ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アフガン撤退に暗雲?ヘーゲル国防長官がアフガンを訪問するも、カルザイ大統領は激怒

 

 ヘーゲル米国防長官は3月10日、アフガニスタンを訪問しカルザイ大統領と会談した。2月27日に就任したばかりのヘーゲル国防長官にとっては初の外国訪問となる。
 これまでの国防長官のアフガン訪問と同様、事前通告なしの訪問となった。2014年までに終了する予定の米軍撤退とアフガン軍への権限移譲計画について協議した。

 もっともヘーゲル国防長官の訪問は最悪のタイミングとなった。現在、アフガニスタンと米国の関係が非常にぎくしゃくしているのである。
 カルザイ大統領はヘーゲル米国防長官との会談を前に演説し「米国はタリバンと結託している」と激しい口調で不満を爆発させた。アフガニスタン側は、米国がタリバンと独自の和平交渉を行い、アフガニスタン政府が蚊帳の外に置かれていると不信感を募らせているのだ。

 ヘーゲル国防長官とカルザイ大統領の会談では、ヘーゲル国防長官から、米国がタリバンと秘密裏に接触しているという事実はなく、2014年末に戦闘任務を終了する予定に変更はないことを説明したという。またヘーゲル氏は「和平や政治解決を主導するのはアフガン側であり、米国はあくまでそれに協力する立場だ」と強調した。
 だが、事前に予定されていたカルザイ大統領との共同会見は、カブール市内の治安状況などを理由に中止されている。

 一連のトラブルの真相は明らかではないが、米国側にもアフガン政府側にも早期の撤退を望まない勢力がおり、スケジュール通りの撤退を目指すグループとの争いが起こっている可能性は高い。アフガニスタンの戦後処理が一筋縄ではいかないことを示している。

 アフガニスタンに は現在、約6万6000人の米兵が駐留している。オバマ政権は2014年末までの完全撤退を表明しているが、それ以降の支援体制についてはまだ何も決まっていない状況だ。

 - 政治

  関連記事

spaceshuttle
宇宙開発事業も空洞化?NASAに押し寄せる民営化という時代の波

 かつて科学技術の頂点といわれ、国家の威信をかけて行われていた宇宙開発にも、空洞 …

netaniyafu
イスラエルがシリアを空爆。オバマ政権二期目を前に、ネタニヤフ首相が先制パンチ

 シリアの国営通信は1月30日、同国の首都ダマスカス近郊にある軍の科学研究施設が …

zenjindai2015
中国政府が2015年の軍事費を発表。GDP比でいくとまだまだ軍拡の余地がある

 中国政府は、2015年3月5日から行われている全人代(全国人民代表大会)におい …

asaddaasuma
本当は独裁政権など続けたくない?アサド大統領のものとされるメールの真偽

 英国のガーディアン紙がシリアのアサド大統領が送受信したとされるメール内容を報道 …

3chuzenkai
中国が国家安全委員会を設置した真意。日本との対決か治安維持か?

 中国共産党は、11月12日に閉幕した党の重要会議である第18期中央委員会第3回 …

taxi
タクシーの規制強化。それは本当に運転手の待遇改善を目的としているのか?

 与党と民主党は、タクシーの台数制限を義務づける「タクシーサービス向上法案」に合 …

carney2
シリアへの軍事介入で外堀埋まる。消極的なのはオバマ大統領だけ

 シリア情勢が緊迫の度合いを高めている。米国政府はシリアのアサド政権が化学兵器を …

thatcher02
葬儀参列者に見る時代の流れ。サッチャリズムはすでに歴史の1ページ

 英国の元首相で4月8日に死去した故マーガレット・サッチャー氏の葬儀が4月17日 …

trumpanpo
共和党トランプ候補がとうとう日米安保を糾弾。米国は変わりつつある?

 放言を繰り返し、米国の大統領選を大混乱させているドナルド・トランプ氏が、とうと …

sitsugyou02
米国の雇用は急回復。焦点は長期失業者対策にシフトしつつある

 米労働省は12月6日、11月の雇用統計を発表した。代表的な項目である非農業部門 …