ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国軍幹部がレーダー照射を認める。軟化のサインか心理戦か?

 

 中国海軍の艦船が海上自衛隊の護衛艦にレーダーを照射した問題で、中国軍の高級幹部は共同通信の取材に対し照射の事実を認めた。幹部の説明によると、レーダー照射は偶発的なものでは計画性はなく「艦長の緊急判断だった」という(本誌記事「中国艦艇が日本の護衛艦に事実上の発射予告。中国側の真の目的は何か?」参照)。
 中国国防部(国防省)3月18日「事実に合致しない」としており、レーダー照射については、依然として否定する談話を発表している。

 共同通信の記事では高級幹部の名が明かされていないため、詳細は不明だが、一般論として中国の高級幹部が外国のプレスに対して勝手に情報をリークすることはあまり考えられない。中国側のスタンスとしては、日本側の出方を見る心理戦か、尖閣問題で何らかの妥協を探りたいとのサインのいずれかが考えられる。

 中国では全国人民代表大会が17日に閉幕し、習近平-李克強体制が正式に発足したばかりだ。日本に対する態度を正式に軟化させるには、タイミングとしてまだ早く、今後の方策を検討する上での観測気球の可能性が高い(軍事ジャーナリスト)という。

 今後、中国側のメディアにおいて、照射を認める記事などが出始めるようであれば、中国側が軟化する兆しと捉えることもできるかもしれない。ただし今のところは日本側も様子見の状態だ。

 - 政治

  関連記事

paristero
パリの新聞社襲撃事件。実行犯はかなり訓練されたテロリストの可能性大

 パリ市内でイスラム教を風刺したイラストを掲載した新聞社をテロリストが襲撃すると …

karyoku
原発再稼働をうたったエネルギー基本計画素案の前提条件は合っているのか?

 経済産業省は12月6日、総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会を開き、「エネ …

mof03
財務省が幹部人事を発表。ようやくイレギュラーな人事が収束に向かう?

 財務省は2017年7月5日、幹部人事を発表した。事務次官だった佐藤慎一氏の後任 …

sakuranomiya01
桜宮高校の入試中止問題。日本社会の論理性のなさが浮き彫りに

 大阪市立桜宮高校の男子生徒が体罰を受けた後に自殺した問題で、大阪市の橋下市長は …

higasikokubaru
東京人はマジメ?東国原氏が関西に撤退したのは猪瀬氏有利との調査結果がきっかけ

 日本維新の会は、次期衆院選挙において前宮崎県知事の東国原英夫氏を比例単独で近畿 …

chukojutaku
公示地価が底入れとマスコミが一斉報道。だがその前にやることがあるはずだ

 国土交通省は3月21日、1月1日時点の公示地価を発表した。これをうけてマスコミ …

euwhitehouse
TPPも骨抜き?米欧FTAの交渉がいよいよスタート。米欧は妥結にかなり前向き

 米国と欧州の自由貿易協定である米欧FTAに関する第一回の交渉が7月8日、米国ワ …

trumpchina
米中首脳会談は表面的には穏やかに終了。貿易不均衡をめぐる交渉は長期戦に

 注目されていた米中首脳会談は表面上は穏やかに終了した。トランプ政権は貿易不均衡 …

3chuzenkai
中国が国家安全委員会を設置した真意。日本との対決か治安維持か?

 中国共産党は、11月12日に閉幕した党の重要会議である第18期中央委員会第3回 …

3946377
最近注目を集める金本位制復活論。だが日本人にこれを導入する覚悟があるとは思えない

  米国大統領選挙が終了しオバマ大統領が再選されたことで、当面現状の金融政策が維 …