ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国がバチカンに台湾との断交をあらためて要求。なぜ両者は対立しているのか?

 

 ローマ法王庁(バチカン)と断交状態にある中国政府は、新しくローマ法王に就任したフランシスコ1世に祝意を示す一方で、台湾とバチカンの関係を断絶するよう求めた。

 中国外交部(外務省)の華春瑩報道官は「ローマ法王庁が中国と向き合い、ともに努力して関係改善のための 条件を作り上げることを望む。基本原則には何の変化もない」と述べた。
 中国側の主張する基本原則とは、台湾と断交すること、バチカンによる中国司教の任命を認めないことの2つである。

 バチカンは欧州で唯一、中国を国家として認めておらず、現在も台湾を正式な中国として扱っている。
 中国政府はバチカンが任命する司教を認めておらず、中国寄りの独自の司教を任命している。また中国の一人っ子政策に対してバチカンは激しく反発しており、両者の溝は埋まっていない。

 バチカンが中国に対して厳しい姿勢を崩していないのは、中国側に宗教団体に対する強い警戒心があり、宗教団体を党と政府のコントロール下に置くことを譲らないからだ。
 中国は歴史的に、宗教活動が体制転覆のきっかけとなることが多かった。1850年にはプロテスタント系の新興宗教である太平天国が反乱を起こし、一時は南京を占領する事態となった。また1900年に発生した義和団事件は中国の半植民地化と日露戦争のきっかけにもなったが、そもそも義和団事件はカトリック信者の急激な拡大に対する反発がベースとなったものだ。

 中国は宗教を否定する共産主義国家だが、イデオロギー的な側面よりも体制維持の観点から宗教に対して強い警戒心を抱いている。気功を軸にした半宗教団体である法輪功を徹底弾圧したり、チベットに圧政を加えるのも同じ理由からだ。

 一方バチカン側もいたって政治的だ。カトリック信者が保護され、信者拡大にプラスと判断すれば、政府の圧政を黙認することもある。
 260代ローマ法王であったピウス12世は、法王就任前の国務長官時代、他国がナチスドイツに対して躊躇する中、ドイツとの政教条約締結を積極的に進めた。これによってドイツのカトリック教会は拡大したが、結果的にナチスに対してお墨付けを与えることになり、ユダヤ人大虐殺にもつながったと批判されている。
 新法王フランシスコ1世の母国であるアルゼンチンでも長く軍事独裁政権が続いてきたが、信者拡大というメリットがあるカトリック教会は、特に何の行動も起こしていない。
 だが現在の中国は、バチカンにとってはまったく利益にならない政府ということのようである。このため、台湾との外交を継続し、中国との対立を続けている。

 本来、宗教権力と国家権力は水と油である。中国とバチカンの対立からは、グローバル経済の名のもとに現在では水面下に潜ってしまった、国家と宗教の権力闘争という側面を垣間見ることができる。

 - 政治, 社会

  関連記事

streetlive
大阪で路上ライブ合法化の動き。だが区役所職員がアーティストを「認定」って・・・・

 大阪の自治体では、合法的に路上ライブをできるスペースをアーティストに提供し、こ …

sangyoukyousouryoku
手詰まり感が出てきた新しい成長戦略。素案には抽象的なキーワードが並ぶ

 政府は2015年6月22日、産業競争力会議を開催し、今月末にまとめる成長戦略の …

PHM11_0589
いくら緩和しても経済成長なんてムリ!日銀のホンネが聞こえてくる

 2014年度の消費者物価指数(CPI)上昇率見通しが日銀の目標値である1%に届 …

tenanmon
中国の人権侵害の象徴「労働矯正施設」。廃止か改革かをめぐって国内で激論

 中国の人権侵害の象徴であった「労働矯正制度」の廃止をめぐって中国が揺れている。 …

zenjindai
中国で全人代が開幕。中国政府の新体制が本格的にスタート

 中国の国会である第12期全国人民代表大会(全人代)第1回会議が5日、北京の人民 …

ibukibunmei kaisan
解散の万歳はどこでするのが正しい?過去のケースでは実はバラバラ

 衆議院解散における万歳三唱は帝国議会の時代からの慣習といわれてるが、今回の解散 …

shukudai
お金持ちで高学歴ほど子供の成績は良いが、この差は勉強時間でカバーできる

 文部科学省は、親の年収や学歴が子供の学業成績にどのような影響を及ぼしているのか …

koikeyuriko02
都議会のドン内田氏が引責辞任。小池氏はダメ押しで新党結成との噂も

 自民党東京都連は2016年8月4日、幹部会合を開き都連会長の石原伸晃経済再生相 …

no image
(速報)オバマ大統領再選確実

 開票が始まっていた米大統領選挙において、オバマ大統領の再選がほぼ確実となった。 …

kurodasosai
日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投 …