ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国軍幹部がレーダー照射を認める。軟化のサインか心理戦か?

 

 中国海軍の艦船が海上自衛隊の護衛艦にレーダーを照射した問題で、中国軍の高級幹部は共同通信の取材に対し照射の事実を認めた。幹部の説明によると、レーダー照射は偶発的なものでは計画性はなく「艦長の緊急判断だった」という(本誌記事「中国艦艇が日本の護衛艦に事実上の発射予告。中国側の真の目的は何か?」参照)。
 中国国防部(国防省)3月18日「事実に合致しない」としており、レーダー照射については、依然として否定する談話を発表している。

 共同通信の記事では高級幹部の名が明かされていないため、詳細は不明だが、一般論として中国の高級幹部が外国のプレスに対して勝手に情報をリークすることはあまり考えられない。中国側のスタンスとしては、日本側の出方を見る心理戦か、尖閣問題で何らかの妥協を探りたいとのサインのいずれかが考えられる。

 中国では全国人民代表大会が17日に閉幕し、習近平-李克強体制が正式に発足したばかりだ。日本に対する態度を正式に軟化させるには、タイミングとしてまだ早く、今後の方策を検討する上での観測気球の可能性が高い(軍事ジャーナリスト)という。

 今後、中国側のメディアにおいて、照射を認める記事などが出始めるようであれば、中国側が軟化する兆しと捉えることもできるかもしれない。ただし今のところは日本側も様子見の状態だ。

 - 政治

  関連記事

masuzoe03
オリンピック利権に好都合だった舛添氏の辞任で、日本経済の不確実性は高まった

 東京都の舛添要一知事は2016年6月15日、6月21日付けの辞職願を都議会に提 …

jf001
アルジェリアの人質事件で露呈した政府専用機のお粗末。日本は保有する資格なし

 政府は、アルジェリアで起きた人質事件の検証作業を進める中で、政府専用機の運用制 …

shukinpei03
ウイグル独立運動とアルカイダを結ぶ点と線。中東問題に引きずり出される中国

 中国・北京の自動車爆破事件をきっかけに、中国はパキスタンとの対テロ連携の強化を …

netaniyafugikai
ネタニヤフ首相が共和党の招きで議会演説。オバマ大統領は会談拒否

 イスラエルのネタニヤフ首相は2015年3月3日、米議会で演説し、オバマ政権が進 …

monhiru
公的年金の損失5兆円は株価を考えれば妥当だが、本当にリスク運用でいいのか?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年7月2 …

fcatokai
米国からのプルトニウム返還要請は何を意味しているのか?

 日本政府が、米国から研究用として提供されていた高濃度プルトニウムを、米国に返還 …

shukinpei
(速報)中国共産党が次期指導部を選出。太子党大勝利。胡錦濤グループは危機的状況

 中国共産党大会が昨日14日、全日程を終えて閉幕したが、注目されていた次期最高指 …

tanakashuonrai
北朝鮮特使との会談でも実施された、相手を翻弄させる中国の外交テクニック。

 北朝鮮の金正恩第1書記の特使として中国を訪問した朝鮮人民軍総政治局長の崔竜海氏 …

urumuchi
中国メディアの報道から垣間見える新疆ウイグル自治区の治安維持の現状

 中国の新疆ウイグル自治区は、人口の大半がイスラム教徒のウイグル族で占められてお …

kokuzei
確定申告の時期を迎え申告漏れのニュースが増加。今後の本丸は庶民の相続税

 確定申告の時期を迎え、全国で申告漏れや脱税のニュースが増加している。昨年末には …