ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

インサイダー疑惑で露呈した証券会社の下半身接待。なぜ増えているのか?

 

 証券会社による一連のインサイダー取引疑惑によって、証券業界の下半身接待の実態が浮き彫りになっている。

 複数の経済誌が、インサイダー情報の顧客への提供に関連して、ファンドマネージャーなどに対する下半身接待の実態を報じている。証券会社の営業部隊に若い女性社員を配置し、自社に注文を出してもらえるよう、体を張って実弾攻勢をかけるのが常態化しているという。

 ある市場関係者は「日本の証券市場がダメになっている証拠」と吐き捨てるようにいう。

 証券会社の下半身接待は昔からあった。だが、市場が拡大し、健全な競争環境が維持されていれば自然と消滅するという。

 拡大する市場には世界から無数のプレーヤーが参戦し、ファンドマネージャの報酬もケタはずれに上昇する。もし自分に億単位の報酬がかかっていれば、ファンドの運用に対しても真剣勝負にならざるを得ない。ファンドマネージャーの中には、多数の証券会社に注文を分散させたり、ニセの注文を出す人までいるという。特定の証券会社に発注が集中すると競争相手に手口がバレてしまうからである。

 シノギを削る競争環境であれば、仮に証券会社の若い美人営業ウーマンがどんなに誘惑してきたところで、自分の運用成績と億の報酬を犠牲にして、特定の証券会社を優遇するはずなどない。
 だが、規制を強化して外国からの投資を拒否してばかりの日本市場では株価はまったく冴えず、誰が運用してもパフォーマンスなど大して変わりがない。しかも、日本のファンドマネージャの多くはサラリーマンで、運用成績に関係なく給料と終身雇用が保証されている。

 どの証券会社に発注しても運用成績が大して変わらず、自分の給料も変わらないのであれば、低きに流れる人が増えるのは想像に難くない。

 政治家とマスコミの世界も同じような流れにある。

 新聞社やTV局では、若い女性記者を政治家の担当者に据えるのが常識になっている。かつての政治家は良くも悪くもスケールの大きい人物が多く、何人も愛人を囲っている人がゴロゴロいた。このような政治家は、下半身は十分満足しているので、若い女性記者が寄ってきたところでペラペラと重要事項をしゃべることはない。

 だが今の政治家は小物が多く、女性記者に取り囲まれてお酒を飲んだだけでホイホイとしゃべってしまう人物が少なくない。

 大金を動かし、愛人を囲うことは決して褒められたことではない。だが、女性記者と飲みに行ってお酌をしてもらうことが何よりも楽しみという「小市民」に国家の行く末を託していると考えると空恐ろしい。

 一連の出来事は日本経済が凋落し、確実に貧しくなってきている現実をよく表している。

 - 政治, 社会, 経済

  関連記事

mosado02
オーストラリア人工作員の不審死で明るみに出たモサド対外工作活動の実態

 イスラエルの諜報機関モサドの工作員だったオーストラリア人男性が、イスラエルの刑 …

amazonbooks
アマゾンがリアル店舗の本格展開を検討中?本当なら書籍市場に大きな変化が

 米アマゾンが、全米で300~400の実店舗の展開を計画しているとの噂が広がって …

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …

romuni
ロムニー候補の支持率が急上昇した背景に、イスラエルロビーの猛プッシュあり

 米大統領選の共和党候補、ロムニー前マサチューセッツ州知事の支持率がTV討論会を …

nagano
長野県が長寿1位の本当の理由は何か?大胆な仮説を立ててみると?

 厚生労働省は2月28日、都道府県ごとの長寿ランキングである「都道府県別生命表」 …

gunmap
銃規制の議論が高まる米国で、銃所有者の住所氏名を検索できるサイトが登場

 米コネティカット州の小学校で起きた銃乱射事件をきかっけに、米国は銃規制をめぐる …

no image
過去最高益。業績絶好調のトヨタが抱える、将来への深い悩み

 トヨタ自動車は2014年5月8日、2014年3月期の決算を発表した。本業のもう …

abe201407
安倍政権が内閣改造へ。背景にあるのは来年の解散総選挙?

 安倍首相が内閣改造を実施する方針を固めた。集団的自衛権行使容認に関連する法整備 …

amiteji
アーミテージ氏とナイ氏が必死に営業活動。だが中国ではケンモホロロの対応

 かつて米国の対日政策のキーマンであったリチャード・アーミテージ元米国務副長官と …

kosokudouro03
7~9月期GDP下方修正の影響は軽微。むしろ公共事業依存体質が問題

 内閣府は12月9日、2013年7~9月期の国内総生産(GDP)改定値を発表した …