を救済。安い買い物か、高い買い物かは現時点では不透明

 日産自動車は2016年5月12日、データ改ざん問題で揺れる三菱自動車に約240 …

kokusai
国債下落が金融機関に与える影響は低下傾向。だが安心できない最近の動き

 日銀は10月の金融システムレポートにおいて、2013年6月時点における金融機関 …

kyuryo
経団連がベア容認に方向転換。安倍政権との関係改善を優先か?

 大企業を中心にベースアップを容認する動きが顕著になってきた。基本的には安倍政権 …

sharp
シャープが年度内の中期経営計画策定を断念。ホンハイとの提携は完全に流れたか?

 経営再建中のシャープが、中期経営計画の策定を先延ばしにすることが朝日新聞の報道 …

chiamujinki
日本を尻目に中国が着々と無人機を開発。ガラパゴスの影響はこんなところにも

 航空業界の国際見本市「北京国際航空展」が9月25日から中国・北京で開催されてい …

abe20141120
安倍政権が来春の賃上げを経済界に要請。漂う政策の手詰まり感

 安倍首相は2014年11月19日に開催された政労使会議の場において、経済界に対 …

orand
仏オランド大統領が掲げる反企業政策が早くも行き詰まり

 フランスのオランド大統領が掲げる「反企業政策」がはやくも行き詰まりつつある。 …

tokyotower
消費と生産の低迷がより鮮明に。1~3月期のGDPは連続のマイナス成長か?

 年明け後の各種経済指標が冴えない。消費・生産ともに低迷しており、このままの状態 …

girishagikai
ギリシャ支援、4カ月継続で合意。基本的に状況は何も変わらず

 EU(欧州連合)は2014年2月20日に開催したユーロ圏財務相会合で、ギリシャ …

facebookdown
フェイスブック利用者が近い将来一気に8割減という予測は現実的なのか?

 フェイスブックは伝染病のように消え去るという研究者の予測が話題となっている。フ …