ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国鉄道省の解体は日本の国鉄民営化と同じ。高度成長の終了を意味している

 

 中国・北京で開かれていた第12期全国人民代表大会(全人代=国会に相当)は17日午前に閉幕式が行われ、13日にわたる日程のすべてを終了した。

 今回の全人代では、国家主席に習近平氏が、国務院総理(首相)に李克強氏が正式に選出され、一足先に新体制がスタートしていた党に続いて、政府組織においても、習近平-李克強の新体制が活動を開始することになった。

  中国の新体制については、今後の経済政策をどのように進めていくのか、日本をはじめとする近隣諸国や米国に対してどのようなスタンスで臨むのかについて注目が集まっている。現段階では新指導部の明確な方向性は明らかになっていないが、ひとつ確実に言えることは、中国は、従来のような驚異的な経済成長を持続できる可能性は小さいという点である。

  それは今回の全人代で決議された鉄道部(鉄道省)の解体にすべて集約されているといってよい。全人代では400以上の議案が審議されたが、その中でも目玉となったのが国務院の機構改革であり、鉄道省の解体はその中核をなすものであった(本誌記事「中国政府機構改革案。太子党利権である鉄道省は解体、尖閣対策に海洋局を強化」参照)。

 中国の鉄道省は職員210万人を要する中国でも最大規模の官僚組織である。今回の改革によって、鉄道政策を立案する行政部門は「鉄道管理総局」として交通運輸省に吸収され、実際の鉄道運行を担う営利部門は国有企業「中国鉄道総公司」として再出発する。

 鉄道省は全国に鉄道を敷設するという巨大プロジェクトを抱えていることから、中国最大の利権官庁といわれており、江沢民元総書記を筆頭とする派閥がその利権を欲しいままにしてきた。

 これまで何度も鉄道省の解体が試みられてきたが、党内の強い抵抗で実現できなかったという経緯がある。
 だが、2011年7月に浙江省で起きた高速鉄道事故をきっかけに、胡錦濤氏が一気に攻勢を強め、鉄道省の解体が進むことになった。

 

 派閥争いの結果としてみれば、胡錦濤氏が鉄道省の解体を通じて、江沢民氏の影響力を排除することに成功したということになるのだが、江沢民氏側が鉄道省利権を失うのは、ある意味で時代の流れでもあった。国内の鉄道開発プロジェクトがあらかた終了し、鉄道省には公共工事利権としての「うまみ」がなくなりつつあったからである。このことは中国の驚異的な経済成長が徐々に低下し、普通の国に変わることを意味している。

 中国はこれまで驚異的な経済成長を遂げてきた。日本人の多くが、中国が世界の工場になり、大量の工業製品を輸出して儲かっているようなイメージを持っている。そういった面も確かにあるが、中国の驚異的な成長の源泉は、国内のインフラ整備であり、鉄道省はその中核的な存在であった。中国は国内インフラの整備を終了する段階に入りつつあり、それにともなって成長スピードも鈍化してきている。
 李克強首相は2020年まで7%成長を継続させるとしているが、実現するのは困難との見方も多い。

 これはかつての日本とまったく同じ光景である。日本でも旧国鉄は最大の公共工事利権を持つ官庁として絶大な権力を持っていた。だが日本が高度成長を終え成熟国家となるにしたがって国鉄はその役割を終えた。中曽根内閣時代、国鉄の民営化がスムーズに進んだのは、国鉄が公共工事の利権官庁としての「うまみ」をすでに失っていたことを示している。中国は日本に遅れること、約30年で同じ道をたどっていることになる。

 鉄道省が持つ債務2兆6000億元(約40兆円)の最終的な引き継ぎ先はまだ決まっていない。高速鉄道による利益があるので当面は負債の返済には問題がないかもしれないが、やがて債務問題として中国経済の負担となる可能性もある。ちなみに日本の旧国鉄における債務総額は約37兆円で、うち25兆円は清算事業団に移管され、12兆円は民営化されたJRが引き継いだ。

 - 政治, 経済

  関連記事

kukanjokin
空間除菌グッズの表示をめぐって消費者庁と大幸薬品が大バトル

 空間除菌グッズをめぐる消費者庁と事業者のバトルが激しくなっている。きっかけは消 …

okanekazoeru
大手メーカーによる下請けへの支払サイト延長措置。経済全体に悪影響はないか?

 大手電機メーカーの支払いサイト(下請けなどに代金を支払うまでの期間)が長くなっ …

r&d
知識産業化を背景に米欧でGDPの新基準導入が進む。日本は2016年がメド

 米政府は2013年からGDPの計算方法を見直す。これまで費用として処理していた …

chinaoillig
中国が南シナ海での石油掘削装置を撤去。中国の態度軟化は一時的の見方

 中国が南シナ海に設置を強行し、アジア太平洋地域に緊張をもたらす原因になっていた …

panasonic
パナソニックがテレビ事業を大幅縮小。だがこれで何屋さんか分らない状態に

 パナソニックがテレビ事業を大幅に縮小すると日本経済新聞などが報じている。同社は …

no image
ミャンマーとの経済協力で日本は一歩リード。だが手放しでは喜べない

 民主化と経済開放が進みつつあるミャンマーとの経済協力について、日本が他国を一歩 …

shupaku
北朝鮮大幅譲歩の背後にある中韓の蜜月関係と米国の影響力低下

 北朝鮮をめぐる国際情勢が大きく動き始めている。背景にあるのは、中国の台頭と米国 …

seiyujo
経済産業省が石油業界に合理化を要望。「上からの改革」はうまくいくのか?

 経済産業省は石油元売り各社に設備の統合を促す方針を固めた。日経新聞の報道による …

senkaku
米議会が尖閣諸島を安保対象とする法案を可決。だが日本にとっては大したメリットはない

 米上院は4日、本会議において、2013年度(2012年10月~13年9月)国防 …

frb
FRBが正式に量的緩和策の終了を決定。米国経済は新しい局面を迎えた

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年10月29日のFOMC(連邦公開市場委 …