ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

新ローマ法王は「フランチェスコ1世」。中南米出身でイエズス会という初めてづくしの法王

 

 新しいローマ法王がとうとう選出された。退位したローマ法王ベネディクト16世の後継者を選ぶ選挙(コンクラーベ)は、アルゼンチン・ブエノスアイレス大司教のホルヘ・マリオ・ベルゴリオ枢機卿を第266代ローマ法王に選出した。新法王は「フランチェスコ1世」を名乗る。

 中南米出身の法王は初めてで、欧州以外から法王が選ばれるのも約1300年ぶり。またフランチェスコ1世はイエズス会出身で、修道会出身者が法王になるのも初めてのことである。フランチェスコ1世の名も、著名な修道士であった聖フランチェスコにちなんだものと考えられる。
 事前の下馬評では名前が挙がっておらず、ほとんどノーマークだったためローマでは驚きが広がっている(本誌記事「次期ローマ法王選出会議(コンクラーベ)は波乱か?」参照)。

 コンクラーベは、新しいローマ法王を選出する秘密選挙。本来は法王が死去した後に行われるが、前法王ベネディクト16世が2月に高齢を理由に突如退位を表明したことで前法王が存命中に実施されることになった。
 会議は、世界各地から投票権を持つ115人の枢機卿が参加して12日から開始。3分の2の票を獲得する人物が出るまで投票が繰り返される仕組みだが、フランチェスコ1世は5回目の投票で選出された。

 投票の結果は、コンクラーベが行われているバチカンのシスティーナ礼拝堂の煙突から出る煙で告知される。黒い煙が出た場合には法王が決まらなかったことを示し、白い煙が出た場合には法王が選出されたことを示す。

 13日午後7時、煙突から灰色の煙が出て一瞬判別がつかなかったが、煙はすぐに真っ白になり、ほどなくサンピエトロ大聖堂の鐘が鳴り、法王が選出されたことが明らかとなった。その後、フランチェスコ1世はサンピエトロ広場に現れ、群衆に手を振って法王としての最初の言葉を述べた。

 フランチェスコ1世は、ベネディクト16世を選出した2005年のコンクラーベで2位の票数を獲得したといわれ、バチカン内部では有力者の一人と目されていた。だが一般の知名度は低く、事前の下馬評にも名前は上がっていなかった(本誌記事「体育会系にミュージシャンにTV司会者。次期ローマ法王候補者は個性派キャラ揃い」参照)。

 修道会出身者らしく質素な生活ぶりで、ブエノスアイレス大司教時代も宮殿に住まず郊外のアパートから教会に通い、自炊もしていたという。

 カトリック教会は下半身スキャンダルやマネーロンダリングなど多くの問題を抱えている。また世界的な信者分布の変化や同性愛などへの対応など、難しい舵取りを迫られている(本誌記事「セックス・スキャンダルに揺れる英国カトリック教会の大司教が辞任。法王選挙にも参加できず」参照)。

 全世界の信者の42%を占める中南米から法王を選出したことは、カトリック教会が変化すること内外に印象付ける結果になったといえる。一方で、フランチェスコ1世は、同性愛や中絶に反対する保守的な考えの持ち主ともいわれ、教会がオープンな方向に進むのかは不透明だ。

 - 社会

  関連記事

kyuyomeisai02
4月の実質賃金は24カ月ぶりに上昇。だが中身は物価上昇率の鈍化

 賃金の伸びから物価の上昇分を差し引いた4月の実質賃金が24カ月ぶりに増加となっ …

no image
資産家夫婦殺害事件とJASDAQ粉飾疑惑企業を結びつける点と線

 スイス在住で日本に一時帰国していた資産家夫婦が行方不明になっている事件で、2人 …

tenanmon
中国のジニ係数は依然として高水準。政府統計と実態の乖離も継続中

 中国の所得格差が依然として高い水準にあることが、北京大学やミシガン大学を中心と …

kizuna
どこか胡散臭い言葉「絆」や「安心」に込められた本当の意味

 3.11の震災以降、世の中のあちこちで多用されている「絆」というキーワード。震 …

trybol
スイスで経営者の高額報酬を制限する国民投票を実施。立役者の主張とは?

 企業幹部が受け取る高額報酬の制限をめぐってスイスで国民投票が実施される見込みと …

kuukikan
中国の富豪が大気汚染に抗議?して空気の缶詰を販売。シニカルな戦略が意味するもの

 連日、深刻な大気汚染が続いている北京でユニークな商品が販売され話題となっている …

hoeness
税金を支払いさえすればOKという、脱税に対するドイツの考え方は正しいか?

 脱税には比較的寛容といわれてきたドイツで、脱税者の処罰をめぐって激論が戦わされ …

francisco1
バチカン銀行の改革でマフィアとトラブル?フランシスコ法王の改革は進むのか?

 フランシスコ新法王の下、バチカンでは金融システム改革が進められている。フランシ …

uber02
ウーバーをめぐる動きが活発化。シェアリング・エコノミー本格離陸の気配

 米配車サービス最大手ウーバー(UBER)をめぐる動きが活発になってきている。シ …

alipay
中国のメジャー決済サービスが来年上陸。日本人向けにサービスを展開

 中国のネット通販大手「アリババ」が、決済サービス「アリペイ」を日本国内で展開す …