ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

著名ブロガーが海外ヘッジファンド積立サービスの会社に公開質問状

 

 著名ブロガーの山本一郎氏は3月7日、海外ヘッジファンドに対する積立サービス「いつかはゆかし」を提供するアブラハム・プライベートバンク株式会社に対して公開質問状を送った。

 海外のヘッジファンドを直接購入できるとうたっておきながら、実際には英国・マン島にある保健会社の積立サービスを販売する形になっており、宣伝内容と実態が異なるとしている。
 また、月5万円の積立で30年間で1億円が貯められるとう同社の宣伝文句が誇大広告にあたるのではという指摘も行っている。
 これまで何度か同社に問い合わせたが回答がなかったことから公開質問状に踏み切ったという。
 同社はこれに対して「一部ブロガーによる悪質なデマに対して被害届の提出を検討している」という内容のリリースを発表しており、全面対決の構えだ。

 山本一郎氏はハンドルネーム「切込隊長」として知られたブロガーで、掲示板サイト「2ちゃんねる」にも大きく関わった人物。最近では山本一郎の名前でブログ活動を行っている。

 一方、アブラハム・プライベートバンク株式会社は、富裕層向けマーケティング会社であるアブラハム・グループ・ホールディングス株式会社の100%子会社。同社グループは三井物産出身の高岡壮一郎氏が2005年に創業したベンチャー企業。金融資産1億円以上の富裕層限定会員組織「ゆかし」を運営するほか、富裕層情報サイト「ゆかしメディア」の運営や海外のヘッジファンドに対する投資助言サービスを行っている。同社には国内の有力ベンチャーキャピタルも出資している。

 同社は、2000年代半ばの富裕層ブームを背景に創業。1億円以上の資産家が集まるという会員組織「ゆかし」はマスメディアでも取り上げられちょっとした話題となった。最近は、日本の将来性に対する不安から海外の投資機会を探る人が増えてきており、同社の海外ファンド投資助言サービスは人気を集めているという。

 昨年末から円安への転換が進み、海外への資金流出も懸念される状況となってきた。このようなタイミングでの山本氏の行動は、ブロガーとしては非常に絶妙といえるだろう。だがアブラハム社は金融関係者の中では知られているが、一般への知名度はまだそれほど高くない。話題性としては今一つといった感じもする。
 山本氏の単なる売名行為に終わるのか、アブラハム社の商品に関する問題点が浮かび上がり一種の社会問題となるのか、ネットの住民と金融関係者の一部はひそかに注目している。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

daiei
イオンがダイエーを完全子会社化。そのブランド名も消滅させる理由とは?

 イオンは2014年9月24日、傘下のスーパー「ダイエー」を2015年1月に完全 …

kousai20130513
日米で金利が急上昇。米国は景気拡大を反映しているが、日本はどう解釈すべきか?

 日米で長期金利が上昇傾向を見せ始めている。米国の金利上昇についは、市場関係者の …

goodyeardunrop
フランスの隣接する2つのタイヤ工場の明暗を分けたものは、長時間労働の受け入れだった

 フランス北部アミアンにある2つのタイヤ工場をめぐって、ちょっと変わった事態が発 …

yukashi03
このタイミングでアブラハム社が行政処分となった背景は何か?

 証券取引等監視委員会が投資助言会社アブラハム・プライベートバンクを行政処分する …

gmbuilding
中国投資家がNYのGMビル取得。ロックフェラーセンターで大失敗した三菱とは大違い?

 中国の不動産開発大手、SOHO中国の経営者親族が、ニューヨーク・マンハッタンに …

kuroda
日銀黒田総裁が消費税増税を肯定しなければならない理由

 日銀の黒田総裁は8月8日、金融政策決定会合後の記者会見において「脱デフレと消費 …

nodazeichou
与党が2014年度税制改正大綱を発表。目玉はなくインパクトにに欠ける内容に終始

 自民・公明の両党は2013年12月12日、2014年度の税制改正大綱を決定した …

kokusaishushi201310
10月の国際収支で見えてきた慢性的な経常赤字への道。日本はどうすべき?

 財務省は2013年12月9日、10月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示 …

nichigin
日銀がバランスシートをほぼ2倍に拡大へ。壮大な社会実験が始まる!

 日銀は4月4日、黒田新総裁の下では初めてとなる金融政策決定会合を開き、「量的・ …

nucleayankey
コスト高から原発撤退が相次ぐ米国。簡単に原発からの撤退を決められるのはナゼ?

 米国で原子力発電からの撤退が相次いでいる。理由は安全性への懸念ではなくコスト。 …