ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イオンがダイエーを吸収合併?イオンによるダイエー株取得が意味するもの

 

 小売り大手のイオンが、丸紅が保有するダイエーの株式を買い取ること前提に丸紅と交渉に入った。イオンはダイエーに対する株式の公開買い付け(TOB)も視野に入れており、もし実現すれば、全体の売上高が6兆円を超えるグループが誕生することになる。

  現在スーパーを中心とする大手小売店は、人口減少、デフレによる価格低下、購買行動の変化などによって、毎年売上高が数%ずつ減少するという異常事態が続いている。

 現在イオンの売り上げは約5兆円、セブン&アイ・ホールディングスは約4.8兆円だが、日本ほどの経済規模の国としては両社の売り上げはあまりにも小さい。

 米国最大のスーパーであるウォルマートの売り上げはなんと43兆円、日本よりはるかに経済規模の小さいフランスのカルフールですら5兆円の売り上げがある。
 国際的に見て規模が小さく、市場の縮小が続く日本においては、大手が合併して合理化を進めることはある意味で必須の状況といえる。

 だがイオンにとってみれば、本来はもっと早く巨大化を進めたかったというのがホンネだろう。日本の流通大手企業の規模が諸外国と比べて小さいのは、小規模な商店を保護するために大型店舗の出店を法律で規制してきたからである(大規模小売店舗法)。小規模店舗の保護は一見、正当性があるように見える。当初は確かに効果を上げた面もあったが、やがてこの法律は政治利権化し、価格が高く競争力のないゾンビ商店を延命させる結果となった。

 流通大手は大規模な店舗を出店できないため、やむを得ずコンビニという業態を模索した。コンビニは店舗規模が小さく収益性が低いので値引き販売ができない。結果として、日本の消費者は値引きが一切ない極めて割高な商品を買わされることになった。コンビニのような業態が全国津々浦々に普及しているのは日本だけである。
 結局、地域の小規模店舗を保護したつもりが、法の抜け道となったコンビニにすべて駆逐され、地方の商店街は壊滅した。一方、日本の消費者は高い買い物を強いられたままだ。

 本来イオンは大店法がなければ米国のウォールマートを目指し、一気に巨大化を進めていたはずである。確かに一部の地域商店は撤退を余議なくされるかもしれないが、国民の多くは安い買い物ができ、大規模店を中心に新しい商店街が形成され、地方の人口減少に歯止めがかかっていた可能性が高い。
 だが今となっては、前向きの合従連衡ではなく、縮小市場で生き残るため、後ろ向きの合理化を模索しなければならない状況となっている。イオンによるダイエーの吸収はそのようにとらえるべきニュースといえるだろう。

 - 経済

  関連記事

monhiru
公的年金の損失5兆円は株価を考えれば妥当だが、本当にリスク運用でいいのか?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年7月2 …

nichigin04
審議委員候補は積極緩和派で黒田総裁はマンションを購入。まだまだ量的緩和は続く?

 マイナス金利政策の継続をめぐって日銀の周辺が騒がしい。日銀の審議委員人事では、 …

pfi
PFIが成長戦略の中核として急浮上。だがその実態はハコモノ行政の維持

 政府の成長戦略における中核的プランとして、民間資金を活用したインフラ整備(PF …

no image
経済優等生のブルガリアがユーロ加盟を拒否。ユーロ圏拡大にブレーキ

 ユーロ導入を検討していたブルガリアが、EUの将来性が見込めないことから、導入を …

tokyotower02
大都市の世界物価ランキング。日本は円安で改善したが、喜んでもいられない

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット( …

tppatlantagoi
TPP交渉がようやく決着へ。各国の国内事情から実質的には来年以降のスタート

 米アトランタで開催されていたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合が …

globalmoney
国際的課税逃れへの包囲網が強まる。だがグローバル企業への規制が難しい本当の理由

 国境を越えた税金逃れに対する包囲網が急速に整えられつつある。欧州連合(EU)は …

orando
仏オランド政権が政策を180度転換。企業優遇と福祉削減にとうとう舵を切った!

 富裕層や大企業に対する増税など、反企業的な公約を掲げて大統領に就任したフランス …

dasubeida
ディズニーがスターウォーズを巨額買収。新作も投入予定

 エンターテインメント大手の米ウォルト・ディズニーは、人気映画「スター・ウォーズ …

no image
日本の富裕層は124万世帯。格差拡大はこれからが本番?

 コンサルティング会社であるボストン・コンサルティング・グループは2014年6月 …