ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

インサイダー疑惑で露呈した証券会社の下半身接待。なぜ増えているのか?

 

 証券会社による一連のインサイダー取引疑惑によって、証券業界の下半身接待の実態が浮き彫りになっている。

 複数の経済誌が、インサイダー情報の顧客への提供に関連して、ファンドマネージャーなどに対する下半身接待の実態を報じている。証券会社の営業部隊に若い女性社員を配置し、自社に注文を出してもらえるよう、体を張って実弾攻勢をかけるのが常態化しているという。

 ある市場関係者は「日本の証券市場がダメになっている証拠」と吐き捨てるようにいう。

 証券会社の下半身接待は昔からあった。だが、市場が拡大し、健全な競争環境が維持されていれば自然と消滅するという。

 拡大する市場には世界から無数のプレーヤーが参戦し、ファンドマネージャの報酬もケタはずれに上昇する。もし自分に億単位の報酬がかかっていれば、ファンドの運用に対しても真剣勝負にならざるを得ない。ファンドマネージャーの中には、多数の証券会社に注文を分散させたり、ニセの注文を出す人までいるという。特定の証券会社に発注が集中すると競争相手に手口がバレてしまうからである。

 シノギを削る競争環境であれば、仮に証券会社の若い美人営業ウーマンがどんなに誘惑してきたところで、自分の運用成績と億の報酬を犠牲にして、特定の証券会社を優遇するはずなどない。
 だが、規制を強化して外国からの投資を拒否してばかりの日本市場では株価はまったく冴えず、誰が運用してもパフォーマンスなど大して変わりがない。しかも、日本のファンドマネージャの多くはサラリーマンで、運用成績に関係なく給料と終身雇用が保証されている。

 どの証券会社に発注しても運用成績が大して変わらず、自分の給料も変わらないのであれば、低きに流れる人が増えるのは想像に難くない。

 政治家とマスコミの世界も同じような流れにある。

 新聞社やTV局では、若い女性記者を政治家の担当者に据えるのが常識になっている。かつての政治家は良くも悪くもスケールの大きい人物が多く、何人も愛人を囲っている人がゴロゴロいた。このような政治家は、下半身は十分満足しているので、若い女性記者が寄ってきたところでペラペラと重要事項をしゃべることはない。

 だが今の政治家は小物が多く、女性記者に取り囲まれてお酒を飲んだだけでホイホイとしゃべってしまう人物が少なくない。

 大金を動かし、愛人を囲うことは決して褒められたことではない。だが、女性記者と飲みに行ってお酌をしてもらうことが何よりも楽しみという「小市民」に国家の行く末を託していると考えると空恐ろしい。

 一連の出来事は日本経済が凋落し、確実に貧しくなってきている現実をよく表している。

 - 政治, 社会, 経済

  関連記事

ichimanen
内閣府が中長期財政試算を発表。前回試算よりも状況が改善している理由

 内閣府は2014年1月20日、経済財政に関する中長期の試算を公表した。国際公約 …

100jikan
残業上限は「100時間」それとも「100時間未満」?という不毛な議論

 政府が導入を検討している長時間労働の上限規制について、最終的に「月100時間未 …

kokusaishushi201402
経常赤字体質への転換を受け、政府は海外資本の誘致に舵を切り始めた

 財務省は2014年4月8日、2014年2月の国際収支を発表した。最終的な国の収 …

zangyou
長時間労働の人ほど上司がそれを評価してくれていると考えている?

 長時間労働をする人ほど、残業について上司が評価してくれていると考える割合いが高 …

akiya
全国の空き家率が過去最高。そろそろ今後の住み方を本気で考える時期に

 総務省は2014年7月29日、2013年の住宅・土地統計調査結果を発表した。全 …

ooigenpatu
大飯原発の停止要請をめぐる、政府と原子力委員会の「意味不明」

 唯一稼働中の原子力発電所である関西電力大飯原子力発電所をめぐって、政府と原子力 …

alibaba
アリババはコスト増加で利益減少。同社の競争環境は厳しくなってきた

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年5月7日、2015年1~3 …

asean
ASEAN首脳会議。議長国カンボジアが中国に遠慮し領有権問題を文面から勝手に削除

 カンボジアのプノンペンで開かれている東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議に …

hongkongdemo
香港の選挙制度改革に対して中国が事実上のゼロ回答。民主派は猛反発

 3年後に行われる香港の行政長官選挙をめぐって、香港で緊張感が高まっている。中国 …

makuron
仏大統領選では独立候補のマクロン氏が勝利。欧州の景気拡大も後押しか

 フランス大統領選は事前の予想通り、中道系独立候補のエマニュエル・マクロン氏が極 …