ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相が東京裁判の内容を疑問視する発言。正論なのだが何が問題なのか?

 

 安倍首相は12日の衆院予算委員会において、太平洋戦争のA級戦犯を裁いたいわゆる東京裁判について言及し「日本人自身の手でなく、連合国側の勝者の判断によって断罪がなされた」と述べ、その内容について疑問視する見方を示した。

 東京裁判(極東国際軍事裁判)では、東条英機元首相をはじめとする当時の戦争指導者28名が起訴され、病死した松岡洋介元外相など3名を除く25名に有罪判決が下った。

 東条英機元首相や板垣征四郎元陸軍大将など7名は死刑となり、絞首刑が執行されている。
 ちなみに安倍首相の祖父で安倍首相が尊敬している岸信介元首相もA級戦犯容疑で逮捕されたが、不起訴となり裁判を免れている。

 東京裁判は単なる米国の軍事法廷でしかなく、しかも罪刑法定主義を無視した事後法の遡及適用であり、恣意的な裁判であることは明白である。

 だが、そうだとしても安倍首相の東京裁判を疑問視する発言はかなり問題である。

 そもそも日本の戦争指導者がこのような不当な裁判にかけられることになったのは、勝つ見込みのない太平洋戦争を自ら引き起こし、完膚なきまでに敗北したことが原因である。また日本は当時の明治憲法下ではもちろんのこと、現在の憲法下でも、事後遡及的な訴追を行っており、欧米からは基本的人権が保障されている国とはみなされていない。

 冷酷なパワーゲームが支配する国際社会において全面戦争に敗北すればどのような結果が待っているのかは子供でも分かる。しかも、日本自身が人権を守っていない中で、裁判の正当性を疑問してみたところで、まったくのナンセンスである。

 しかも近年の日本は競争を忌避し構造改革を怠ったことで、国際的な地位を劇的に低下させている。例えは悪いが、弱いガキが吠えたところで、一喝されておしまいというのが、偽らざる現実なのである。
 日本と同様、戦争犯罪で裁かれたドイツは、政治的にも経済的にも世界のリーダーとなっており、かつての戦争犯罪についてドイツにイチャモンを付ける国は皆無である。

 昔も今も米国は圧倒的な軍事力を持つ超大国である。民主国家同士は原理的に戦争ができないことになっているが、米国は一旦相手国を非民主国家とみなせば、非人道的なことでも躊躇なく実施する国だ(イラクやアフガニスタンを見ればそれは明らか)。しかも現代の戦争はその国が持つ経済力にすべて依存してしまう。経済力のない国は最初から戦争に敗北していることと同じなのである。
 日本は世界でただひとつ、核攻撃を現実に実行された国であることを忘れてはならない。恣意的な東京裁判史観に対抗するためには、圧倒的な経済力を持つ以外に方法はない。

 - 政治

  関連記事

tosho05
公的年金はアクティブ運用へ。だが肝心の運用手法については疑問の声も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、本格的な運用の …

shutoko
笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がな …

sontrump
孫正義氏がトランプ氏と電撃会談で米国投資を確約。パートナーが鴻海である理由

 ソフトバンクグループの孫正義社長は2016年12月6日、トランプ次期米大統領と …

no image
オランダで失業保険受給者に無償労働を義務付け。オランダの福祉政策も限界に

 オランダのロッテルダムで、失業保険の給付条件に週1回の無償労働を加える政策が話 …

bostonterro
連続爆破テロの犯人を拘束。重傷を負っており、テロによる負傷者と同じ病院に搬送

 米ボストン市警察は4月19日、ボストン・マラソン連続爆破テロ事件の容疑者である …

smog
悪化する北京の大気汚染。本当に自動車の排気ガスが原因なのか?

 北京を中心に中国各地で大気汚染が悪化している。北京市内では、視界がほとんどきか …

mof05
財務省が人事を正式発表。予想通り木下次官は1年で退任したが・・・

 財務省は2014年7月4日、正式な主要人事を発表した。すでに報道されている通り …

london02
EU離脱の国民投票が終了。結果がどうなるにせよ英国にとってメリットは少ない

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票が終了した。大勢は24日の …

wakamono02
若者は1社での終身雇用を強く望んでいる。白書が示す若者の意識と政策のミスマッチ

 日本の雇用政策は、ライフスタイルや価値観の多様化に合わせて、柔軟な雇用形態を選 …

chusha02
副作用続出で子宮頸がんワクチンの推奨中止へ。なぜ拙速に事は進められたのか?

 厚生労働省は副作用の報告が相次いでいる子宮頸がんワクチンについて、積極的な接種 …