ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

内定辞退者が増加という報道。学生の就活は本当に昔と違うのか?

 

 神奈川県庁の内定辞退者が5年連続で3割を超えたというニュースをきっかけに、内定辞退者の増加が話題となっている(写真はイメージ)。

 神奈川県では、4月に入庁する神奈川県職員1種試験の合格者234人のうち、3割が内定を辞退した。背景には就職活動をする学生による掛け持ち受験の増加があるといわれる。
 その理由としては、リーマンショック後に内定取り消しを行う企業が続出したことや、本命企業の前にお試しで選考に参加することが常態化していることなどがあるという。

 こういった事例をもとに、最近の就職活動の特異性や学生の傾向などについて様々な議論が出ているが、多くのケースでピントがずれている。

 ここ10年近く、日本経済の低迷を受けて就職難が続いているのは事実である。だが就職を希望する学生の傾向が大きく変わっているわけではない。マスメディアなどで語られている「最近の学生は云々・・」という話題は、多くの場合年配社員によるイメージに過ぎない。

 まず、日本における学生の就職人気ランキングは驚くほど変わっていないという事実がある。バブル期も今も、学生には歴史のある有名大企業が圧倒的に人気となっており、ベンチャー企業や外資系企業を希望する学生はいつの世も少数派である。
 また複数の企業をかけ持ちする学生も昔から大量に存在している。特に売り手市場と呼ばれたバブル期から90年代前半にかけては、内定辞退が相次ぎ、企業の人事担当者は頭を抱えていた。ある証券会社では、内定を辞退され頭に血が上った人事担当者が学生にカツ丼をブッ掛けたという話がまことしやかに語られていた。
 「最近は就職難だから内定辞退などあり得ないだろう」というのは年配者の勝手な想像であって、いつの世も学生は、なるだけ自身の希望に近い企業を望んでいるのだ。

 以前と異なっているのは、大学卒採用枠に対する学生の数である。バブル期の1985年には大学数はわずか460しかなかったが、現在では800近くまで増加している。人口はむしろ減少しているので、大学に入る人の割合が増加したことになる。
 企業側は幹部候補生として総合職、それ以外を事務職といった形で職種別採用を行っている。一般に幹部候補生は大卒者を対象としている。企業において必要とされる総合職の数は増えていないのに、大学を卒業する学生の数は倍増し、そのほとんどが総合職を希望する。競争率が上がるのは当たり前である。

 企業の採用枠に対して志望者が倍増していること、学生の嗜好は昔それほど変わっていないこと、この2つの事実をもとに議論しないと、就職難の問題について正しい結論を得ることはできないだろう。

 - 社会, 経済

  関連記事

setubitousi
1~3月期のGDP改定値は設備投資の増加で上方修正。今後のカギは為替

 内閣府は2015年6月8日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)改定値を …

nanba
DeNA創業者の南場智子氏が現場復帰。社長復帰説がくすぶっているが

 夫の看病を理由にDeNAの社長を退任し、近頃、フルタイムの場復帰を宣言した南場 …

setsubitousi
設備投資は足踏み状態。失速とは断言できないものの、パッとしない展開か?

 内閣府は2014年4月10日、2月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

eikokumei
英国がEU単一市場からの撤退を表明。予想の範囲内だが、今後の交渉は難航か?

 英国のメイ首相はEU(欧州連合)からの離脱をめぐり、EU域内の単一市場から完全 …

abeamari201409
安倍首相が年功序列賃金の見直しに言及。アベノミクス初の構造改革?

 政府は2014年9月29日、政府、経済団体、労働団体の代表らが雇用や賃金につい …

pplane
近い将来、タクシー感覚で乗れる航空輸送サービスが登場?値段も新幹線並み

 新幹線程度の料金で好きな時にタクシー感覚で利用できる航空輸送サービスの研究が欧 …

jitensha
自転車の輸入業者に1億8900万円の賠償判決。そこからある光景を邪推すると?

 自転車の欠陥が原因で転倒し重傷を負ったとして、茨城県の男性らが自転車の輸入業者 …

kokusaishushi201412
円安と直接投資の増加で経常収支が改善。急がれる国内産業構造の転換

 財務省は2015年2月9日、12月の国際収支を発表した。最終的な国の収支を示す …

bukkajoushou
とうとう物価上昇にブレーキ!日銀の追加緩和策はどうなるのか?

 総務省は2014年3月28日、2014年2月の消費者物価指数を発表した。各指標 …

shoushika2014
50年後も人口1億人の政府目標。課題は出生率の上昇だけではない

 政府の有識者委員会「選択する未来」は2014年5月13日、人口減少問題の解決を …