ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国の新閣僚が出揃う。閣僚人事では習近平氏は劣勢?

 

 中国政府の新しい閣僚人事が決定した。全国人民代表大会(全人代=国会に相当)は3月15日、李克強国務院総理(首相)を正式に承認(写真は李克強首相と温家宝前首相)、翌16日には、副総理(副首相)や部長(大臣)を選出し、新内閣が正式にスタートした(本誌記事「習近平-李克強体制が正式にスタート。だが選挙では前代未聞の反対票も出て大波乱」参照)。

 副首相は、張高麗氏(筆頭)、劉延東氏、汪洋氏、馬凱氏の4名。このうち、劉延東と汪洋氏の2名は胡錦濤氏に極めて近い。馬凱氏は両親が人民解放軍の出身で太子党ともいえるが、経済政策のブレーンで李克強氏のサポート役といわれることから、胡錦濤グループに近いともいえる。
 党の政治局常務委員人事では胡錦濤グループは劣勢といわれたが、政府組織(国務院)においては、自らの派閥で主要メンバーを確保したことになる。

 このほか、副首相級の国務委員には、楊晶氏(秘書長)、常万全氏(国防部長)、楊潔チ氏(前外相)、郭声コン氏(公安部長)、王勇氏の5名が就任した。

 各省のトップとなる部長(大臣)のうち、外相には元駐日大使の王毅・国務院台湾事務弁公室主任が、財政相には、中国投資有限責任公司(CIC)会長の楼継偉氏がそれぞれ就任した。またミスター元と呼ばれた周小川・中国人民銀行(中央銀行)総裁は異例の留任となった。本来は65歳の定年規定に抵触するが、国政治協商会議の副主席に選出することで定年問題をクリアした(協商会議の副主席には定年規定がない)。

 外交関係では、日本語が専門の王毅氏が外相に就任した。王氏は温家宝氏に近く日本に対しても比較的柔軟な姿勢といわれる。だが、外交を担当する国務委員には前外相で対日強硬派といわれる楊潔チ氏が就任しているほか、駐米大使には、対日強硬派で江沢民氏に近い崔天凱前外務次官が就任している。今回の閣僚人事で、知日派の外相が就任したからといって油断は禁物である(本誌記事「中国の新駐米大使は駐日大使経験者。中国はいよいよ日米の分断作戦開始との噂」参照)。

 経済関係では国際的に知名度の高い周氏が続投することで、市場関係者はひとまず安心している。最終的な経済政策のカギを握っているのは、李克強氏のサポート役で経済政策のエキスパートと呼ばれる馬凱氏である。今後の中国経済の方向性については馬凱氏の動きに注目する必要がありそうだ。

 - 政治

  関連記事

girishashusho
デフォルトの可能性がさらに高まるギリシャ。国民投票を材料にした交渉の行方は不透明

 EU(欧州連合)とECB(欧州中央銀行)がギリシャ支援の延長拒否を決定したこと …

putin02
プーチン大統領が離婚をカミングアウト。世界的に進む権力者の透明化

 ロシアのプーチン大統領がリュドミラ夫人と離婚したことを明らかにし、大きな話題と …

bigben
ロシアと敵対しても金融街へのアクセスを禁止しようとしない英国の高度な戦略

 ウクライナの内政にロシア軍が介入している問題について、米国やEUは部分的な制裁 …

portgal
プライドが許さない?旧植民地からの逆投資に反発するポルトガルは愚の骨頂?

 経済金融危機に陥っているスペインとポルトガルが、旧植民地との新しい経済関係の構 …

bananki
本当ならまさに「ヤリ逃げ」。バーナンキ議長続投せずという驚愕報道

 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が、続投しない可能性が出てきた。 …

koyokeiyaku
現実味を帯びる同一労働、同一賃金。結局は若年層正社員の賃下げに?

 これまで導入が極めて難しいといわれてきた、同一労働、同一賃金が現実味を帯びてき …

haken
まとまりつつある派遣制度改正の具体案。背景には派遣会社と労働組合の事情?

 労働者派遣制度の改正に向けた具体的な動きが出てきた。これまで特定業種以外では3 …

rokkasho
韓国から核燃料の再処理を受託との報道。原子力は核の問題であるという理解が必要

 日本政府が、使用済み核燃料の再処理を韓国から受託することを検討しているという東 …

monhiru
公的年金の損失5兆円は株価を考えれば妥当だが、本当にリスク運用でいいのか?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年7月2 …

no image
スペインに工場を移管するメーカーが続出。理由はコストの安さと政府の労働市場改革

 財政危機によって大打撃を受けたスペインだが、労働者の賃金が大幅に低下したことで …