ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

京都の風力発電所で45トンの発電用風車が落下。一歩間違えば大惨事に。

 

 京都府は3月13日、太鼓山風力発電所に設置した風力発電機の鉄柱が折れ、風車が落下する事故があったと発表した。げが人はなかったが一歩間違えば大きな惨事となるような事故であった。

 落下した風車はオランダLagerway製で重さは約45トン。風車と発電機を設置している鉄柱が折れ、風車が地上約46から地上に落下した。
 12日午後7時30分頃、風車の不具合を知らせる警報が管理事務所で鳴り、点検作業で現地に向かった業者が落ちている風車を発見した。

 原因は不明だが、鉄柱の溶接部分から折れていることから、金属疲労や溶接の不備などが考えられるという。風力発電部機はオランダ製のものであるが、鉄柱部分のメーカーや施工会社は明らかになっていない。ちなみに同風車の日本代理店はJFEスチールで、工事の実施もJFEグループが行ったとみられる。

 風力発電装置には常に風の力が作用するため、堅牢な構造が求められる。だが風車そのものは太古の昔から存在するものであり、特別に新しい知見を必要とする技術ではない。今のところ詳細な原因は明らかではないが、もし金属疲労や溶接不備が落下の原因だった場合には、非常に初歩的なレベルの問題ということになる。

 日本メーカーの製造、施工だった場合には、日本の技術力が著しく低下していることを象徴する事故になる可能性もある。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

tppabe
TPPの影響試算を政府が公表。だが一般均衡モデルを使った試算にはほとんど意味がない

 政府は3月15日、安倍首相によるTPP参加表明を受けて、その経済効果に関する影 …

kamei
円滑化法が3月で期限切れ。倒産予備軍10万社なのに慌てた様子がないのはなぜ?

 中小企業金融円滑化法の期限が3月末で切れることから、10万社ともいわれる倒産予 …

monju
もんじゅ廃炉案が再び浮上するもやはり立ち消え?決められない日本人の悲しい性

 現在、運転を停止している高速増殖炉「もんじゅ」について、廃炉を含めた検討が行わ …

abeamari
産業競争力会議がテーマ別会合をスタート。雇用流動化や企業再編は実現できるのか?

 政府の産業競争力会議3月6日、テーマ別会合の議論をスタートした。この日は「人材 …

no image
ソフトバンクによるTモバイル買収が白紙に。時間をかけて再度買収を画策か?

 ソフトバンクの子会社で米携帯電話3位のスプリントは、TモバイルUSの買収を断念 …

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …

doruen201409
動き始めた為替相場。短期的には円安・ドル高要因ばかりだが・・・・

 しばらく膠着状態が続いていた為替相場が動き始めた。8月中旬からドルは急上昇を始 …

trumpyosan
トランプ大統領はもう予算に興味がない?外遊中に予算教書提出の前代未聞

 米国のトランプ政権が初の予算教書(正式版)を議会に提出した。当初は予算教書の提 …

kuroda
日銀による国債の「大人買い」で、大量のマネーはどこへ向かう?

 日銀は4月4日、これまでとは規模感の異なる大胆な金融緩和策を打ち出したが、市場 …

abekaiken
設備投資が回復せずアベノミクスは完全に手詰まり状態。原点回帰しか方法はない?

 内閣府は6月12日、4月の機械受注統計を発表した。民間設備投資の先行指標といわ …