ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

低所得者層でなぜか持ち家比率が急増。そのカラクリはつまらない話だった

 

 持ち家を購入する世帯が増加していることが総務省の家計調査で明らかになった。2012年における2人以上の世帯の持ち家比率は81.4%となり、過去最高となった。地価の下落が続いていることや低金利によって住宅ローンの負担が軽減していることが原因と考えられる。また一部からはインフレ期待であり、地価が反転する兆しなのでは?という声も上がっている。

 だが実態は少し違うようだ。確かに2人以上の世帯全体では持ち家比率は向上しているのだが、年収別のデータを見ると、何と下位20%(年収440万円以下)世帯における持ち家比率の増加が著しいのだ。

 世の中では格差社会が叫ばれており、収入が低い人の生活は年々苦しくなっているはずである。こういった社会情勢とこの調査結果は矛盾するように見える。

 だがこのカラクリは年齢別の持家比率を見ると理解できる。
 40歳以上の年齢層ではすべて持ち家比率が増加しているが、逆に40歳以下の年齢層ではすべての層で持ち家比率が低下している。一方で各種アンケート調査では若い世代の持家を希望する割合は中高年以上より高いという結果が得られている。
 これらの結果は、現在の社会情勢を如実に反映しているといえるだろう。高齢者ばかりが優遇され、それほど欲しくもないのに家をどんどん買っているが、若い人は家が欲しいと思っているにも関わらず、持つことを諦めている。

 ここからある結論を導き出すことができる。退職金をたくさんもらって企業を退職した高齢者が年金生活に入り、年収が減少したため、低所得者に分類されているのだ。だがこの層はみかけ上は低所得者であっても、退職金をもらい多額の年金が保障されている。本当の意味で、低所得者層がマイホームを購入しているわけではないのだ。

 アベノミクスによってインフレ期待が高まっているものの、長期金利はまだ低いままだ。もし本当にインフレになるならば、やがて長期金利は上昇に転じるだろう。地価と金利が上がってからでは時すでに遅しである。
 不動産業者はいつでも「買い時」というので、彼らの意見はまったく参考にならないが、今回だけは本当に買い時なのかもしれない。多少無理なローンであっても、マイホーム購入を検討してみる価値はありそうだ。
 だが金利の動向には要注意である。特に変動金利ローンの場合には、後から思いもしない金利負担がのしかかってくる可能性もある。ローンの選択は慎重に行うことが肝要だ。

 - 社会, 経済

  関連記事

businessman02
このところ顕著になっている人手不足は景気拡大によるものなのか?

 このところ人手不足がより顕著になっている。人手不足は景気が良くなっている証拠と …

kokkaigijido
民意の反映に関するアンケート結果が示す、高齢者と若年層の分断

 内閣府が行った社会意識に関する調査で、国の政策に民意が反映されていると考えてい …

businessman
日本経済に暗雲。1月の消費はさらにダウンし、生産見通しも悪化

 日本経済に暗雲が垂れ込めている。2015年10~12月期のGDP(国内総生産) …

inakagurashi
田舎暮らしに憧れる都市部の若者が増加傾向。経済的要因が影響?

 内閣府は2014年8月11日、「農山漁村に関する世論調査」の結果を発表した。都 …

sebunsuzu
セブン&アイ鈴木会長が退任。自らが主導した人事案は取締役会で否決

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者は2016年4月8 …

no image
サラリーマンの閨閥が日本企業をダメにする

 よく知られていることだが、経営危機に陥っているシャープの前会長の町田氏は、同社 …

shoushika2014
50年後も人口1億人の政府目標。課題は出生率の上昇だけではない

 政府の有識者委員会「選択する未来」は2014年5月13日、人口減少問題の解決を …

boingkoujo
中国へのプレゼント? 習主席訪米を前にボーイングが工程の一部を中国に移管

 米航空機大手ボーイングは、製造の最終工程を中国に移管することを検討している。同 …

kazoku
家族制度に関する内閣府の調査が明らかにした、少子化が止まらない意外な理由

 内閣府は2月18日、家族の役割や夫婦別姓などに関する世論調査(家族の法制に関す …

ichimanen
家計の貯蓄が減っているのに、国債の消化がこれまで問題なく行われてきたワケ

 日銀は2013年12月19日、7~9月期の資金循環統計を発表した。9月末時点で …