ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

パナソニックがテレビ事業を大幅縮小。だがこれで何屋さんか分らない状態に

 

 パナソニックがテレビ事業を大幅に縮小すると日本経済新聞などが報じている。同社は「当社が公表したものではない」とコメントしているが、テレビ事業からの撤退はほぼ確定路線と考えられる。

 同社は次世代TVの主役をプラズマ・ディスプレーと位置付け、多額の研究開発投資を行ってきた。
 当初は大型TVはプラズマ、中小型TVは液晶という棲み分けができると予想されていたが、液晶が予想以上の伸びを示しプラズマを駆逐してしまった。

 この結果、プラズマに依存しすぎた同社のTV事業は5期連続の赤字となり、同社の屋台骨を揺るがす結果となっている。
 同社はすでに薄型テレビ全体の生産を縮小しており、2010年度には2000万台を超えていた生産台数は1300万台程度にまで減少している。今回の決定によってプラズマ・ディスプレーからは名実ともに完全撤退となる可能性が高い(本誌記事「パナソニックが上海工場を閉鎖。ようやくプラズマから撤退を決断」参照)。残る液晶ディスプレーについても、パネルの外部調達に切り替える予定だ。

 赤字の元凶であったテレビ事業に手を付けることで、同社の出血は止められる可能性が出てきた。だが問題はこの先である。これまで同社は、選択と集中によって経営の立て直しを図る戦略を打ち出してきたが、テレビという主力事業を大幅縮小したことで、その基本戦略が崩れてしまうのだ。

 薄型テレビがなくなってしまうと、デジタル家電分野では主力と呼べる商品がなくなってしまう。またグループ全体としても、デジタル家電、白物家電、住宅設備、電子部品が同じ割合で並立する形となり「何屋さんなのかわからない状態」(証券アナリスト)となっている。

 これは多くの日本メーカーが直面している課題といえる。米国型経営をまねて選択と集中という耳に心地のよいキャッチフレーズを掲げたまではよかったが、選択と集中にはつきものの、厳しいリストラやリスクを回避してきた結果が、現在の同社の姿である。

 得意分野に特化せず、幅広く製品を取り扱う経営スタイルは、国内市場だけを対象とするならばうまく機能する可能性が高い。だがグローバル市場に打って出る場合には、弱い分野を抱えていては、すべての分野で敗北するという状態にもなりかねず極めて危険だ。グルーバル展開を本格化させるなら、弱い分野は容赦なく切り捨てる覚悟が必要となる。

 同社は3月決算終了後、今後の戦略を公表すると思われるが、縮小する国内市場と心中して現在の体制を維持するのか、それとも海外市場を狙って再度、選択と集中を試みるのか、市場関係者は注目している。現在の体制でグローバル展開を狙うという最悪のパターンにだけはならないことを祈りたい。

 - 経済

  関連記事

sbtakasago
太陽光発電の買い取り価格が2年連続で引き下げの見込み。36円は高いか安いか?

 経済産業省は、太陽光発電の電力買い取り価格を昨年に続いて引き下げる方針であるこ …

blackbyte
ブラックバイトに対抗する労働組合が結成。効果はどの程度あるのか?

 長時間労働の強制や賃金未払いなど、学生アルバイトに対する不当な扱いに対抗する労 …

orbital
日本の宇宙開発は、中韓との消耗戦を強いられている電機業界と同じ運命を辿る?

 日本では新型固形燃料ロケット「イプシロン」の打ち上げ成功が話題となったばかりだ …

chokusetsutoshi001
加速する日本の海外投資。所得収支の増加に貢献

 日本の海外投資が加速している。財務省によると、2013年末における日本の対外純 …

kyuryo
給与増で法人税減税措置。だが多くの企業で給料が増えることはない

 自民党税制調査会は8日、給与を増額した企業に対して法人税を減額する新たな制度を …

rikejo
ITの分野は米国でもなぜか女性が少ない。リケジョはどこでも引く手あまた?

 米国ではコンピュータ関連のエンジニアは高収入で知られているが、この分野を専攻す …

krugman
アベノミクスをクルーグマン教授が評価したという記事で触れられなかった事実とは?

 米国の著名な経済学者ポール・クルーグマン氏が安倍政権の経済政策「アベノミクス」 …

s&p
EUがヒステリーを起こして格付会社に八つ当たり。規制強化を決定

 欧州において格付け会社に対する規制が大幅に強化されることになった。格付け会社へ …

ierensamazu
次期FRB議長最有力候補サマーズ氏が無念の辞退。理由はズバリ、傲慢不遜な性格

 米FRB(連邦準備制度理事会)次期議長の最有力候補であったサマーズ元財務長官が …

bouekitoukei 201407
貿易赤字は25カ月連続だが安定飛行状態に。今後のカギは国内サービス業

 財務省は2014年8月20日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …