ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

「世界一のレストラン」で食中毒。だが顧客にまた食べたいと言わせる料理の中身とは?

 

 世界最高のレストランとして有名なデンマークの「NOMA(ノーマ)」で、ノロ・ウイルスによる食中毒が発生した。料理を食べた顧客67人が症状を訴えているという。

 NOMAは英「レストラン」誌が開催している「2012ワールドベストレストラン」において3年連続で1位に輝いた著名レストラン。シェフのルネ・レッゼピ氏は、天才シェフとして有名で、若干25歳でNOMAのシェフに就任したという。

 保健当局の発表によると、食中毒が起こったのは2月12から16日で、レストランを訪れた顧客67人が、嘔吐や下痢などの症状を訴えてたという。原因はノロ・ウイルスで、感染したシェフがいたことでレストラン全部に感染が広がったと考えられている。また、キッチンの消毒が甘かったことなども指摘されている。

 レストランでは顧客に謝罪し、対策を施すとともに、再度無料でディナーが食べられるよう手配するという。世界一のレストランということで、食中毒に苦しんだにも関わらず、顧客の多くは、再度ディナーを食べることを楽しみにしているという。
 
 ところで、被害者にそこまで言わせるほどのNOMAの料理とはどのようなものなのだろうか?NOMAの料理は素材を生かしたフュージョン料理。盛り付けに特徴があり、ニンジンが鉢の中に土に見立てた食材に埋まって出てきたり、石の上に食材が無造作に置かれたりしている。日本の懐石料理にも影響を受けたといわれており、枯山水のような盛り付けの皿もある。よくいえば斬新だが、悪く言えば奇をてらっているといえなくもない。

 オーソドックスなフレンチやイタリアンが好きな人には、ちょっと眉をしかめるようなものかもしれないが、やはりこの斬新さがウケている理由のようだ。レストラン側の迅速な対応で、とりあえずは顧客側は納得した状況だが、高級レストランで食中毒を出した事実に変わりはない。いくら3年連続世界一といっても、「次」の失敗はもう許されない。

 - 社会, 経済

  関連記事

kyouikusaisei02
政府の教育再生実行会議で「6・3・3・4制」の見直しがスタート。だが目的は曖昧なまま

 政府の教育再生実行会議は、小学校から大学までを「6・3・3・4」の年数で区切る …

koreishasisetu
日本創生会議が首都圏高齢者の地方移住を提言。その現実性は?

 民間有識者でつくる日本創成会議(座長・増田寛也元総務相)は2015年6月4日、 …

gpifpotoforio201506
公的年金の7~9月期の運用損失は7兆円?場合によっては政治問題化も

 公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が抱える運用損失が …

wimbledon
自国選手優勝まで77年。ウィンブルドン方式(市場開放)は有効な経済政策になるか?

 テニスの世界4大大会であるウィンブルドン選手権(全英オープン)において、7月7 …

grillo
イタリア総選挙が大混乱。欧州危機が再燃するのか?それもと一時的なショックか?

 2月24日と25日に投票が行われたイタリア総選挙の結果が大混乱となり、世界の市 …

amari
政府が正式にTPP交渉参加を表明へ。だが交渉は大詰めで時すでに遅しか?

 安倍首相は3月15日に、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の交渉参加を正式 …

tosho05
新興国不安から世界同時株安?だがこの動きは、多くの市場関係者が予測していた

 新興国の通貨安をきっかけに世界同時株安の状況となってきている。ドル円の為替相場 …

factory01
製造業の就業者が減少との調査結果。だが減っているのは製造業だけではない

 総務省は2月1日、2012年12月分の労働力調査の結果を発表した。それによると …

kurodashirakawa
黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそ …

kuroda
日銀黒田総裁のホンネはどこに?市場にくすぶるインフレ許容論者説

 日銀は5月22日の金融政策決定会合で、景気判断を上方修正するとともに、前回決定 …