ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オスカーのエース、武井咲が大ピンチ。旺盛な食欲はまるで深キョン?

 

 芸能事務所オスカーのイチ押しタレントだった武井咲がピンチに陥っているという。武井といえばここ1~2年オスカーが強烈にプッシュしてきたタレント。美形だが万人受けする顔立ちでCM女王の名を欲しいままにしてきた。だが同じ事務所のライバル?である剛力彩芽に抜かされそうな状況だという。

 武井と剛力は同じ時期にブレイクしたのだが、剛力が少々クセのある三枚目キャラであったことから「剛力は武井とセットで売り出すゴリ押しタレント」など陰口を叩かれていた。つまり武井は正統派の美形タレントで剛力は色モノというワケである。

 だが武井に限らず、正統派の美形タレントはブレイク後、大きなカベにぶつかることも多い。美人は3日で飽きるといわれるが、露出度が上がるに従って、最初は見えなかった欠点が目につくようになってくるのだ。

 またCMのように限定された時間や空間であれば演出でカバーすることができるが、ドラマやバラエティという場になると生身の姿をすべて晒すことになる。話の受け答えやちょっとした表情なども重要になってくるため、ただ奇麗なだけというタレントは使いにくくなってくる。

 さらに売れっ子タレントは超ハードスケジュールとなり睡眠不足になるのが常。美しい顔立ちもさすがにやつれてくる。ドラマ3クール連続という異常スケジュールに武井の顔には疲労が滲み出ている。
 武井は、当初の期待が大きすぎた分、その落差が目立つようになり、一方の剛力はスタートが悪かっただけに評価は上がる一方というわけだ。

 さらに武井を苦しめているのが太りやすい体質。まだ若いので仕方ない面もあるが、武井の食欲旺盛は有名。ハードスケジュールで腹も減るのか2人前の弁当をペロっと平らげることもあるという。太めの足を気にして事務所がNGアングルを連発するので、現場でも使いづらいという声が上がっている。

 もっともこの悩みも一時的なものかもしれない。事務所は違うが深キョンこと深田恭子という大先輩がいるからだ。一時はホリプロのエースと呼ばれた深キョンだが、ポテトチップスを2袋平らげる旺盛な食欲から激太り。一時は露出を控える事態にもなった。
 だが深キョンのふくよかな二の腕を崇拝するファンまで現れ、深キョン人気は衰えなかった。今では三十路も過ぎていい雰囲気のオンナになっている。

 ただオスカーはもともと上戸彩や米倉涼子、菊川怜など、完璧な美形ではなく多少庶民的な雰囲気のあるタレントを得意としている事務所。その意味では、武井は初代美少女の後藤久美子以来の正統派オスカータレントということになる。
 第二のゴクミを追い求めているといわれるオスカーが、その最有力候補である武井をどのような形で売り出していくのか、今後の展開に要注目である。

 - 芸能

  関連記事

noripi02
芸能界復帰を果たした酒井法子。介護を学んでいた学校は破綻の危機に直面していた

 のりぴーこと酒井法子の芸能界復帰が正式に決まった。  12月15日から上演され …

no image
釈由美子がGACKTの愛人であることが発覚。つくづく「だめんず」な体質の釈

 女優の釈由美子がGACKT(ガクト)と長年にわたって親密交際していたことを週刊 …

baku
中国人作家のノーベル文学賞受賞は、いわゆるバーター取引

 スウェーデン・アカデミーは11日、中国の作家、莫言氏にノーベル文学賞を授与する …

no image
渋谷にオープンした女性専用バーが海外メディアで話題に

 渋谷に7月にオープンした女性専用バーが米国の複数メディアで紹介されちょっとした …

ppap
ピコ太郎の世界ブレイクで浮き彫りになった日本の古い音楽産業インフラ

 ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が世界で大ブレイクしてい …

playboy
プレイボーイ創業者ヘフナー氏が60歳の年の差婚。これをきっかけに会社は立ち直るか?

 世界的に有名な男性誌プレイボーイ創業者のヒュー・ヘフナー氏(86)は昨年の大晦 …

no image
小野文恵アナが結婚。今回はちゃんと籍を入れてね!の声

 「ためしてガッテン」などで元気キャラをお茶の間に届けているNHKの小野文恵アナ …

no image
鳩山元首相、坂本龍一を党首に反原発政党を画策。東京はテクノポリスに!

 元首相の鳩山由紀夫氏が、ミュージシャンの坂本龍一氏を党首に迎えた脱原発新党を画 …

teradarieko
玉の輿だったはずが受難の連続。寺田理恵子アナとNEC御曹司の壮絶結婚生活に幕

 元フジテレビの寺田理恵子アナの夫である関本雅一氏が昨年12月亡くなった。死因は …

no image
週刊新潮のAKBスキャンダル記事で、秋元康氏の「昭和っぷり」が明らかに

 AKB48を従え向かうところ敵なしの秋元康氏だが、週刊新潮に大々的にスキャンダ …