ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

黒田日銀総裁が正式決定。これまで白川路線に賛同していた政策委員は意見を変える?

 

 参議院は3月15日午前の本会議で、日銀の正副総裁人事を可決した。総裁には黒田東彦アジア開発銀行総裁が、副総裁には岩田規久男学習院大教授と中曽宏日銀理事が、それぞれ就任する。衆議院ではすでに同意されており、20日に黒田新体制が正式発足する。

 黒田氏は国会における所信聴取などにおいて、すでに積極的な緩和策を進めることを明らかにしている。2%の物価目標を明確に日銀の責任と位置付け、無期限の資産購入の前倒し、リスク資産の買い入れなどを進めたい意向だ。
 また、これまで日銀批判の急先鋒であった岩田氏も、緩和策の拡大に関する自説を意気軒高に展開しており、次回の決定会合の雰囲気はこれまでとは一変する可能性が高い。

 ここで一気に注目が高まっているのが、残り6名の日銀政策委員メンバーの発言である。これまで日銀プロバーである白川総裁のもと、予定調和的な会合に終始し、従来の日銀のスタンスに異議を唱えた委員は少なかった。
 だが黒田総裁と岩田副総裁が次回の決定会合でより積極的な緩和策を提唱し、それに委員が賛成すれば、これまでの自説を否定することになってしまう。発言に変化が見られるのか、自説を通すのかに市場関係者は注目している。

 経済学者の宮尾委員や三井住友出身の石田委員の両名はしばしば積極的な緩和論を展開したが否決されてきた。おそらく両名は黒田路線を明確に支持する可能性が高い。かつてIMFのエコノミストだった白井委員はこれまで目立った主張がないものの、緩和路線には積極的といわれており、やはり黒田路線の支持に回る可能性が高い。

 注目なのは、東電出身で一部からはなぜ審議委員なのか?という疑問の声もある森本委員、モルガン・スタンレー証券出身の佐藤委員、野村證券出身の木内委員の3名である。

 森本委員はこれまで常に多数派の意見に寄り添ってきたため、結果的に緩和消極論者になっている。だが、目立った発言もないことから、今後は何事もなかったかのように黒田路線を支持することになるのかもしれない。
 森本委員と佐藤委員は、就任前まではマスメディアにおいて積極的な緩和策を主張していたことで有名。だが就任した途端に消極論者に転じ、両名は2%の物価目標の導入にも反対した。政策委員への就任でスタンスを180度変えてしまったという印象があり、一部からは「早速、日銀に取り込まれた」「緩和論者も迎えれているという日銀のアリバイ作りに利用された」(株式ストラテジスト)と厳しい声も出ていた。

 もしこれら緩和消極派?の委員が緩和策に反対する自説を堅持し、政策委員会が紛糾するようであれば、彼らの信念はホンモノといえる。
 だが長いモノには巻かれろで、突然路線変更して黒田総裁に黙々と従うようでは、しょせんポストが目当てだったと評価されても仕方がないだろう。彼らにとっては次回の決定会合は正念場といえる。

 - 政治, 経済

  関連記事

economist
仏経済の赤信号がきっかけ?タブーだったラテンvsゲルマンの民族対立が表面化

 英国の有力経済誌エコノミストが、フランス経済を「欧州の時限爆弾」とするセンセー …

takeshima
朴槿恵氏の大統領就任で韓国経済や日韓関係はどうなるか?

 与党セヌリ党の朴槿恵(パク・クネ)候補が大統領に選出されたことで、韓国はどのよ …

no image
もの作り革命の本「Makers」が早くも話題に。だがそれは日本の3回目の敗北を意味する

 『ロングテール』や『FREE』といったネットにおける新しいビジネスモデルをいち …

businessman
GDP改定値は下方修正。景気の落ち込みが激しいことが明らかに

 内閣府は2014年9月8日、4~6月期の国内総生産(GDP)改定値を発表した。 …

alstom
重電分野で世界規模の再編?原子力依存の日本勢の立場は苦しくなるばかり

 重電の分野で、世界規模の再編が進められようとしている。フランスの重電大手アルス …

itotaka
日本は再び財政出動路線に転換?著名学者が「構造改革」というキーワードに躊躇

 中国・上海で開催されていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2 …

softbankson02
ソフトバンクの孫社長が後継者を指名。通信事業から再びネット事業に回帰?

 ソフトバンクは2015年5月11日、2015年3月期の決算を発表した。出資する …

ilc
次世代加速器ILCの日本誘致論。背後には4000億円という巨額の土木工事が存在する

 宇宙誕生の謎を研究する次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の日本誘致 …

darairama
オバマ大統領がこのタイミングでダライ・ラマ14世と会談した理由

 オバマ大統領は2014年2月21日、訪米中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ …

ur
URの杜撰な事業が浮き彫りにする、官に依存した日本経済の麻薬中毒的体質

 「日本経済の復活」「大胆な規制緩和」といった安倍政権の輝かしいキャッチフレーズ …