ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府が石炭火力の増設に政策転換。今まで日本が世界からダマされていことが明らかに

 

 政府はこれまでの方針を見直し、石炭火力発電の新増設の推進にかじを切る。日本経済新聞が報じている。

 日本は、原発事故後、エネルギー輸入が急増し、電気料金の値上げが相次いでいる。また貿易収支も急激に悪化し、貿易赤字体質が定着するようになってしまった。これまで政府はCO2の排出量が多い石炭の活用には消極的だったが、現実問題を目の前にして政策を転換することになった。

 石炭火力を増設するには、環境影響評価(アセスメント)の存在が障壁となるが、この手法を見直しCO2の排出量に明確な基準を設けることで、基準をクリアしやすくする。また石炭火力の新増設に慎重 だった環境省も姿勢を転換し、環境負荷を小さくする技術開発に力を入れるという。要するに基準を甘くするという話である。

 燃料費の高騰という金銭的問題から、背に腹は代えられぬということらしいが、実は石炭火力に消極的だったのは世界でも日本だけというのが実態であり、今回の措置は日本もようやく普通の国になるというだけのことに過ぎない。

 近年、CO2は地球温暖化の原因であるとして、国際的にその排出を制限する枠組みが作られてきた。日本は格好のターゲットとなり、先進国では一人当たりのエネルギー消費量がもっとも少ないにも関わらず、高い目標を掲げさせられてきた。というよりも日本政府が自ら高い目標を掲げ、議論をリードしてきたという方が正しい。
 だが欧州や米国では現在でも石炭が主要なエネルギー源のひとつである。発電や暖房の熱源として石炭をほとんど使っていないのは日本くらいなものだ(世界の発電量の約4割が石炭によるもの)。
 諸外国はCO2の削減を声高に叫びながら、自分たちは石炭の使用を決して止めなかった。タテマエを額面通り受け取り、安価な燃料である石炭を放棄したのは日本だけなのである。だがその日本も、目先のお金という問題にはガマンができず、とうとう石炭に手を出したというワケだ。

 日本と諸外国ではエネルギーに対する基本的な考え方が異なっている。欧州や米国では、冬場において常に温水が供給されないことや、暖房が不十分なことは重大な人権侵害と認識される。それは、アパートの大家が冬場に住人に対して十分な水準の暖房を供給しないと法律で処罰されるほど厳しいものである。節電と称して、うすら寒いオフィスや家で厚着をして我慢している日本とは、生活に対する考え方が根本的に違うのだ。

 欧米のCO2削減案は、この水準のエネルギー消費は当然の権利というところがスタート地点になっている。その中で、どの程度のCO2の削減ができるかというレベルの話でしかない。
 だが、いくらそれを批判したことろで何の解決にもならない。お人好しはカモられるのが国際社会の常識なのだ。

 - 政治, 経済

  関連記事

kuroda
日銀による国債の「大人買い」で、大量のマネーはどこへ向かう?

 日銀は4月4日、これまでとは規模感の異なる大胆な金融緩和策を打ち出したが、市場 …

baeikyu
台湾の馬英九総統が兼務していた党主席を辞任。中国との接近政策は見直し?

 台湾の馬英九総統は、11月29日に行われた統一地方選挙で、国民党が大敗した責任 …

doruen201409
為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安 …

maxcrunch
外国製の安価な菓子類が徐々に日本市場に進出。これは成熟国家日本の宿命である

 長らくガラパゴス状態が続いてきた日本の菓子市場に風穴が開きつつある。100円均 …

abetoben
特定秘密法案が衆院を通過。この法案の最大の問題点は「知る権利」ではない

 特定秘密保護法案が11月26日、衆院本会議において自民、公明、みんなの党による …

ieren201409
FRBが量的緩和終了をあらためて確認。利上げによる円安が加速か?

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年9月17日、FOMC(連邦公開市場委員 …

koyousha
北九州市職員が廃車の公用車を買い取り転売。だが本当に問題なのはむしろ役所の方?

 北九州市の職員が、廃車として中古車販売業者に売却された公用車2台を個人で買い取 …

marugen
丸源ビルのオーナーが検察を徹底批判。死んだら全財産を国に寄贈の考えは変わったか?

 銀座などの歓楽街で「丸源ビル」を展開する不動産グループの経営者で、脱税容疑で逮 …

chart01
米高官が円安を容認し、1ドル=94円台まで下落。円安が続くと多くの関係者が考えるワケ

 為替市場において円安の動きが加速している。週明け11日のニューヨーク市場の円相 …

tokyowan
企業の設備投資予定額が大幅増。だが公共事業の影響も大きく継続性があるかは不明

 日本政策投資銀行は8月5日、2013年度の設備投資計画に関する調査結果を発表し …