ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

次期ローマ法王選出会議(コンクラーベ)、12日から開催。会議は波乱か?

 

 ローマ法王庁は8日、退位したベネディクト16世の後継者を選ぶ選挙(コンクラーベ)を12日から開催すると発表した。

  コンクラーベで選挙資格があるのは80歳未満の枢機卿。当初は117名の予定だったが、英国カトリック教会のオブライエン枢機卿がセックススキャンダルで辞退(本誌記事「オブライエン枢機卿がとうとうホモ行為を強要を認め謝罪」参照)し、もう1名が健康上の理由で欠席したことから、115名で実施されることになった。

 コンクラーベは、バチカン内のシスティーナ礼拝堂(ミケランジェロのフレスコ画で有名:写真)で行われる。
 3分の2の票を獲得する人物が出るまで投票が繰り返され、その間、礼拝堂にはカギがかけられ、枢機卿らは外に出ることができない(かつては礼拝堂からも出られなかったが、現在では宿舎への出入りは可能)。携帯電話やインターネットの使用も禁じられる。ちなみに前法王のベネディクト16世を選出するコンクラーベは2日間で延べ4回の投票を実施した。

 枢機卿らは12日午後に礼拝堂に入り、1回目の投票を行う予定。13日以降は午前と午後に2回ずつ投票が行われる。投票で法王が決まらなかった場合には、礼拝堂に設置されたストーブから黒い煙を出し、新法王が決まった場合には白い煙を出して知らせるしきたりとなっている。煙の色が白とも黒とも判別がつかなかったケースがあったことから、白い煙が出た直後にはサンピエトロ大聖堂の鐘も鳴らされる予定。

 コンクラーベを前に、イタリアのメディアでは有力候補について書き立てている。カナダ出身の司教省長官ウエレット枢機卿、ミラノ大司教のスコラ枢機卿などの名前が挙がっているが、大本命はいないという(本誌記事「体育会系にミュージシャンにTV司会者。時期ローマ法王候補者は個性派キャラ揃い」参照)。
 カトリック教会は、セックス・スキャンダルやマネーロンダリングなど多くの問題を抱えている。ベネディクト16世が生存中に退位したのも、これらの問題を背景にした権力闘争が背景にあるといわれている。また中南米の信者が増加し、欧州の信者が減少するという構造転換にも直面している。今回のコンクラーベは波乱も予想される。

 - 社会

  関連記事

gakkou
学校における「いじめ」の各国比較研究。教育プログラムの多様化はひとつの解決策

 全国都道府県教育長協議会は2015年1月、諸外国におけるいじめ問題の比較研究の …

idennsikensa
国内でも遺伝子検査サービスが普及の兆し。利用者が注意すべき点

 遺伝子解析技術を使い、自宅にいながらにして各種の病気に対するリスクを知ることが …

rikenchousakekekka
STAP細胞疑惑の最終報告。やはり科学的真実は分からずじまい

 理化学研究所は2014年4月1日、新しい万能細胞である「STAP細胞」の論文問 …

sakamotoyruichi
坂本龍一氏がとうとう終末論を披露。リベラル誌の若者読者に彼はどう映るのか?

 今や反原発アーティストになってしまった感のある坂本龍一氏だが、ある雑誌のインタ …

sasago
トンネルだけでなくドライバーも劣化?仮復旧の笹子トンネルで追突事故が連続発生

 天井版の崩落で通行止めになり、下り線の対面交通で仮復旧したばかりの中央自動車道 …

shoushika
少子化対策タスクフォースが提言書。だが対策を阻む本当の理由には触れずじまい

 政府の有識者会議「少子化危機突破タスクフォース」(座長・佐藤博樹東大大学院教授 …

danjobyoudo
男女平等と経済成長の密接な関係。女性差別が激しいフランスから分かること

 フランス政府は30日、女性差別を解消するための対策を発表した。職場での女性差別 …

fbi
ボストン爆破テロ事件でFBIが新捜査手法。スマホ画像の提供を広く市民に呼び掛け

 米連邦捜査局(FBI)は4月18日、ボストン・マラソンのゴール付近で起きた連続 …

borubo
仏マクロン政権がガソリン車の販売禁止を提言。ボルボなど欧州メーカーもEVシフトへ

 フランスのマクロン政権が、2040年までにガソリン車の販売を禁止するという野心 …

yume
キリンが日本人の「夢」についてアンケートを実施。この結果から分かることは?

 キリンビール株式会社は同社のビール製品のキャンペーン活動の一環として、「日本人 …