ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

LCC(格安航空会社)が航空機の最大の買い手に浮上。日本だけがガラパゴス

 

 航空機の買い手として格安航空会社が急激にその存在感を高めている。航空機大手のエアバスは3月18日、インドネシアの格安航空会社、ライオン・エアからエアバスA320型機を合計234機受注したと発表した。

 受注金額は184億ユーロ(約2兆3000億円)で、受注の機数も金額も過去最大。
 主力工場は10年間稼働が約束され、既存の労働者に加えて新規に5000人の雇用も生み出すという。フランス国内は大型受注に沸いており、調印式には、オランド大統領がわざわざ出席するほどの歓迎ぶり。ライオンエアは2月にもボーイング社に対して737型機を大量発注したばかりだ。

 また、3月19日には、アイルランドの格安航空会社ライアンエアがボーイングに対して「次世代737」型機 170機を発注したと報じられている。
 発注額は、表示価格ベースで151億ドル(約1兆4500億円)相当だが、実際にはかなり値引きをしているといわれ、90億ドル(約8600億円)程度の価格になった模様。

 ライオン・エア(Lion Air)は、インドネシアのジャカルタを本拠地とする格安航空会社。インドネシアを中心にシンガポール、マレーシア、ベトナムなどに路線を展開している。
 一方、ライアンエアー(Ryanair)は、アイルランドの格安航空会社。欧州の格安航空会社として急成長し、国際旅客数としてはすでに世界最大の航空会社となっている。

 経済のグローバル化の進展で、新興国を中心に膨大な数の中間層が生まれてきている。これら新中間層にとっては既存の航空会社の価格は高く、格安航空会社が人気だ。新中間層はすでに市場のボリュームゾーンとなっており、ここをターゲットにする格安航空会社は既存の大手航空会社を凌駕する規模に成長している。

 世界の中で格安航空会社が発達していないのは日本だけであり、日本は完全にガラパゴス状態となっている。その原因は高い着陸料やJALやANAといった既存航空会社を優遇する航空行政にある。着陸料が高いのも、空港の運営会社が公務員の天下り先となっており、利権化しているからだ。
 日本でも格安航空会社が登場しているが、多くが外資と国内大手の合弁である(数少ない例外はスカイマークだが、日本の高コスト体質に耐えられず格安路線を放棄してしまった)。

 日本はデフレで苦しんでいるというのに、諸外国の2倍近い航空運賃を払わされている。日本では常に庶民が犠牲となる。

 - 経済

  関連記事

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …

setubitousi
11月の機械受注統計。内需経済の象徴である小売業で増加傾向

 内閣府は2014年1月16日、2013年11月の機械受注統計を発表した。主要指 …

setsubitoshi
設備投資に回復の兆し。1~3月期GDPの改定値は上方修正の可能性

 企業の設備投資に回復の兆しが見られるようになってきた。財務省が発表した2015 …

sonyenergy
もはやゴミ箱?産業革新機構が今度は爆発事故の前歴があるソニーの電池事業を救済

 ソ ニーが政府系ファンドの産業革新機構と電池事業の売却交渉に入った。22日の日 …

fudosanchirasi
不動産取引のネット解禁論争が過熱。第二の大衆薬論争に?

 非対面での不動産取引の是非をめぐって、ネット解禁派と保守派との対立が激しくなっ …

chery
中国で大手自動車メーカー同士が初の本格提携。外資依存からの脱却を目指す

 中国の自動車メーカーである奇瑞汽車(安徽省)と広州汽車(広東省)とが提携する。 …

joyou
LIXILグループの中国子会社破たん。積極的な海外M&Aはリスクなのか?

 LIXILグループが、海外子会社の破たんによって大幅な減益に追い込まれる見通し …

paris
フランスで規制改革法案を大統領が強行採択。規制でがんじがらめの姿はまさに日本

 フランスで規制緩和の法案をめぐって議会が紛糾している。オランド大統領が提出した …

bukkajoushou
梅雨明けを迎え、金融政策も夏休みモード。重大な決断は秋以降にやって来る

 総務省は2014年7月25日、6月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

yota
ロシア企業が両面にディスプレイのある奇妙なスマホを開発。ロシア躍進の兆候か?

 ロシアの企業であるヨタ・デバイスが両面にディスプレイを備えた奇妙なスマートホン …